eコマースサイト運営に必要不可欠なツール4選


皆さんは、インターネットで買い物をした経験はあるだろうか。楽天やAmazonに代表されるように近年では私たちの生活に身近なものとなって来ている。

eコマース業界は、まだまだ成長する業界であり近年では、個人や法人の単位で参入する機会も増えている。

BASEに代表されるインスタントECという、サービスを行っているプラットフォームを用いれば、本当に数分での開店が可能となっている。驚くべきことにこのサービスは無料だ。

この記事では、eコマースサイトの運営に不可欠なツールやその活用事例についてまとめる。

ところでeコマースってなに?

eコマースとは”Electronic commerce”の略で、電子商取引と訳される。Eコマース=電子取引”の内容は大きく3つに分けられる。

  1. 企業同士の取引をB to B
  2. ネットショップなどの企業と消費者間の取引をB to C
  3. オンラインオークションなどの消費者同士の取引をC to C

1.Magento

このサービスは世界のWebサイトの20%以上で、使われていると言われている。
Web開発の経験を持つ上級者向けに作られているサービスで中規模〜大規模のサービス向けプラットフォームである。
magento

2.Woothemes

Woothemesは、高品質のWordpressテーマを配信するサービスである。
テーマの多くは、無料で配信をされており、そのクオリティの高さと使いやすさから、ユーザー数も多く、オンラインショップの30%は、Woothemesを使っていると言われている。
woothemes

3.Shopify

Shopifyは世界中で評価も高く、Eコマースサイト作成のための全てが揃っていると言われている。中でも、評判なのがモバイル機能や在庫管理機能であり、どちらも兼ね備えているのは、Shopifyだけしかない。
shopify

4.Presta Shop

Presta Shopはオープンソースのショッピングカートで、Eコマースサービスを始める上で、必要な全てを提供してくれる。セットアップも自由で、選べるテンプレートの多さも魅力の1つである。中でも特徴的なのが、取り出せるデータの量だ。もしあなたが、データ分析に長けているならばPresta Shopは最高のサービスになるだろう。

presta-shop

最初に述べたように、eコマースは恐ろしい速さで私たちの生活に身近なものとなってきている。

しかし、eコマースはまだまだ発展すると言われており、世界各国の企業が、その方法を模索しているのが現状である。だからこそビジネスチャンスも大きく、これからも注目していく分野の1つであろう。


関連記事一覧

  1. robotics
we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP