1. HOME
  2. ブログ
  3. Googleの新メールウェブアプリケーション、inboxが便利すぎて泣ける。

Googleの新メールウェブアプリケーション、inboxが便利すぎて泣ける。

Gmailに代わる、Googleのメールアプリケーション、inboxを4ヶ月程度使ってみたので、レビューを書いてみたいと思います。

まず結論から言えば、「もう手放せない」仕上がりとなっています。賛否両論あると思いますが、私個人的には、今までのメールアプリケーションで最も素晴らしい物の一つです。

ただし、このアプリケーションを使いこなすには、いくつか知らなければならないことがあり、それを知るまでは「?」なことがたくさんあり、導入までのハードルを若干上げていると思われます。

 

まず、知らなくてはならないのは、inboxは「メールソフト」と「タスク管理ソフト」を合わせたものだ、ということです。これを知らないと、何のためにいろいろな機能があるのか、理解できません。
そのため、まずは「どうやって使うのか、と言うビデオを見ろと言われます。」

ビデオを見ると、なんとなく使い方がわかります。

では、詳しく画面を見て行きましょう。

Inbox

まず、ホーム画面を見ると、上から時系列でメールが並びます。メールの差出人の脇に(5)のような数字が表示されていますが、これは同じテーマの話題を5通、まとめてスレッド表示していますよ、と言う意味です。

添付ファイルもスレッドごとにまとまっているので、「どこいったのかなー?」と探しまわる手間が省けます。また、Gmailと同じで、検索機能が協力なので、目的のメールが見つからない、ということも少ないと思います。メールの端には変身ボタンがついていて、返信も素早く出来ます。

また、新しいメールを作成したい時は右下の+ボタンを押せばワンタッチで作成できます。

 

しかし、何よりもinboxを特徴付けているのは「タスク管理機能」です。

Inbox2

メールを開くと、件名の右に、ピンマーク、時計マーク、そしてチェックマークが表示されています。それぞれ、

ピンマーク・・・ピンを押すと、ピンマークのメールだけを表示させるフラグ。

時計マーク・・・スヌーズ機能。消した後、しばらく経つと表示される

チェックマーク・・・必要ないメールを消す。

と言う機能があります。それぞれ、左のメニューバーからいつでも呼び出すことが出来ますので、間違って押しても問題はありません。

メールを受け取り、その内容をこなしたらチェックし、「後でやる」は、スヌーズにし、「重要」なものはピンを押しておく、と言った使い方になります。

 

また、バンドル機能はGmailと同じく協力ですが、バンドルの種類がデフォルトで

Travel、Parchase、Finance、Social、Updates、Forums、Promos と、細かく別れており、勝手にそれぞれのスレッドに振り分けてくれるので、すべてのメールを見る必要がなく、とても生産的です。

 

現在は招待制となっておりますが、機会があれば是非試してみてください。きっとはかどりますよ。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
https://www.capa.co.jp/CorporateSite_LP_B/

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP