2015年営業利益率2.1%のアマゾンにあって利益率20%以上を誇るクラウドサービス「AWS」


アマゾンは、その莫大な売り上げがあるにも関わらず、そこから得られるはずの利益をほぼ投資にまわすことで有名です。2015年度の売上約1070億ドル(約1兆2000億円)に対して営業利益率2.1%でした。(ガベージニュース2016/1/30)

そのようなアマゾンの中で利益率20%を超えるサービスがあります。Amazon Web Serveis( AWS )というサービスです。

知っている人は知っていると思いますが、AWSとはアマゾンが2006年から始めている主に開発者向けのクラウドサービスプラットフォームです。(クラウドサービスって何?って人はこちらご覧ください)

そのAWSは現在のアマゾンの稼ぎ頭の一つになるほどのサービスになっています。

l_im_ait_2015aws01

アマゾンが公開しているデータによると、総売上2014年46.4億ドルから2015年78.8億ドルへと急成長しているのです。それはアマゾン全体の総売上の約7%強に達します。さらに営業利益率に関しては第4四半期だけで見ても28.6%に達しているのです。

(数値データおよびグラフは@IT  2016/01/30、ガベージニュース2016/1/30を引用)

 

現在、他に有名なクラウドサービスとして、Google Computing Platform(GCP)、Microsoft Azureなどがあり、グローバルマーケットを舞台に熾烈な競争を行なっています。

2016年1月、AWS、Azure、GCP間の「クラウド価格戦争」が再燃(@IT 2016/01/18)

高い利益率を保ちながらサービスを運営していくのは並大抵のことではないでしょう。しかしユーザーにとっては1社独占でなく、それぞれの企業が競い合ってくれた方が、価格面の妥当性や、技術面の向上が見込まれることも事実です。今は、まだまだクラウドサービスは戦国時代と言えそうですが、やがて今までのIT企業の歴史が示す通り、特出した1社が出てくるのでしょうか。

 

 


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP