無償アップグレード終了!Windows10正規購入方法をチェック


2016年7月29日、Windows10への無償アップグレード期間が終了しました。

これによってWindows7やWindows8.1からWindows10へアップグレードする際にも、Windows10のパッケージ版を購入する必要があります。

ただ、WindowsOSのライセンスはMacOSなどと違ってわかりにくく、下手をするとまだ使えるライセンスが残っているのに余分なライセンスを購入してしまう、というケースも有り得ます。

今回はそうしたWindowsOSのライセンスと正規品の購入方法をご紹介します。

無駄にOSを購入したり、非正規品を購入することがないように心がけましょう

1.パッケージ版とOEM版

WindowsOSの提供方法には従来から、パッケージ版(ダウンロード版含む)とOEM版の2種類があります。

パッケージ版はその名の通り、WindowsOSが単体で販売されている形態で、空のパソコンや古いOSの入っているパソコンにクリーンインストール(新規インストール)できるものになります。

インストール可能なのは1台分ですが、使っているパソコンからライセンス認証を解除すれば、別のパソコンにライセンスを移行させることが可能です。

一方のOEM版は、メーカーパソコンに搭載された状態で販売されている形態を指します。

例えばマイクロソフト社が販売しているSurfaceに搭載されているのも、OEM版のWindows10ですね。

このOEM版はパソコン組み込みなので、パッケージ版を購入するよりも割安で使うことができます。

ただし、このOEM版のライセンスは別のパソコンに移行することができない仕様になっているので要注意。

起動しなくなってしまったメーカー製パソコンに搭載されていたWindows10を、新しく組み立てた自作PCにインストールする、といったことは不可能になります。

あくまでもパソコン組み込みなので、インストールされていたパソコン上でしかライセンス認証できないWindowsと考えればOKです。

2.自作PCやパーツ交換の注意点

自作PCやカスタム可能なPCを使っている人にとって気になるのが、パーツを交換した場合にWindowsのライセンス認証が解除されてしまうのではないかという点ですよね。

例えばOSをインストールしているCドライブに当たるHDDを交換した時に、WindowsOSの再購入が必要になるのか、というケースです。

自作PCを組み立て慣れている人なら経験があると思いますが、PCの基幹となるようなCドライブHDDやマザーボードを交換したあとにWindowsを起動すると、ライセンス認証が解除されたというエラーメッセージが表示されることがあるんですよね。

このライセンス認証の解除が心配で、パーツ交換を躊躇してしまう人も多いと思います。

しかし、それは杞憂であるといえるでしょう。

なぜなら、(交換するパーツが、Windowsとバンドルされたパーツでなければ)パーツ交換によってライセンスの再購入を求められるということは無いからです。

マイクロソフト社のライセンス認証窓口に連絡してプロダクトキーを伝えれば、ライセンス認証の問題を解決してもらうことも可能ですし、エラーが表示されてしまったとしてもサポートでライセンスを再認証してくれるからです。

どうしても心配であれば、マイクロソフト社のWindowsサポートに問い合わせて確証をもってからパーツの交換をするとよいでしょう。

3.非正規品の見分け方

WindowsやOffice製品は、割高でビジネスには必須なソフトウェアであることから安価な非正規品も多く流通しています。

マイクロソフト社のサポートに連絡したとしても、非正規品を買ってしまったからといって返金や交換を受けられるということはありませんので、購入の際には十分注意したいところです。

直販のマイクロソフトストアの定価の10分の1ほどの安すぎる値段で販売されていると、そのOfficeやWindowsOSは非正規品であろうことは推測できますが、ほぼ定価よりも若干割安…といった金額だと少し心配になってくるラインです。

https.//www.microsoft.com/ja-jp/windows/prodinfo/default.aspx

非正規品との見分け方については、マイクロソフト社が公式に上記のようなページも用意していますが、一番確実なのはWindowsの提供形態を、法人向けライセンスも含めてしっかりと理解しておくことでしょう。

例えば、Windows10の「Enterprise」は法人向けのWindowsのライセンスなので、一般的な通販サイトなどで購入できることはまずありえません。

法人向けのEnterpriseエディションを一括で大量購入して、それを個人向けに一般販売する…といったことはマイクロソフト社の使用許諾違反になりますし、ライセンス認証ができない可能性も高くなります。

そういった悪意ある業者の心理や行動を理解しておくと、「これは法人向けを安く手に入れて転売してるんじゃないか?」と疑うことができるようになるので、一度マイクロソフト社のWEBサイトを訪れてみることをオススメします。

おわりに

ということで、今回は無償アップグレード期間が終了したWindows10に関して、正規品の購入方法とライセンス認証に関してご紹介しました。

著者自身はWindowsやOfficeについての販売経験があるので、信頼できる情報と捉えていただければと思います。

より安心してWindowsOSを購入したい人は、下記ページの「ソフトウェアがマイクロソフトおよび正規の販売代理店以外のサイトからダウンロード提供されている」項目にある販売代理店か、「マイクロソフトストア」で注文すると良いでしょう。

https.//www.microsoft.com/ja-jp/windows/prodinfo/default.aspx


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP