GeneXus × アジャイル開発で理想のアプリケーションを


ソフトウェア開発にはさまざまな開発手法が存在します。以前はウォーターフォールモデルを採用することが多いようでしたが、最近ではもっぱらアジャイル開発が主流となっています。アジャイル開発には多くのメリットがありますが、中でも「仕様変更に対して柔軟に対応することができる」という点は、ユーザーの用途が多様化する現代において、開発手法の主流となる大きな要因です。

超高速開発ツール「GeneXus」

弊社ではGeneXusという開発支援ツールを使用したソフトウェア開発を行っています。
GeneXusを簡単に説明すると、「超高速開発ツール」という謳い文句のとおり、プログラム言語を用いる一般的なソフトウェア開発よりも開発工数を大幅に削減することができ、かつ、Webブラウザ・スマホ・クライアントなど、ユーザーの利用形態に合わせたアプリケーションを作成することが可能です。
GeneXusの詳しい説明についてはぜひこちらの記事をご参考下さい。

GeneXusを導入する理由

今すぐ始めたい自動生成ツール。動画でGeneXus紹介

要件定義を成功させる要因

GeneXusは開発支援ツールであるため、ソフトウェアの開発工程でこそその特性を最大限利用できるのですが、お客様とソフトウェアの仕様をつめていく要件定義の段階でも大いに力を発揮してくれます。
要件定義では”これから作成するアプリ”について話し合うため、完成後のイメージはありつつも、当然その段階で完成品そのものはありません。しかし、その”イメージ”を共有することはとても難しく、時間をかけても結局完成したものがイメージと違うということは、ソフトウェア開発の現場ではありうることです。

Computer trouble

そのような、ユーザーと開発側の認識齟齬を極力に減らすためには、イメージの具現化、つまりプロトタイプやモックといわれる類の、実際に画面の挙動や操作性を確認できるものを作成し、イメージを具体的に共有していくのがベストです。

GeneXusとアジャイル開発

GeneXusは、画面を作成するために開発者が一からコーディングをする必要がなく、比較的簡単に作成・変更をすることが可能です。そのため、要件定義の段階で実際の画面を見せることができるので、完成時に「思っていたものと違った」ということも無くす事ができます。
また、打ち合わせ中に出たお客様の要望をその場ですぐに修正・適用して確認してもらうこともできます。これは、「仕様変更に対して柔軟に対応することができる」というアジャイル開発のメリットをまさに実現していると言えるでしょう。

Top view of Business presentation.

さらにGeneXusでは、要件定義段階で作成した画面をそのまま開発時にも用いて開発を進めていくことになります。それにより、画面作成分の開発工数を削減することができるのです。
単にお客様とイメージを共有するために止まらず、そのまま開発時にも使用できる点は、一般的なプロトタイピングツールとは一線を画す部分です。

理想のアプリケーションへ

以上の通り、GeneXusは開発者にとってのメリットだけでなく、開発を依頼するユーザーにとっても大きなメリットをもたらすツールと言えるでしょう。まさに、Win-Winを実現するツールです。
「GeneXus × アジャイル開発」で、より理想的なアプリケーションを我々と一緒に作成してみませんか?

こちら↓の記事もぜひご参考に!

・ 失敗しない要件定義。GeneXusで未来を引き寄せながら仕様検討をする。

 

 

株式会社キャパでは、GeneXusを用いた超高速開発についてご相談を承っています。
短納期、予算が合わないなどお気軽にご相談ください。
高速開発:GeneXusのご紹介


関連記事一覧

  1. 月額課金のさくらVPSと時間課金のAWS結局おトクなのは?
we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP