仕事に生きがいを持てないアラサー女性の転職成功術2選(心構え編)


30歳を目前に、あるいは30歳を過ぎて、自分の将来を考えたとき、「もっと生きがいのある仕事をしたい」と思う女性が多いようです。
しかし、転職市場においては、このような女性の需要に対して、女性の求人・採用は、30歳をリミットに一気に減少します。
そんな転職市場で、アラサー女性が、満足する転職に成功するのは、なかなか難しいものです。
そこでこの記事では、アラサー女性の転職成功術を今後の人生の方向性を決める転職先の企業選びの心得(前編)と採用の合否を決める面接(後編)の2部構成で解説していきます。

アラサー女性の転職術1|退職は自分の将来を真面目に考えてから決めよう

 

よく耳にするアラサー女性の退職理由は、次のような理由です。
・ 好まない部署に異動させられたから転職したい
・ 会社の業績が振るわないから、もっと安定した企業に再就職したい
・ もっと自分に合う仕事をしたいから
このような「何となく~」の理由で安易に転職を考えたら、後から後悔することになります。
現在の、女性の転職市場は、30歳を堺に一気に狭き門になっているので、新卒で就職した企業よりも好条件で転職が叶うことは滅多にありません。
それでも、将来に不安を抱えたまま仕事をしていくのは嫌ですよね。
人生をもっと有意義にしたいと転職を望むなら、会社を辞めてしまう前に、もう一度自分が何をしたいのか、よく考える必要があります。
昨今の不景気な世の中では、どんなに安定した優良企業でも、いつ何時不況の煽りを受けてしまうかわかりません。
だから、闇雲に「現状を変えたい」「自分に合った何かを見つけたい」と思うだけで会社を辞職してしまっても、安易に転職に成功する事はできないのです。

アラサー女性の転職術2|転職するための目標を持とう

 

(1)今までの仕事でさらなるスキルアップを目指したいなら?
中途採用で企業の人事が求めているのは、「即戦力」の人材です。
「今まで培った職種を貴社で活かしたい」という言葉は、転職希望者の多くが使う決まり文句です。
だから、書類選考で光を放つ「人事の目にとまる履歴書」となるためには、仕事の実力を証明する資格が資格覧に記載されている履歴書なのです。
例えば、経理10年のアラサー女性が「簿記2級以上」の資格を持っていたら、それは知識と経験が伴った実力といえます。
あるいは、不動産・建築業なら宅地建物取引士、金融機関ならファイナンシャルプランナー、その他PCスキルを証明する資格は、あなたの実力を証明してくれます。
このような、今までの経験を実務経験とする国家資格や、スキルの証明は、あなたの経歴を輝かせ、人事の目を惹く履歴書となります。

(2)全く別世界を目指したい
ある程度の社会経験を積んだ女性だからこそ、自分の仕事を見つめ直し、自分に本当に合った仕事、やりたい仕事を見つけることもあるかもしれません。
そんな時は、そのために勉強して、新たな資格を取得し、その資格を活かして働きたいと思うこともあるでしょう。
しかし、人事は「資格はいらないから実力のある人が欲しい」と思うものです。
企業から見たら、どんな難関資格でも実務経験が無ければ、実務の指導は新卒と同じなのに、年齢を重ねた分だけ年齢給の高い人材です。
しかも、指導係の無資格者の社員にとっては、「年上の資格者」というのは、非常に扱いにくい新米社員となります。
そういった理由から、年齢に見合った条件を求める「実務経験の無い難関資格者」は、まず転職に失敗します。
一生懸命勉強して、簿記2級よりも簿記1級を、FP2級よりもFP1級を、という意気込みで資格を取得した人が有利に採用試験を通過するのは、新卒の就活の際だけなのです。
つまり、転職市場では、大企業ほど、「年齢に見合ったスキル、あるいはそれ以上のスキル」を求めているのです。

では、アラサー世代で新しい職種に目覚めても、年齢を理由に諦めるしかないのでしょうか?
そんなことはありません。
実力さえあれば、転職市場の臨界点は40歳だといわれています。
つまり、30代で多少苦労しても、40歳になるまでに一人前になれば、狭き門ではありますが、再び第一線に返り咲くことは可能なのです。
そこでまずは謙虚な気持ちになって、修業のつもりで、3年以上の実務経験を積んで見ましょう。
初めから正社員を狙うのでは無く、派遣登録をして派遣会社の担当者の力を借りて、自分に合った会社を紹介してもらうのもひとつの方法です。
派遣会社でも、実務経験無しでは大企業に派遣される可能性が低いものです。
しかし、派遣会社ならどんな零細企業でも、そこで実績を積めば、その実績や評価が次の派遣先へと活かされます。
派遣会社の担当者がスキルや人格を後押ししてくれるからです。
その結果、どんどんスキルアップして、30代半ばから後半までの間に、紹介予定派遣で希望する企業の正社員になれる可能性が高まります。
大企業ほど、お金を出しても即戦力になる優秀な人材を求め、中途採用にエージェントの力を借りる傾向にあります。
そのエージェントのグループ企業の派遣会社の人材が、候補に挙がることも多いのです。

(3)今の職場でもう少し頑張ってみる
今のあなたに何もやりたいことが無いのなら、今の職場でもう少し頑張ってみるのもお勧めです。
逃げるように仕事を変える女性は、新しい職場でも、また何か躓いたときに転職を考え、結局何も得られないまま、30代を終えてしまった、なんてことにもなりかねません。
それはもはや人生の無駄遣いです。
今の仕事では、「充実しない」「面白くない」という理由だけなら、違う仕事を追い求めるのではなく、アフターファイブで、まずは趣味や習い事や資格の勉強をしてみることをお勧めします。
「30歳を超えたら手遅れ」と世間の波に踊らされて、焦っていては女性として人生を失敗してしまうかもしれません。

前編はここまでです。
あなたの進むべき道を決めるヒントにはなったでしょうか?
ところで、年齢的に焦って転職を考えて、人生の選択を間違えてしまっては一大事です。
そこで、後編は、アラサー女性の転職を少し違う視点で考えてみたうえで、それでも転職を決意した勇気あるあなたの人生の選択を、成功へと導く転職成功術の醍醐味へとお話を進めていきます。

 

 

株式会社キャパでは、新しい仲間を募集しています。

どんな仕事があるのか、やりたいことが実現できるか、キレイなオフィスに遊びに行きたい!など少しでもご興味ございましたら
お気軽にご連絡ください。お待ちしております。
Wantedlyの募集を見る


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP