Googleが次に狙う覇権はIoT向け組み込みOSかもしれない


Googleが新しいOS、Fuchsia〔フクシア/フューシャ〕を開発中と、複数のIT関連メディアが報じています。

グーグル、新OS「Fuchsia」を開発中(CNET Japan)

すべてのモノを多様な機器をネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」化が世界的に広がりを見せる中、グーグルが本格的にIoT向けのOSの開発に動き出したようです。

まだ正式発表こそありませんが、すでにGoogleはその成果はGithubに公開しています。

2016-08-16 16.03.18

 

AndroidともChrome OSとも異なっており、それらはLinuxをベースにしていますが、Googleの新OS「Fuchsia」では、Linux以外のカーネルを採用しています。

組み込みシステムから高性能スマートフォン、PCまで、あらゆるIoT(モノのインターネット)デバイスを動かすのに適した軽量かつ高機能なOSの開発を目指し、Googleの新OSは「Magenta」を採用しているとのことです。

ブラウザーの雄だったWindowsIE(インターネットエクスプローラー)、スマートフォン市場そのものを作ったAppleのiOSなどを、Googleは後追いながらもそれぞれChromeとAndroidを開発し、あっという間に世界シェアを奪ってきた歴史があります。次は今後普及が見込まれるIoT分野でも覇権を狙っていることは間違いないでしょう。

 

 


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP