AR普及の鍵はアプリ不要なWebAR×マーカー不要なAR?


本来その場にないはずのものが現実世界に存在しているように感じられるAR。ゲームや買い物、観光案内といった身近な用途だけでなく、物流や医療といった分野にも応用が期待されています。
生活の中で接する機会が増えてきているARですが、まだ現状では日々当たり前に接するほど一般的なものではありません。身近なARといえばスマホを使ったARですが、面倒な部分もあります。
しかし、これからは「WebAR」×「マーカー不要なAR」という組み合わせによって面倒さは解消されていくことでしょう。ARに触れる機会が今後格段に多くなり、生活の一部と言えるほど身近な技術になっていくかもしれません。

 

ARとは

 

AR(Augmented reality)とは、現実世界の風景にCGや3D画像・映像など(オブジェクト)を重ねて表示する技術のことです。「拡張現実」と訳されます。
スマートフォンやスマートグラスを通して現実世界を見ることで、実際には存在しないはずのキャラクターがまるで私たちの身近にいるように感じられたり、遠くにあるものがまるで自宅のリビングにあるように感じられたりと、これまでにない体験が可能です。
カメラを動かすとARで表示されているモノやキャラクターも動いたり、モノやキャラクターの背後に回り込めたりと、ARの進歩に伴ってリアルタイム性や実在感がますます強くなってきています。

ちなみに、ARはVR(Virtual Reality)やMR(Mixed Reality)と同系列で語られることも多く、最近ではこれらの技術はまとめて「XR」と呼ばれ始めています。

 

▽関連記事はこちら

初心者でも分かるAR、VRのポイント

 

ARを活用して話題になったアプリ

 

ARがこれほどまでに世間一般に広まった要因の1つに、ARを活用したアプリの流行が挙げられます。
そのなかでも、日本や海外で一大ブームを巻き起こして社会現象にもなった「ポケモンGO」の影響は大きいです。

ポケモンGOでは、現実世界で街を歩いているとアプリの地図上でも主人公が同じように移動します。そして、ポケモンを見つけるとポケモンをゲットするための画面に切り替わるわけですが、スマホのカメラでとらえた現実風景にポケモンの絵が合成され、あたかもポケモンがそこにいるように感じられます。
現実ではありえないキャラクターがあたかもその場にいるかのような感覚を体験でき、ARのおかげで「ポケモンを現実世界で出会えたらいいのにな」という幼いころの妄想が実現したかのようです。ポケモンGOの登場に興奮した方も多かったのではないでしょうか。

写真を撮影・加工できる「SNOW」の流行も記憶にあたらしいです。
SNOWでは顔を自動で認識してリアルタイムで加工できます。顔のパーツや輪郭を加工してより可愛く撮影したり、2人以上を撮影するとそれぞれの顔を入れ替えて撮影したりといった機能が話題になりました。

他にも
● 言葉や文章にスマホのカメラをかざすと翻訳した内容に置き換えて表示してくれる「Google 翻訳」のリアルタイム翻訳

● リビングにおいて家具配置のシミュレーションができるIKEAの家具配置アプリ「IKEA Place」

等、さまざまなARアプリが登場しています。

最近では、ARを活用してものの長さを測るメジャーアプリがiOS12に搭載されて話題になりました。

このように、ARを活用したアプリが続々と登場しています。

 

ARにおける3つの認識方法

 

ARでは現実世界の状況に合わせて表示されるオブジェクトやオブジェクトの様子が変わります。現実世界やカメラの動きと連動することで強い現実感が生み出されます。
現実世界に合わせてオブジェクトを表示するためには、状況を認識する仕組みが必要です。
ARでは主に以下の3種類の方法で現実世界を認識してオブジェクトを表示しています。
● ロケーションベース
● ビジョンベース(マーカー型)
● ビジョンベース(マーカーレス型)

ロケーションベースのARでは位置や方位、傾きなどの情報を利用しています。GPSやデバイスに内蔵されるセンサから受け取った情報を元にオブジェクトを表示します。
これらのロケーション情報はすでにさまざまな用途で活用されているため、ARにも比較的応用しやすいです。
一方で位置情報は誤差が大きくなることもあり、精度的な問題があります。

ビジョンベースのARは画像や空間を認識する技術を利用しており、認識対象によって「マーカー型」と「マーカーレス型」の2種類があります。

マーカー型は「マーカー」としてあらかじめ作成・登録された画像を認識し、その上にオブジェクトを表示します。
マーカーを認識するだけなので、認識自体は手軽です。また、認識対象がはじめから決まりきっているため、出したい場所(マーカー部分)にピンポイントでオブジェクトを出せます。
一方、マーカーがある部分にしかオブジェクトを出せないため使用範囲が限定されます。前もってマーカーを用意・配置しておくのも大変です。

マーカーレス型は現実世界にすでに存在する物体や景色を認識します。リビングの床や壁をきちんと認識して、自然な形でソファを配置したり、床でボールをバウンドさせたりできます。まさにAR上のオブジェクトを現実世界のモノと同じように扱えるわけです。
また、マーカーを準備しておく必要がないため使える場面が広がります。
ただし、現実世界に存在するものは多種多様であったり余計なノイズが多かったりして、技術的には困難度が高い点は問題です。

参考に、マーカーレス型のARのデモ動画をご紹介します。
以下の動画は2011年、Sonyの「SmartAR」のデモ映像です。キャラクターが部屋の中を歩き回っていてかわいいですね。

 

ARの不便さを乗り越える

 

新しい体験をもたらしてくれるARですが、スマホで気軽にARを利用する上では主に2つの面倒さがあります。
・サービスごとに別々のアプリをインストールするのは面倒
・マーカー型はマーカーのある場所でしか利用できないため面倒

これらの面倒さを乗り越えたその先にARを活用したサービスが自然で一般的なものとして受け入れられる社会があると考えられます。
これらの面倒さを解決するために重要となるのが「マーカーレス型のWebAR」です。

 

WebARとは

 

WebARとはWebブラウザで利用できるARのことです。
スマホでこれまで利用してきたARとは異なり、サービスごとに個別のアプリをインストールする必要がありません。ユーザー側で面倒な手順を踏む必要がなくなり、ネット上の記事やWebアプリなどと同じくらいの手軽さでARに触れられるようになります。
ブラウザからARを直接体験できるようになれば、「特別なもの」「少し面倒なもの」というARのイメージも大きく変わっていくことでしょう。

本ブログでもWebARの開発ツール「AR.js」を紹介しています。サンプルコードやデモ映像も掲載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

▽関連記事はこちら

アプリ不要?AR.jsで簡単WebAR開発

WebARでアニメーション!AR.jsでWebARコンテンツ開発

 

マーカーレスのWebAR

 

上で例に挙げたAR.jsはマーカー型のARでしたが、よりARが一般的になっていくためにはマーカーレスのWebARの普及が重要です。
マーカーレス型のARであればマーカー設置等の事前準備なしにARを活用できます。
「WebAR×マーカーレスAR」によって、ARはネット上の文章や画像、映像といったコンテンツと同じくらい一般的な存在になるのではないでしょうか。

実際、マーカーレスのWebAR環境への期待は大きく、各方面で開発が進められています。
例えばGoogleはChrome上で利用できるマーカーレスのWebARについての情報やデモ映像を公開しています。
参考:https://developers.google.com/web/updates/2018/06/ar-for-the-web

WebARの利用にあたっては、GoogleのARCore、AppleのARKitといったAR用プラットフォームや新しいバージョンのOS等が必要なこともあるかもしれませんが、個別にアプリをインストールするよりは遥かに手軽ですよね。

 

ARが手軽になって普及する未来

 

近未来SFの中だけの技術だったARが、今や現実世界に実装され始めています。
AR分野は精度や現実感の強さ等に関わる技術的な発展が続いています。とてもワクワクする状況ですが、まだまだ不便な点もあります。
ARのクオリティや機能の進歩に加え、マーカーレスのWebARの普及による利便性の向上にも期待したいところです。
ARが普及し、当たり前になった未来が楽しみですね。
 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ
 

株式会社キャパでは、ARの開発・改善についてご相談を承っています。
「作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

AR開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP