Apple Pencil互換品でも十分? 創作/イラスト制作のお供に


2015年11月に発売された後、イラスト制作などの分野で圧倒的な支持を得ている”Apple Pencil”ですが、気になるのはその価格。
他メーカーのペンでも代用出来るのか?イラスト制作をする方必見の記事です。

 

▽Apple Pencilに関する記事はこちら

iPad ProとApple Pencilで手書き文字をテキスト化。図形も整形するMyScript Nebo

 

 

超高性能! Apple Pencilの基本機能をおさらい

 

Apple Pencilの定価は、Apple Online Storeで10,800円(税別)と一般的なスタイラスペンに比べ、高級な印象を受ける方も多いでしょう。

互換品との比較をする前に、Apple Pencilの基本機能をおさらいします。

 

スキャン精度が2倍に! 繊細な表現が可能

 

iPadはタッチして操作するデバイスですが、iPad Proが他のiPadと違うのは、”Apple Pencil”を使えるかどうかです。

指でタッチしている時に比べ、Apple Pencil使用時は2倍のスキャン精度を誇り、他のスタイラスペンでは味わえない書き心地、これまで感じていた”手描き”との違いを解消するイラスト制作ツールとして支持されています。

■POINT:従来のスタイラスペンより、より手描きに近い描き心地

 

高性能なセンサーが3つの要素を検知! 独自の使い心地

 

Apple Pencilの先端部には、2つの高性能センサーが内蔵されており、位置(X軸、Y軸)、筆圧(g)、傾きを検知します。

もちろん、Surface PenやワコムのIntuos4などは傾き検知に対応していますが、安価なスタイラスペンなどでは、傾き検知ナシというケースもありますので、Apple Pencilの代用にはならないのです。

■POINT:
・傾き検知機能により、線の細さに表情が付き、カリグラフィー的な表現も可能に
・指とペンの同時使用も可能
・実物のペン、絵筆並の使用感

▼複雑な内部構造が垣間見える分解レポート(IFIXIT)

 

電池交換不要! Lightningコネクタから急速充電できて便利!

 

ワコムのIntuos Creative Stylus2では、充電のためにUSBケーブルが必要なのですが、Apple Pencilは充電ケーブル不要なスマートさ。

もちろん、個々に良さもあるので一概に比較はできないのですが、キャップを外しただけでLightningコネクタが露出し、たった15秒の充電で30分も使用できるという点などで、Apple Pencilに優位性があるでしょう。

■POINT:フル充電では12時間も使えるので、長時間のクリエイティブ作業に最適

 

 

社外品も使用可? ただし、限定的な用途に限る

 

これから紹介するApple Pencil互換ペンは、同等の機能を有するというよりは、”用途を限定し、安くペンを購入したい”方におすすめのアイテムとなります。

定価販売が基本のApple製品は紛失リスクによる再購入のコストを考えると、用途をかなり限定した使い方(本来のiPad Proの性能は生かされない)なら、可能ですが、素直にApple Pencilを購入するのが良さそうです。

 

▽Apple Pencilと他スタイラスペンについて

Apple Pencilの先端技術、他のスタイラスとの違い

 

電池不要のスタイラスペン

 

iPad Proをフル充電していても、1作品に10数時間も掛けて制作する場合、最大駆動時間の10時間(実際にはもう少し短くなる可能性あり)のiPad Proであっても、出先でバッテリー切れになることもあります。

Apple Pencileは高性能な描画用のペンですが、同時にBluetooth接続をするのでバッテリーの消耗を早めるという弱点もあるので、もし打ち合わせなど”必ずしもApple Pencilを使わないシーン”が多いなら、通常の電池不要タイプのスタイラスペンも選択肢に入れましょう。

■価格帯:100円以下〜数千円まで ※アマゾンだと低価格商品あり
■用途:イラスト制作以外の精度を求められない一部の筆記、タッチ用
▼iPad Pro用タッチペン(サンワダイレクト)

 

ペンタブ用のペン各種

 

Intuosをはじめ、ペンタブ用のペンでも代用できそうですが、残念ながら、iPad Proの性能をフルに活かすことはできません。

しかも、メーカーページを見ても、自社のペンタブかiPad AirなどPro以外のiPadシリーズ対応にとどめている事ばかりで、社外品で完全なリプレースをするのは難しい様子。

ペンタブ派からiPad Proに移行した人もいるほどのプロダクトなので、やはり、ペンも純正品を揃えるのが得策なようです。

■価格帯:数千円(1万円以下)だが、iPad Proでは使用できない
■用途:単純なタッチ操作、一部の筆記

 

 

本当にないの?社外品 日本未発売のプロダクトに懸ける

 

結論から言うと、やはり海外製品、日本未発売のプロダクトでもApple Pencilのリプレースは難しい様子ですが、面白い製品を見つけたのでご紹介しますね。

 

教育機関向け Logitech Crayon

 

こちらは海外のみの展開で、Logitech(日本では商標の関係でLogicoolとしてお馴染み)から発売されています。

49ドルと安価なので期待もされましたが、残念ながらiPad Proでは使えない様子。
ただ、Logitech(Logicool)製品はMac用のMagic Trackpadのリプレース可能な製品を販売したり、ラインナップの中にMac用アイテムを展開していることからも、今後に期待できる限られたメーカーの一つと言えるでしょう。

1.5分充電で30分使用可など、急速充電機能も備え、Apple Pencilの優秀さが際立つものの、教育機関での使用に最適なフォルム、価格などの点ではiPad Pro以外のiPadシリーズでの可能性を感じさせます。

■価格:49ドル
■今後の同社製品の発売に期待

▼LOGITECH CRAYON(logitech)

 

 

より楽しい創作活動におすすめ Apple Pencil用アイテム

結果的にはやはり、Apple Pencilを買うのが一番ということになっていますが、せっかく純正を買うなら、アクセサリもAppleのオンラインショップで購入しましょう。
Apple Pencilケース
レザー製で税別3,200円、全部で8色展開のApple Pencil用ケースです。
Appleのプロダクトはシンプルさが魅力ですが、自分の色を出したい時にオススメ。

▼Apple Pecilケース(Apple)

 

 

Apple Pencilを安く買う方法

 

Apple Pencilは他のApple社製品と同様に、ディスカウントされることがなく、ほぼ定価に近い形で購入する他ありません。

ただ、フリマアプリなどで以下の点に気をつけて購入すれば、若干(特にとても)安く入手できるでしょう。

■POINT:
・正規購入品かどうか(レシートの有無)
・購入時期や使用頻度
・出品者が早期に売りたいかどうか

この3点を確認しつつ、交渉で”購入時のレシートが付属していませんので、保証なしということで、◯◯円にお値下げは…”などと持ちかけると、若干安くなる可能性があります。

また、即断即決の購入者の好まれる傾向がありますので、”即購入、即日支払いしますので…”と値下げ交渉をしても良いでしょう。

 

現状ではApple Pencilの完全な互換品は存在しませんが、今後、iPhone等でもApple Pencilが使えるようになると、状況が変わる可能性があります。

それまでは、記事末尾のフリマサイトでの価格交渉テクニックなどを駆使して、少しでも安くApple Pencilを手に入れましょう。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
「アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP