NFCだけではだめ?GooglePayがまだまだ残念な理由


GooglePayがSuicaに対応したというニュースが話題となっています。しかし、一方のApplePayは2016年10月からSuica対応していますので、Googleはおよそ2年近くのおくれをとった事になります。

後発となったGooglePayはApplePayに対しての優位性はあるのでしょうか。
残念ながら筆者にはGooglePayはApplePayと互角もしくは、僅差で負けているように感じています。

GooglePayとApplePayの違いとは

 

GooglePayとApplePayはどちらもスマートフォンを使用して電子決済を行うサービスですが、成り立ちに若干違いがあります。

まず、GooglePayは基本的に複数の電子マネーをまとめるためのサービスと考えられます。使うことができる電子マネーは、楽天Edy、nanaco、WAONに加えて、Suicaが利用できるようになりました。加えて、新たにクレジットカード決済のQUICPayが利用できるようになりました。
その他の機能として、ヨドバシカメラなどのポイントカードをまとめることもできます。

ApplePayについては、iD、QUICPay、Suicaと、Suicaは電子マネーですが、基本はクレジットカード決済を行うものです。
よって、Suica以外のサービスを使用する際には「チャージ」を必用としません。

ApplePayは支払いを簡単に済ませる為のサービスと考えられます。

 

 

GooglePayとApplePayのSuicaの機能の違いとは

 

GooglePayとApplePayでのSuicaの扱いについて比べてみましょう。

 

GooglePay

 

GooglePayはVISA、Master、JCB、AMEXのカードブランド全てに対応しています。Suicaへのチャージは1円単位で可能ですが、オートチャージや定期券をSuicaに適用するためにはモバイルSuicaの年会費が必要となります。なお、登録できるSuicaは1枚のみとなります。

 

ApplePay

 

ApplePayの場合は、VISAブランドのカードが使えない事と、チャージが1000円単位だと言うことが、GooglePayに対してデメリットと言えるでしょう。その代わり、オートチャージや定期券は年会費なしで登録することが可能です。SuicaはiPhoneに12枚まで登録することができます。

複数のSuicaを登録することができるメリットは、仕事とプライベートにSuicaを使い分けるなどの使い方ができることです。

 

 

GooglePayを使うときの残念な注意点とは

 

では、筆者が考えるGooglePayの残念な点を説明していきたいと思います。

 

おサイフケータイ対応が必須

 

最近では格安SIMなどでスマートフォンを使用する人も多いと思います。その際の機種選びについて注意が必要なのが、「おサイフケータイ」対応に必用なFeliCaポートが付いている物を選ばなければならないと言うことです。

よくある失敗が、NFCの対応だけを確認して購入したら実はFeliCaポートに対応していなくて「おサイフケータイ」が使えなかったということです。FeliCaは、NFCの大きなくくりのなかの1つの規格ですが日本で独自に使用されている規格なので海外製品では対応していないことが多いのです。

格安SIMと同時購入することができる海外ブランドのスマートフォンにはNFCに対応していてもFeliCaに対応していないことがあるのでスマートフォンを選ぶ際には注意が必要です。

 

機種変更時の対応が一括でできない

 

GooglePayで電子マネーの一括管理をすることができるようになったのは先に説明したとおりです。しかし、機種変更に伴うカードの移管作業についてはGooglePayで一括変更することができません。

機種変更したときには、各々の電子マネーのサイトやアプリで変更手続きが必要となり、いろいろな電子マネーをスマートフォンで管理している場合には全てのカードを移管するのに非常に手間がかかるでしょう。

使い勝手ではやはりApple優位か

 

このように、GooglePayとApplePayでは細かい使い勝手に違いがあることがわかりました。
筆者の感想としては、不便な点もありますがPCやスマートフォンに詳しくない人にもおすすめできるのはやはりAppleのサービスのように感じました。

もちろんそれはAppleがハードもソフトの自社で管理しているからということが一番大きな要因だと思います。Googleはさまざまなハードに対応しなければいけない点が苦しい所ですが、ユーザーの利便性にもう少し突っ込んでサービスを作って欲しいところです。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP