1. TOP
  2. ブログ
  3. Rebroとはどんなツール?マニュアルを解説

Rebroとはどんなツール?マニュアルを解説

建築・建設業界のDXの促進に伴い、近年は多くの関連ツールが広く普及しつつあります。中でも人気の高い製品の一つがRebroで、CADはもちろんBIM運用においても高い効果を発揮することで知られています。

この記事では、そんなRebroとはどのようなツールなのか、どこでマニュアルを参照できるのか、詳しく解説します。

目次:

  1. Rebroとは
  2. Rebroの強み
  3. Rebroの主な機能
  4. Rebroのマニュアルはどこで利用できる?
  5. Rebro学習の主なアプローチ
  6. Rebroのスキル上達に有効な方法

Rebroとは

RebroはNYKシステムズが開発・提供する、国内発の3DCADソフトです。建築設備の設計業務に特化した機能性を特色としており、設計から施工、維持管理に至るまでワンストップで対応可能な図面作成が特徴です。

また、RebroはCADだけでなくBIM運用も機能の一つとして備えています。3DモデルとExcelで管理されている図面データを統合し、BIMモデルとして運用することで、容易な情報共有や修正作業の実施、竣工後のデータベースとしての活用が可能です。

最新の環境で3Dモデリングができる点が高く評価されていることから、今後のさらなる普及が見込まれる製品と言えます。

Rebroの強み

Rebroが現場で高い評価を獲得しているのには、以下の強みが効果を発揮している点が挙げられます。

直感的な操作性

Rebroが評価されている理由の一つが、直感的な操作性を有している点です。マウス操作を覚える必要がなかったり、操作そのものが省略された形で多様なコマンドを扱えたりするので、面倒が発生しません。

また、作図効率化機能を複数備えていることや、目線の移動も最小限で済むようユーザーインターフェースが設計されている点もポイントで、ストレスや疲労の小さな運用に貢献します。

他社のBIM製品との互換性

Rebroは単体での運用だけでなく、他社製品との連携にも対応しています。各種CADソフトをはじめ、RevitをはじめとするBIMソフトとの連携も可能であることから、BIM運用をさらに効率的なものとできるでしょう。

BIMのメリットは情報共有が容易になることが挙げられますが、対応ソフトがないとそのポテンシャルを引き出すことができず、導入効果も半減します。

Rebroならそのような課題の解決を円滑に進められるため、導入メリットは大きいと言えそうです。

豊富なマニュアルやサポート

RebroのようなBIM対応ソフトの扱いには慣れておらず、導入や活用がうまく進まないと考える方もいるかもしれません。

しかしRebroでは初めてのBIM運用という方でも安心して使えるよう、豊富なマニュアルやチュートリアル、そしてサポート対応を提供しています。

自習向けのコンテンツが充実しているのに加え、電話やメールでのサポート対応も日本語で受けられるため、トラブルシューティングの際も安心です。

Rebroの主な機能

Rebroが強みとしている機能としては、以下のようなものが挙げられます。

平面断面連動

平面図と断面図を運用する際、Rebroではいずれの図面も連動させることができます。従来のソフトのように別個に管理する必要がないので、修正や作成手続きの効率化に貢献できる機能です。

簡便なレイアウト作成

レイアウト作成においても、全ての設備設計がリアルタイムでシンクロした状態で編集できるため、作成負担が最小限に抑えられます。

作成したレイアウトを登録しておけば、他の階層において使用する場合でも簡単に呼び出し、ペーストができる仕組みです。

複数指定

複数の設備を一度に指定し、編集する作業にも対応しています。左右差や勾配のギャップを踏まえた最適化が行われるので、ユーザーが微調整する手間も省くことができるのが強みです。

Rebroのマニュアルはどこで利用できる?

このようなRebroの一連の機能は、一度時間を十分に確保し、その使い方を学ぶ必要があります。

Rebroの操作に際して、まず頼りたいのが公式に配布されているマニュアルです。マニュアルは専用のRebro公式ページに遷移することで、いつでも確認することができます*1。

ただ、マニュアルを閲覧するには購入者向けに配布されている専用のパスワードをページにて入力する必要があります。パスワードがわからない場合は、電話かメールで問い合わせてみましょう。

Rebro学習の主なアプローチ

Rebroの操作方法を身につける方法は、必ずしもマニュアルを読むだけとは限りません。Rebroでは公式に多様なチュートリアルコンテンツが用意されているので、それらを参考にすることでもスキルアップが望めます*2。

入門ガイド

Rebroにはマニュアルにいくつかの種類があり、その一つが入門ガイドです。

入門ガイドは、初心者向けにRebroの基本的な操作方法を伝えてくれるものです。画面構成や基本的な作図の方法など、Rebroを手に入れた際にはまず覚えておきたい情報がここに詰まっています。

操作ガイド

操作ガイドは、業務分野ごとに必要な操作を実行するためのノウハウをまとめたものです。

こちらは入門ガイドを読み終えた後のマニュアルとして用意されており、中級者以上の方がレファレンスとして使用するのに良いでしょう。

テクニカルガイド

テクニカルガイドは、より専門性の高い操作方法やテクニックを学ぶことのできるマニュアルです。

入門ガイドと操作ガイドはユーザー限定のコンテンツですが、テクニカルガイドについては誰でも閲覧ができます。

体験セミナー

体験セミナーは、開催教室に足を運ぶことで実際にRebroを操作しながら、その使い方を学ぶことのできるセミナーです。

一人での学習は難しい、質問しながら操作方法を覚えたいなどの場合は、このような催し物を確認してみると良いでしょう。

体験セミナー動画

体験セミナー動画は、体験セミナーと同じカリキュラムを動画形式で学ぶことのできるコンテンツです。

音声と動画、テキストを使って体系的に学べるので、独学でのスキルアップを考えている方におすすめできます。

Webラーニング

Webラーニングは、基本機能の使い方をより簡素にまとめた形で学ぶことのできる動画コンテンツです。

項目ごとに5分程度の映像で使い方がまとまっているので、こちらも独学の手助けとなるでしょう。

Rebroのスキル上達に有効な方法

Rebroをスキルアップする上では上記の公式コンテンツが有効ですが、他にも

  • 専門書を購入する
  • YouTubeを参考にする

などのアプローチも検討してみると良いでしょう。

専門書を手元に置いておくことで、いつでも好きなタイミングで情報を集められますし、YouTubeは書籍化や公式サイトでのアップロードがされていない、最新の情報をすぐに身につけることができます。

上手にこれらの方法を使い分けられるよう、自分で複数のチャンネルを持っておきましょう。

まとめ

この記事では、Rebroとはどのようなツールか、マニュアルにはどのようなものがあるのかについて紹介しました。

Rebroのポテンシャルを引き出すには、やはり公式のマニュアルを参考にするのが一番ですが、そこに書かれていない情報やテクニックも存在する点は注意が必要です。

適宜必要な情報を調べられるよう、様々な媒体を手元に用意し、引き出せるように整えておくことが求められます。

大手ゼネコンBIM活用事例と 建設業界のDXについてまとめた ホワイトペーパー配布中!

❶大手ゼネコンのBIM活用事例
❷BIMを活かすためのツール紹介
❸DXレポートについて
❹建設業界におけるDX

出典:

*1 NYKシステムズ「マニュアル」

https://www.nyk-systems.co.jp/support/users_page/manual

*2 NYKシステムズ「レブロの使い方」

https://www.nyk-systems.co.jp/learning
    ホワイトペーパーフォームバナー

    【DL可能な資料タイトル】

    • ・プログラムによる建築/土木設計のQCD(品質/コスト/期間)向上
    • ・BIM/CIMの導入から活用までの手引書
    • ・大手ゼネコンBIM活用事例と建設業界のDXについて
    • ・デジタルツイン白書
    • ・建設業/製造業におけるデジタルツインの実現性と施設管理への応用

    詳細はこちら>>>

    PAGE TOP