失敗しない要件定義。GeneXusで未来を引き寄せながら仕様検討をする。


システム開発を発注する側にとってシステム開発は一大イベントです。業務システムの場合、目的は当然業務効率の向上が命題になります。業務改善と言うコンサルティングな事も必要になってきます。

限られた時間で検討を迫られるシステム開発

実際に業務改善に取り掛かるにしても、コンサル会社に依頼するとなると、それなり費用もかかる上に、提示される提案書も紙ベースで実際に検討するには想像力が要求と読解力が要求され、
「この提案書は頭の悪い人には理解できないです。
でも、あなたならきっとこの素晴らしさが理解できますよ」と、
どこかの童話の様な展開が待っています。

そして悲劇へ・・・

こうなってくると、「サンク・コスト効果」もあいまり、よくわからぬままにシステム開発のプロジェクトがスタートしてしまいます。
こうして始まったプロジェクトは悲劇です。様々な箇所で仕様に矛盾が生じプロジェクトは遅延し費用だけが膨らみます。
でも、この様な話は残念ながらまだまだ多く聞きます。
そして悲劇の経験談を聞くたびに、こんな思いが深まります。
タイムマシンがあって、業務改善を実施した後の未来が見れたら・・・
複雑怪奇で奇奇怪怪な専門用語を並べたてられた提案書から想像する未来ではなく、もっと具体的で身近に未来を感じられたら・・・こんな事にはならなかったのに!

未来を引き寄せる超高速開発

時間を飛び越えて未来を見る・・・現代の科学では無理です。
未来に行くことが不可能なら、未来に来てもらうと言うのはどうでしょう?
そう超高速開発ツールを利用して、動くものを高速で作り上げしまえば・・・
超高速開発で未来を引き寄せてしまえば良いのです。

 GeneXus

その一つの解が「GeneXus」です。
GeneXusはモック画面を作るように、簡単に動くものを作る事が可能です。
そこには実際に未来で動いているシステム姿があります。
弊社の新人も既にGeneXusのスキルを身につけ実際にお客様のお役に立てるくらいにまで成長しています。
彼らも研修期間中にGeneXusに関する記事を寄稿しています。
さあ、あなたも未来を見ながら業務改善を進めてみませんか?
株式会社キャパでは、GeneXusを用いた超高速開発についてご相談を承っています。
短納期、予算が合わないなどお気軽にご相談ください。
高速開発:GeneXusのご紹介

関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP