AppleWatchのディスプレイが新しくなるのはいつ


iMacからiPhoneと、私たちの生活になくてはならないもの、そして華を与えてくれるような新しい製品をどんどんと世の中に送り出しているAppleですが、また、新しいものが導入されるようです。今回の製品はディスプレイ。Appleはもともと自社で自分の製品に必要となる部品を開発しようとする傾向にあります。今回のディスプレイは今までとはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

Appleのディスプレイ開発

 

Appleはカリフォルニアにある自社工場において自社製のスクリーンの開発を進めている。そんな情報が飛び込んできたのはごくごく最近です。もともと、Appleは2014年にLED開発で注目されていた台湾の企業「LuxVue」を買収しており、スクリーン・ディスプレイの開発には余念がありませんでした。とはいえ、現在のiPhoneXにはサムスン製のOLEDスクリーンが採用されており、まだまだ外部技術に頼るところが大きかったのが現状です。今回の発表ではAppleは新型ディスプレイ「MicroLED」の生産にメドが立ったといいます。果たしてどのようなディスプレイなのでしょうか。

 

 

Appleの新型ディスプレイ「MicroLED」

 

Appleの新型ディスプレイ「MicroLED」は、消費電力を減らしデバイスのバッテリーの持続時間を大幅に伸ばすことを目的としています。バッテリーの持ち時間については、多くの消費者が頭を悩ませている問題であり、注目されるのは間違いないでしょう。また、もう1つ重要な点は、そもそもこの消費電力を減らすディスプレイは「有機EL」と呼ばれる技術で、Samsungが非常に強い技術を持っています。事実、Appleは少し前にこの「有機EL」の自社開発プロジェクトを進めていましたが、頓挫しているほどです。しかし、最近になってプロジェクトが大いに進展し、生産できる体制が出来上がりつつあるとのこと。この発表を受けて、サプライヤーであるSamsungやLG、シャープといった会社の株価が軒並み低下しています。そのくらいインパクトのある発表といえるでしょう。

 

 

「MicroLED」が導入されるのはいつ?

 

Appleは「MicroLED」の開発に成功し生産を進めていくといっていますが、それでも、この新しいディスプレイを搭載した製品が世に出るのは数年後ではないかといわれています。また、現段階で、「MicroLED」は同系統の有機ELと比べて価格が4~6倍という状況になっており、まだまだ競争力が高いとは言えない状況です。そのため、まずはAppleWatchの最上位モデルに搭載し、市場の反応を見るというスタンスで進めていく模様。この開発スケジュールだと、2018年後半の「AppleWacth Series4」か2019年の「AppleWacth Series5」の採用は十分にあり得ます。もしかしたら、2019年前後のAppleの製品はバッテリーという点で、他社の製品に大きく差をつけるといったこともあり得るでしょう。現在では、iPhoneアプリ市場において、特にゲーム開発においては、画素や動画の多いゲームが非常に多く作られており、電池容量は議論の的だったのです。電池容量は、容量を増やそうとすればするほど、重く大きくなる傾向にあるため、薄さや軽さを売りにするi製品の頭痛の種でもありました。果たして「MicroLED」は電池容量の救世主となるのでしょうか。

現代の機械製品は、技術進歩は本当に目覚ましいものです。1年・2年と気が付くと置いていかれていることもしばしば。今回のAppleのディスプレイは、利用者にとって非常にメリットの大きいものとなるでしょう。ぜひ、新しい製品の情報と共に、快適な現代の生活を手に入れていきましょう。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP