知っていると便利なAutoCADコマンド5選


AutoCADとは、Autodesk社が提供しているCADソフトウエアで、今ではかなりのユーザ数がいらっしゃると思います。
ここでは、皆さんに良く利用されていますAutoCADについて、知っていると便利なコマンドをご紹介していきたいと考えております。

 

QSELECT

 

コマンド名:クイック選択
起動方法:qselect+Enterキー
詳細:クイック選択ダイアログが表示され、図形の種別毎に選択する事が可能です。
図面全体で、線分や文字、寸法だけを選択したい等の場合に便利に利用できるコマンドです。

QSELECT[クイック選択] (コマンド)

 

 

PURGE

 

コマンド名:名前削除
起動方法:purge+Enterキー
詳細:名前削除ダイアログが表示され、名前がついているブロックや寸法、画層等を削除できます。
利用していない名前を一括で削除する機能もあり、図面の容量を軽量化する事も可能です。

-PURGE[名前削除] (コマンド)

 

 

AUDIT

 

コマンド名:監査
起動方法:audit+Enterキー
詳細:図面を開いている際にAutoCADが異常終了してしまう等、図面自体に問題があるかどうかチェックしてくれるコマンドです。
AUDITコマンドで検出したエラーは、コマンドパラメータの指定で修正する事が可能です。
AUDITコマンドで解決できない場合、RECOVER[修復]コマンドを実行すると、問題が解決する場合があるようです。
※必ず図面のバックアップを取ってから実行する事をお勧めします。

AUDIT[監査] (コマンド)

 

 

 

BURST(Express Tool)

 

コマンド名:BURST
起動方法:burst+Enterキー ※利用するには「Express Tool」がインストールされている必要があります。
詳細:選択したブロックを分解し、ブロック内にある属性を文字オブジェクトに変換します。
EXPLODE[分解]で分解した場合と違い、属性名称で変換されるのではなく、属性値が文字に変換されるところが便利です。

BURST (Express Tool)

 

PDFIMPORT

 

コマンド名:PDF 読み込み
起動方法:pdfimport+Enterキー
詳細:AutoCAD2017から組み込まれました新機能で、PDFファイルをAutoCAD上に読み込むことが出来ます。
AutoCADと互換性がないCADからはPDF形式で図面を入手するケースも多かったと思いますが、この機能でPDFファイルをそのまま取り込む事が可能です。

 

 

-PDFIMPORT[PDF 読み込み] (コマンド)

 

いかがでしたか。
1つだけでも覚えておくと、イザという時に役に立つAutoCADの便利コマンド情報でした。

 
 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ
 
 
株式会社キャパでは、CADの開発・改善についてご相談を承っています。
「作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

CAD開発:実績のご紹介

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP