1. HOME
  2. ブログ
  3. 「Raspberry Pi」でIOTを学ぼう!

「Raspberry Pi」でIOTを学ぼう!

 

Raspberry Piとは?

英国を拠点とするRaspberry Pi財団は青少年および成人のコンピュータサイエンス・プログラミング関連分野における開発スキルの教育および向上を目的としている機関で、低価格でクレジットカードサイズのRaspberry Piは、ScratchやPythonなど、数多くのプログラミング言語に対応した小さなコンピュータです。Raspberry Pi財団が新世代のコンピュータマニア、メーカーや電子設計エンジニアに最適なプログラミング環境を提供し、インターネットの閲覧から動画の再生までRaspberry Piはデスクトップコンピュータで出来ることができます。英国で製造されているRaspberry Piには、小型で標準DDR2 SODIMMコネクタを搭載しています。公式:http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=raspberrypi

Raspberry Piのメリット

1:価格が安く簡単に入手出来る。

2:ハードウェアとソフトウェアの両方のスキルが身について学べる環境が整っている。

3:小型で低電力なのでサーバー運用にも活用出来る。

デメリット

1:LinuxOSが基本ベースなのでOSのインストールの敷居が高く難しい。

2:周辺機器や部材を揃える必要がある。

3:回路図や専門知識が必要な時がある。

 

最新機種Raspberry Pi3 スペック表

CPU 64ビットクアッドコアARM Cortex-A53
メモリー 1GB LPDDR2メモリ
Wi-Fi 802.11 b/g/nワイヤレスLAN
Bluetooth 4.1
チップセット Broadcom BCM2837チップセット、動作周波数1.2GHz
グラフィック デュアルコアVideoCore IVマルチメディアプロセッサ
コネクター端子 •2.5A電源用microUSBコネクタ•10/100イーサネットポート x 1•HDMIビデオ/オーディオコネクタ×1•RCAビデオ/オーディオコネクタ×1•USB 2.0ポート×4•GPIOピン×40•チップアンテナ

•DSIディスプレイコネクタ

•microSDカードスロット

寸法 85×56×17mm
サポートOS Linuxディストリビューション及びWindows 10 IoTをサポート

公式:http://jp.rs-online.com/web/

購入手段は

ネットや秋葉原の店舗で購入出来ます。

準備するモノ

  1. USB接続のマウス・キーボード
  2. 電源アダプター・MicroUSBケーブル(TypeA・TypeB)
  3. LANケーブル(Category3以降)
  4. Raspberry Pi用ケース
  5. MicroSDメモリー
  6. HDMIケーブル・対応ディスプレイモニター

様々な用途で使えるRaspberry Pi

  • 超小型Webサーバー
  • センサーを使ったセキュリティーシステムの構築
  • ラジコンやROBOT制作
  • 音楽プレイヤー
  • Twitter自動投稿マシン

その他ググれば海外で驚愕する程の活用事例が多数ありますので調べてみるのも面白いですね。

使用可能なプログラム言語

例:使用可能言語一覧

言語名 標準搭載 Command
C言語 gcc
C++ g++
Java ☓(オプション) gci
Perl Perl
Python Python
シェルScript sh bash

対応しているプログラム言語は上記以外にも使えるプログラム言語があるようです、基本はLinuxをベースにしているので様々な言語に対応出来るようになっています。

学ぶ事の楽しさを教えてくれる

ハードやソフトウェアを学ぶツールとしてRaspberry Piは低価格で始められる教材として最適な選択種となりますが、初期設定がLinuxOSがベースとなりますので、若干初心者には難しい面もありますが、英国を起点としてRaspberry財団が設立されて若者向けに教育するツールとしては最適なハードウェアなのではないでしょうか、これが日本に広がって行けば今までとは違った分野でのビジネスやモノとインターネットが繋がる切っ掛けになるのではないでしょうか。

 

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP