1. HOME
  2. ブログ
  3. メガネの聖地鯖江市でメガネハッカソン開催。なにそれ?

メガネの聖地鯖江市でメガネハッカソン開催。なにそれ?

このブログ内でも先日ご紹介しましたたが、IoTブームと相まってウェアラブルデバイスのひとつであるスマートグラス市場が日本でにわかに活気付いています。

日本のスマートグラス開発がキテる!

日本の有力メーカーが特に産業用スマートグラスを中心にこぞって開発しているのです。そんな折、気になるニュースが日経新聞に掲載されていました。

福井・鯖江市で眼鏡型ウエアラブル端末のアプリ開発イベント  (2016/5/13 日本経済新聞 電子版)

メガネフレームの聖地として名高い鯖江市で、眼鏡型ウエアラブル端末用アプリなどの開発を競うイベント「メガネハッカソン」が5月28、29日開かれるではありませんか。この時期に毎年行われている「メガネメッセ」に合わせて開催するそうです。

ところでハッカソンって何をするの?

ハッカソンとは、ハック(コンピュータを使って開発をすること)とマラソンを掛けあわせた造語で、 プログラマーやデザイナー、 プランナーなどが 短時間で何かを開発するイベント の事です。

今回このメガネハッカソンで開発するものとは?

メガネハッカソンでは、その名の通りメガネに関する開発をします。 メガネ自体 を作ってもよし、 メガネ型の最新デバイスで動く アプリやゲーム を作ってもよし。 めがねフェスの会場で新しいメガネを楽しく創りあげましょう!

2016-05-13 13.50.09 2016-05-13 13.50.33 2016-05-13 13.50.20

 

地方発のなかなか骨のあるおもしろいイベントだと思います。全世界的に盛り上がっているIoTをスマートグラスという方向から、メガネの聖地鯖江市発の新しいアイデアが生まれるてくると、日本でもより盛り上がりそうですね。

ビビッと来た方は、詳細、参加方法等詳しくは、こちらよりご覧ください。

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP