休憩のおともに算数はいかがですか? (5 / 10)【文章題について】

ろば授業中

こんにちは。
C/G部のアオキです。

今回はちょっと難しいシステム開発の「要件定義」って?ってお話です。

要件定義って何?って言うと
お客様の要望を満たすためにシステム開発する機能等を決めることです。

この「要件定義」を記載した要件定義書にはどんなことを書いたりするの?というと、
・消費税が8%⇒10%に変わってもシステムの修正は行わず対応できるようにする。
・混雑時にレジに並ぶ待ち時間を減らすため、一回のレジ清算にかかる時間を平均5%短縮する。
・電子マネーで支払いが出来るようにする。
使用できる電子マネーは・・・
※レジのシステムを想定

のような感じで文章や表を使って実現したい「こと」を具体的にまとめていくんです。

ここに書いた内容を元に、
・本当にシステム化できるの?どうやって要求をクリアするの?
・システム化するにはいくらかかるの?
・どれぐらい期間が必要なの?
なんてことをお客様と調整していって
ここは出来る。ここは出来ない。ここは半分だけ、ここはやり方を変えてなんて感じで
開発するシステムを具体化して、要件定義完了ってなったら
いざ開発 d=(´▽`)=b
※お金や時間がかかりすぎるので開発中止 ∑( ̄Д ̄) って事になることも

さて、この文章(要望)からプログラムへって流れ、
何となく算数の文章題(文章から数式へ)に似ていませんか?

ひとつ違うのは開発の方法(答え)は1つではないことですが、
感覚としては結構似ているかもしれませんね。

ってことで
ちょっと強引に話を持っていきましたが
今回は不思議な文章題(クイズ)をご紹介します。
この問題がスラスラと解ければ
もしかしたら良いSEになれるかも知れませんね。

【消えた1ドル】
Aさん、Bさん、Cさんの3人がホテルに泊まりました。
ホテルの部屋代は30ドル。1人10ドルづつ支払い一晩泊まることにしました。
3人が部屋に行った後、フロントマンは実は部屋代は25ドルだったことを思い出したので
余計に貰ったお金を返すようにボーイに5ドル預けました。
このボーイ、5ドルだと3人では割り切れないからと2ドルをこっそり貰って
残りの3ドルで3人に1ドルづつ返しました。

ここで整理すると
3人が支払ったお金は10-1ドルで9ドルづつなので合計27ドル。
ボーイがこっそり貰ったのは2ドル。
27ドル + 2ドル = 29ドル
となり元々支払った金額は30ドルなので1ドル足りません。

この1ドルはどこに消えたのでしょう?


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP