建設業界の未来を支える3D設計モデル手法「BIM」とは?

bim

皆さんは建設プロジェクトと聞いて真っ先に何を思い浮かべるでしょうか。 おそらく多くの方が紙の設計図やクレーンを使った建設現場を思い浮かべるかと思います。そんな建設業界も実は2010年以降IT化が着実に進んでいたことをご存知でしたでしょうか。

今回は建設現場を大きく変えると言われている3D設計・施工シミュレーションのBIMについてご紹介したいと思います。

BIMとは

BIM(ビム)とは、Building Information Modeling (ビルディング インフォメーション モデリング)の略で、簡単に説明すると「建設に関するありとあらゆるデジタル情報をまとめるモデリング手法」と言えます。

BIMの3DモデルとCGによる3次元モデルの違いは、BIMがデザインのみならず建造物の構造設計や設備情報、コストなどの建設に関するすべての情報を1つのデータで管理することができることにあります。つまり、建設前からプロジェクトをワンストップで管理することができる画期的なモデリング手法なのです。

BIMの特徴

一般的な建設プロジェクトでは2D図面をもとにプロジェクトを進めていき、チーム内でコミュニケーションを取っていました。 もちろん図面さえあればプロジェクトを進めることができますが、あくまでも平面上で設計しているため実際の建設時に設計の誤差が生じたり、確認作業が増えたり、完成予想のイメージが湧きにくいなどの問題が生じていました。

ところがBIMを活用することにより、3Dモデルで実際にどのような建設物ができるかを事前に確認することができ、ビジュアルだけではなくコストシュミレーションなど計画のすべてを1つのツールで確認できるようになりました。これにより、プロジェクトメンバー間で共通認識を持ちながらプロジェクトを円滑に進めることができるようになったのです。

BIMの普及率

BIMの発祥地はアメリカと言われていますが、2010年に国土交通省が官庁営繕事業でBIMを用いた設計を試験的に導入することを発表し、以降日本の建設業界でBIMが注目され始めました。

なお、一般財団法人建築保全センターが設立したBIMライブラリーコンソーシアムの資料によると、世界で見る2015年時点でのBIM導入率は米国8割、欧州7割、韓国5割に対し、日本は4割にとどまっています。しかし、昨今日本の建設業界ではBIMが注目されているので今後さらに普及していくのではないでしょうか。

Autodesk事例

BIMで最も知られている企業は米国カリフォルニア州に本社を構えるAutodeskです。1982年に設立され1985年から日本にも法人を持つこの会社は、BIMのリーディングカンパニーとして知られており、AutoCADやAutodesk RevitといったBIMのソフトウェアを提供しています。

AutodeskがBIMで可能とすることは以下の4つです。

① Create (創造)
3次元での創造。 デジタルデータによる3Dモデリングで図面や設計図書を作成します。

② Visualize (可視化)
3Dのビジュアルにより、コミュニケーションを活性化させます。

③ Simulate (シュミレーション)
シミュレーションと検証により、建築の性能やデザイン、構造の確認だけでなく、様々な解析を実施することができます。

④ Deliver (推進・実行)
プロジェクトの推進・実行。 クオリティの高い建築を高いコストパフォーマンスでスケジュール通りに実現することをサポートします。

まとめ

以上をまとめると、BIMを活用することで以下3点を達成することができます。

・建設業務プロセスの改善 (確認業務の削減、3Dイメージによるリアリティ共有等)
・デザインの向上 (実際にソフト上でリアルタイムでデザインを確認、修正できるため)
・関係者への情報共有(デザインだけでなく工数や設計、施行等まで確認できるため)

これらをふまえると、BIMは今後日本でも活用される機会が増えると思われます。2020年のオリンピックに向けた建設プロジェクトだけでなく、様々な建設プロジェクトを効率的かつ高品質、よりよいデザインでの実装を行う可能性を秘めています。建設関連の事業に携わる方は今後のBIMの活用・発展に要注目です!

 
 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ
 
 
株式会社キャパでは、CADの開発・改善についてご相談を承っています。
「作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

CAD開発:実績のご紹介

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP