マーケティングとは、一言でいうと「営業しなくても商品が売れる仕組みを作ること」


 

みなさんこんにちは。

株式会社キャパの阿部恭夏です。

 

今回はマーケティングについて、そしてそれに関わる用語などを徹底的に解説していきたいと思います。

 

 

マーケティングとは

 

まず、みなさんはマーケティングとはなんですか?という質問に、どう答えるでしょうか。

 

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。 また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

wikipediaより

 

ウィキペディアではこのように説明されています。とはいえ、3回読んでも

「・・・?で?」

状態なのは私だけではないはずです。

 

自然に「売れてしまう」状態をつくるのがマーケティング

 

ピーター・ドラッガーの言葉を拝借すると、「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」とのこと。

営業しなくても商品が売れる仕組みを作ること=マーケティング活動

これが最もシンプルなマーケティングの説明であるといえます。

 

 

営業しなくても商品が売れるって、どういうこと?

 

まずはアパレル店舗を想像してみてください。

アパレル店舗では、どのような利益をあげる=服を買ってもらう方法があるでしょうか?

 

店舗に来てくれたお客様に対し、オススメのコーディネートやお客様にあったスタイルを提案することで販売に繋がることも多くあるでしょう。セールなどの情報を、店頭に立ち宣伝している方を見かけることもあります。

これらは、お客様が店舗に来てくれて初めて行える営業活動であるといえます。

この活動を販売や営業活動と定義すると、【店員さんが服を買ってもらうために店頭に立ち呼び込みをしたり、フロア内のお客さんに声をかけて回ったりしなくても】お客さんが自らお店へ出向き、服を買ってくれる仕組みを作ることがマーケティング活動であると言えるのです。

 

具体的には

 

SNSやGoogleなどでの検索結果・情報を操作する

ことなどが挙げられます。情報を操作するというとマイナスなイメージをもたれるかもしれませんが、現代を生きる私たちは無意識のうちに情報に行動を操作されていることが多くあります。これは”自然に”操作されているのではありません。そうした世の中の流行を創造・操作すべく世のマーケター達(マーケティング理論や調査に専門的な知識を持つマーケティング戦略立案者のこと)が様々な施策を行なっているのです。

 

例えば最近ではアパレルブランドなどでもSNS運用を行なっているブランドがほとんどです。アパレルブランドのターゲット層である学生などの若者は情報収集にインターネットを使用するよりSNSを活用する場合も多く、その意味で自社ブランドのPRはSNSで行う方が効果的であると考えることができます。拡散も手軽であり、瞬発的な認知度の拡大が期待できるためです。有名モデルなどが自社ブランドの商品を着用している画像をリツイート、リポストすることでブランドのイメージを創造することも可能です。

 

つまり、先に挙げた「お客さんが自らお店へ出向き、服を買ってくれる仕組みを作ること」はこのような無形のブランドイメージを創造することとイコールといえるでしょう。

 

 

マーケティングの仕事内容は?

 

女性の人気職業を調べると様々なサイトで上位にランクインしているマーケティング職ですが、具体的にはどんな業務を行うのでしょうか。一口にマーケティングといってもその言葉が指すものは広く、業種や会社によって内容が大きく異なるということも珍しくありません。

 

私は現在マーケティング担当(見習い)として、

・オウンドメディア、記事の作成や更新

・広告の配置

・採用業務

などなど、幅広く担当しています。

 

分析のイメージが強いマーケティング職ですが、会社によっては営業職に近い活動をしたり、広報のような役割を担ったり… 必ずしも数字とにらめっこ、というわけではありません。また、例えばエンジニアに必要なスキルは?と問われれば一つとしてプログラミングが挙げられますが、マーケティング職においてそれにあたるものも定義が困難です。

この記事では最後にマーケティグの業務内容の説明にかえて、いくつかマーケティング用語をご紹介したいと思います。マーケティングに興味がある方のみならず、営業、エンジニアなどの皆さんも知っていて損はないでしょう。

 

 

マーケティング用語集

 

3C分析・・・Customer(市場・顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの言葉の頭文字を取ったもの。環境変化の流行を、もれなく押さえるときに使うフレームワークの1つ。

CPA(Cost Per Acquisition)・・・顧客獲得単価。1件の顧客を獲得するためにかかったコストのこと。

CPI(Cost Per Inquiry)・・・資料請求者、またはそれに相当する関心を示した有望見込み客1人を獲得するために要したコストのこと。「資料請求者発生単価」

AISAS・・・AISASは、電通が提唱するネット時代の消費者購買プロセスモデル。Attention(注意)→ Interest(関心)→Search(検索)→ Action(行動)→ Share(意見共有) という風なプロセスになるという。

AIDMA・・・Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字を取ったもので、消費者が購買行動を起こすまでの心理変容プロセスを5段階にわけてモデル化したもの。消費者の段階に見合ったマーケティング戦略を立てるときに使用される。

SEO・・・search engine optimization インターネット上のウェブサイトを検索するサーチエンジンにおいて、ある特定のウェブサイトが検索結果の上位に表示されるようにサイト設計をする手法の総称。サーチエンジン最適化。検索エンジン最適化。

LPO・・・landing page optimization ウェブサイトで最初に閲覧されるランディングページの見やすさや使いやすさを工夫し、商品購入などに結びつけるための手法の総称。ランディングページ最適化。

参照:コトバンク

 

 

 

いかがでしたか?奥が深いからこそ実態が分かりにくいマーケティングのお仕事。

マーケティングとはなんぞやを聞かれる機会があった時には、ぜひドヤ顔で説明していただけたらと思います。

 

 

 

株式会社キャパでは、新しい仲間を募集しています。

どんな仕事があるのか、やりたいことが実現できるか、キレイなオフィスに遊びに行きたい!など少しでもご興味ございましたら
お気軽にご連絡ください。お待ちしております。
Wantedlyの募集を見る
保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP