5分で分かる!BIMのCADソフト「Revit」とは


こんにちは。キャパの風間です。

今日は「Autodesk Revit」についてお話をしたいと思います。

BIMツールとして今Revitが大注目!?

なぜRevitが注目されているかという事についてです。
それはRevitで作成したデータ形式に理由があります。
作成したデータをVRで使用できるようになったことを始め、BIMやCIM関連ソフトの連携強化がされています。

そんなRevitというCADソフト。
今からでも遅くありません!
Revitについて基本のキからご紹介させていただきます。

■関連ニュース
建築・土木インフラ業向けパッケージに VR やファブリケーション向けソフトウェアなどを追加し、3D データを活用できる業務範囲を拡大

RevitモデルをVRに!クラウドサービス「Autodesk LIVE」が開始

BIM?Revit?ってなんだろう?

Revitのお話をするのに欠かせないBIMという言葉をご存知でしょうか。
まず最初にBIMについてご紹介させていただきます。

BIM – Wikipedia

BIM(ビー・アイ・エム)ことBuilding Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)は、建物のライフサイクルにおいてそのデータを構築管理するための工程である。
典型的には、3次元のリアルタイムでダイナミックなモデリングソフトウェアを使用して、建物設計および建設の生産性を向上させる。
この工程でBIMデータを作成し、そこには建物形状、空間関係、地理情報、建物部材の数量や特性が含まれる。

さて、言葉の理解を深めたところで、今度はAutodesk社の提唱するBIMとRevitについてご紹介します。

BIMとは?

ビルディング インフォメーション モデリングは建築に関わるすべて人が活用できるビジネスとデザインを革新するワークフローです。

Revitとは?

BIM設計の強力な支援ツール Revit

Revitについて、なんとなくイメージできましたでしょうか。
RevitはCADソフトですが、BIMに特化しています。
そこが、AutoCADとの大きな違いです。
BIMに特化しているからこそ、建築・土木業に強みがあるCADソフトになっています。

■参考動画
いますぐBIMをはじめましょう
→「BIM への第一歩」がおすすめです

AutodeskJapanBIM

Revit体験レポート

それでは早速ですが、体験版を導入してみます。

体験版はこちら

インストール画面起動時

設定をデフォルト選択のまま進めた結果、完了画面

Revit起動後、最初の画面

中央右下にある、「スタートアップ ガイド ビデオ」を選択したリンク先

「スタートアップ ガイド ビデオ」通りにRevitを操作開始
平面図、立面図、3Dビューを表示する

赤丸で囲んだドアを変更する

ドアを変更がすべての図に適用される

いかがだったでしょうか。
操作してみた所感ですが、非常にシンプルな操作で、連携部分もしっかりしており、設計~ビジュアライゼーションもバッチリということがすぐに理解できるチュートリアルでした。

カスタマイズできるの?

Revitですが、こちらもカスタマイズ可能となります。

Revit API入門

Revitは、繰り返し作業を自動化し、シミュレーション、概念設計、建設および建物管理などでRevitのコア機能を拡張するために
使用できる豊かで強力な.NET APIを提供します。
Revit .NET APIを使用すると、VB.NET、C#、C ++ / CLIなどの.NET対応言語でプログラミングできます。

その他のご紹介

今回はBIM中心の話でしたが、CIMという関連する言葉もありますので、補足としてご紹介いたします。

CIM – Wikipedia

Construction Information Modeling – 建築分野で用いられているBIMを、土木建設分野に適用した表現。

Autodesk製品には、AEC COLLECTIONというサービスもあります。
BIMとCIMを統合!オートデスク「AEC COLLECTION」の低価格戦略

VRの発展とともに、今後もBIMはどんどん注目されていくと予想されます。
これを機会に、Revitを始めてみてはいかがでしょうか。
また既にRevitをご使用の皆様、弊社ではカスタマイズのご相談も承っております。
お気軽にご相談いただければと思います。

 

 

 

 

株式会社キャパでは、AR・VR・CADの開発・改善についてご相談を承っています。

作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
CAD開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP