カード番号が存在しないカードApple cardの真実とは


2019年3月Appleは3月25日に行われたスペシャルイベント「It’s Show Time」で、同社の新しいクレジットサービスであるApple cardを発表しました。Appleが金融の市場に参入するということに加えて、新しいカードの使い方やカードの素材、そのデザインが話題を呼んでいます。

・クレジットカードの再発明とも言える斬新なApple cardの全貌とは
・Apple cardを持つことのメリットとは
・Apple cardの日本上陸の可能性について

 

クレジットカードの再発明とも言える斬新なApple cardの全貌とは

 

Apple cardはiPhoneに登録してApplePayと同様に使用することができるカードと、物理カードの2つに分かれています。カードのキャッシュバック率を見ると明らかに物理カードはサブで、iPhoneに入ったApple cardを使用してほしいように見えます。とはいえ、物理カードについてもAppleは手を抜かず魅力的であり、カードの概念を再定義するようなものを用意しています。

まず一つ目の特徴は、カードが金属製であるということです。金属製のカードは一部のプレミアムなステータスのカードで採用されていますが、その中でも珍しいチタン製となっています。Appleファンを納得させるのに十分な質感を持っていると言えるでしょう。

次に特徴的なのは、Apple cardにはカード番号が刻印されていないということです。これはiPhoneのアプリ上で表示されるカードも同様であり、カード番号が存在しません。

ではどうしてカード番号がないのでしょうか。

Apple cardには、カード番号が存在しないと説明しましたが実際にはカード番号は存在しています。
では、どうしてカード番号がカードやアプリに表示されていないのかというと、カード番号を変更することができるのがApple cardの特徴だからです。
カード番号が固定の場合にはカード番号が流出することによってカードが悪用される可能性があります。
しかし、Apple cardならカード番号を固定していないため番号を知られてしまったとしても別のカード番号が割り振られるために、利用者が安心して決済を行うことができるという利点があります。

これこそが、Apple cardにカード番号が表示されない理由であり、これによってApple cardはこれまでのカードとは比べ物にならないほどのセキュリティを手に入れたと言えるのです。

また、Apple cardを利用した記録はiPhone上のアプリで整理され、利用履歴やどんな分野にどれだけ支出しているか、またキャッシュバックがどれだけあったかについてまでもわかりやすく表示されるようになっていることも、利用者にとって魅力的に映るでしょう。

 

Apple Cardを持つことのメリットとは

 

Apple cardを持つことのユーザーにとってもメリットは何でしょうか。
デメリットもあわせて考えてみましょう。

 

年会費もカード再発行もすべて無料

 

Apple cardはMasterCardがAppleと提携して提供するサービスですが、カードの年会費や入会金は無料、チタン製の物理カードを失くした時の再発行手数料も無料になっていて、Apple cardを所有することに対する利用者の負担は全くありません。

 

カードを安心して使うことができる

 

先に説明した通りApple cardは固定のカード番号を持たず、都度番号を変更できるので、カードの偽造や不正利用を防ぐという面でメリットがあります。
安心してカードを使うことができ、セキュリティに優れることは利用者にとってもサービス提供会社にとってもメリットがあります。

 

キャッシュバックを得ることができる

 

次に、Apple cardを使うことによって、キャッシュバックを得ることができる点です。Apple cardは、Apple Payと物理カードによって、実質的にこれまでの通常のカードと同様の使い勝手を実現しています。

その上で、iPhoneやAppleWatchによるApple Payでの支払いの場合には2%、物理カードでの支払いについては1%のキャッシュバックを、Apple製品の購入に及んではなんと3%のキャッシュバックを得ることができます。

キャッシュバックはApple Cashに貯めることができます。Apple CashはApple cardと連携するサービスで、Apple cardのアプリに連動し、キャッシュバックを即座に確認できるようになります。

カードを使用することによるポイントバックやキャッシュバックは、日本のカード市場では特に目新しい施策ではありません。

しかし、全く値引きのないApple製品を3%引きで購入することができると考えるとApple製品のファンにとっては、Apple cardは「持っていなければ損」と言えるほどのアイテムになりそうです。

 

アプリでApple cardの支出を一括管理

 

Apple cardを使用すると使用履歴がアプリで確認できることも大きなメリットの一つであることは先に説明したとおりです。

通常のクレジットカードでは、オンラインサービスを使ったとしても履歴の反映に時間がかかったり、どこでカードを使ったのかを把握するのは簡単ではありません。そのため、結局毎月の引落額ぐらいしか見ないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、Apple cardのアプリであればカードを使ったタイミングで利用履歴が記録され、1日、1週間、1ヶ月の単位でどれ位のお金を使ったか、どのような項目に対してお金を使ったかなどが自動的に分類分けされ、確認することができます。

そして、1件ごとの支払い明細も店の名前が表示されるだけでなく、購入した商品名や支払いを行ったお店の地図まで知ることができるのです。

極めつけは毎月のカード引き落とし金額を調整する機能です。引き落とし金額を減らすとカードの支払に利息が付きますが、それも合わせて分かりやすく表示されます。

このあたりは、Appleの公式サイトの動画が詳しいのでぜひ一度ご覧ください。

 

Apple cardのデメリットはあるの?

 

Apple cardのデメリットといえば、iPhoneを所有していないと使用することができないということでしょうか。
AndroidスマホやガラケーではApple cardアプリを使うことができません。また、物理カードもiPhoneとのペアリングが必要です。Apple cardはiPhoneを持たずに所有することはできません。

 

Apple cardの日本での展開はあり得るか?

 

さて、このように魅力的なApple cardですが、現在のところ2019年夏にAppleの本国であるアメリカでサービスが開始されるということが決まってます。それ以外の他の国への展開はまだ決まっていないそうです。Apple cardの日本でのサービス開始は現在のところ見通しができない状況です。

しかし、Appleとともにサービスを展開することになっているゴールドマンサックスは、世界展開も視野に入れているという発言をしています。

もちろん、だからといって日本でApple cardがすぐに使えるようになるわけではありません。とはいえ、Apple cardが日本で使えるようになる可能性は高いのではないか?と筆者は考えています。

なにしろ、日本は、世界でもっともiPhoneのシェア率が高い国なのですから。

引用元:https://www.apple.com/newsroom/2019/03/introducing-apple-card-a-new-kind-of-credit-card-created-by-apple/

 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

 

CONTACT

株式会社キャパでは、GeneXusの開発について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP