「それ、すでに他のスマホにはあったけどね」それでも今回のiPhone7が買いである理由


待望のiPhone7が発表されました。

最近はiPhoneにはイノベーションがないと言われてますが、もう7世代目ですから、それを期待するのも酷な気がします。

そこで、すでに過去のモデルや競合製品とのスペックの比較などは、他サイトで散々やっていると思いますので、今回は、iPhone以外のスマートフォンにあったもので、iPhone7ではじめて実装されたものをご紹介します。iPhone7検討中の方のお役に立てれば幸いです。

 

1.ついにおサイフケータイが搭載 ← 10年前からガラケーで実装済み

今回日本で一番の大きな話題となったのは、間違いなくSuicaなど電子マネーが利用可能になるFeliCa搭載でしょう。

みなさんご存知の通り、日本ではいわゆるガラケーの時代から電子マネー機能はおサイフケータイとして搭載されていました。10年も前から。今ではそれら機能が搭載されていない携帯の方が少ないくらいの状況です。

ですので、これを「ドヤ!」と言われても、何を今さら感があるのですが、何はともあれようやくiPhoneでSuicaなどの電子マネーが使えるようになりました。他にもIDやQuic Payが使えます。

では、なぜそれが今まで実装されていなかったかというと、ソニーが開発した日本で採用されているNFC(近接距離通信)であるFeliCaは、ほぼ日本でしか使われていない技術でした。

AppleはApple Payという電子マネープラットフォームを自前で持っていますが、それはTypeA/Bと呼ばれる世界標準のNFCのみの対応だったのです。それが今回ついにFeliCa方式も組み込まれました。(ただし日本で発売されるiPhoneのみ)

(Apple Special Event. 2016.09.07 より FeliCaに関しては1:30:57

 

実際、今までSuicaをはじめ電子マネーが使えないという理由で、Androidへ流れた人は多かったと思われます。FeliCaの実装は日本においてはかなり大きなインパクトがありそうです。

 

2.ついに防水防塵になる ←他社ハイスペックモデルはすでに実現

これも、すでに他社スマートフォンにでは実現されていました。むしろ、なぜiPhoneがそれを実現できていなかったのか不思議なくらいです。

サムスンのGalaxyシリーズやソニーXperiaシリーズではすでにお馴染みでした。

サムスンは2年前にこんな広告を作っていたくらいです。

最近の電化製品全般で言えることですが、グローバルで広まっているブランドはさすがに世界で戦い勝ち抜いているだけあって、品質管理がかなり行き届いてます。故障も極めて少なく、故障したとしてもカスタマーセンターが対応してくれます。

そんな中で、故障するのは自己の過失である場合が多く、某iPhone修理屋によれば、iPhone故障の原因はフロントパネルの破損に次ぎ水没が多いそうです。→iPhone修理ランキング(故障別)

ということは、故障原因の大きな要因の一つが減るわけで、これも相当なメリットなのではないかなと思います。

 

 

3.ついにデュアルカメラ搭載 ← Huaweiがライカと開発し実装済み

今回iPhone7plusのみデュアルカメラが搭載されました。なぜデュアルカメラなのかと言うと、片方が望遠用レンズ、もう一方が広角用レンズとなっており、それらを使い分けることで、一眼レフのような綺麗なボケ味が出せたり、今まで以上にクオリティの高い画像が撮れるようになるのです。もはやライバル一眼レフと言わんばかりです。

で、このデュアルカメラも他社が先にやってました。中国のHuaweiが今年の4月に発表した「Huawei P9」です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-15-36-23

仕組みは、やはり両方のカメラを組み合わせてハイクオリティな画像を作成するためのデュアルカメラですが、こちらはライカと共同開発したカメラレンズを使用しており、片方はモノクロセンサー、片方はRGBセンサーということです。カメラ界の最重鎮とも言えるライカが出てくるあたりは、プレミアム感でいうとiPhoneよりも上な気がします。今のところ、スマホでデュアルカメラ搭載はこの2社のみのようです。

余談ですが、Huawei P9の製品紹介ページに「REINVENT SMARTPHONE PHOTOGRAPHY」とどこかで見たことあるようなフレーズが…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-15-52-55

 

というわけで、今回大きく話題になったiPhone7の発表ですが、技術的なことで言えば新しいことは、ほぼありませんでした。もう、iPhoneにイノベーションを求める時代ではないのです。

しかし、他社のスマートフォンを含めスマートフォン業界のトップランナーとして、常にトップを走りつつ、毎回少しづつ改良され、スマートフォンとしてはほぼ完成の域に達していると考えても差し支えないレベルに来ているとも言えます。

唯一弱点は価格(72800円〜)なんですが、日本は三大通信業者が強力に割引をしてきます。

もう、iPhoneを買わない理由はほとんどないのではないかと思います。

 

最後に、僅か107秒の公式のiPhone7まとめ動画をどうぞ

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。Apple Pay対応のアプリ開発や既存アプリのApple Pay対応などお気軽にご相談ください。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP