Googleマップにテイクアウトとデリバリー実施店舗を表示するフィルターが搭載


新型コロナウイルスによって外出の自粛やリモートワークが推奨され、さらに店舗の営業自粛の影響もあり、テイクアウトやデリバリーを利用する機会が増えてきました。
地域によっては、テイクアウト対応店舗のリストをWEB上で確認できるサービスを提供しているところもあるようです。

そんな中、Googleマップがテイクアウト・デリバリー提供店舗の情報を表示するフィルターを搭載しました。
今回の記事では、店舗側での登録方法まで詳細に解説していきますので、新しくテイクアウトやデリバリーのサービスを始めたオーナーの方は必見です。

この記事でわかること
・Googleマップのテイクアウト・デリバリーのフィルターとは
・デリバリー情報を提供しているサービス
・店舗側でのマイビジネス情報の登録方法

Googleマップのテイクアウト、デリバリーのフィルターについて

iOS・Android端末でGoogleマップを表示した時に、検索窓のすぐ下に「テイクアウト」「デリバリー」のボタンが追加されました。
どちらかをタップすると検索窓に該当する文字列が自動で入力され、地図上に対応する店舗が表示されます。
iPhoneで確認したところ、縦位置では表示されるボタンが横位置では表示されないようですので、注意が必要です。

Googleマップに表示される店舗は、Googleのマイビジネスに登録されている情報が元になっています。
当然、店舗のオーナーがテイクアウトの情報を更新していないと表示されません。
以前にGoogleから最新の情報の登録をするようにとアナウンスがされていました。

日本では三月末から順次アップデートされており、テイクアウトできる店舗情報が表示されるようになりました。
米国の一部地域では、Googleマップから直接店舗への注文ができるようです。
日本でも実装してほしい機能ですね。*注1

Googleでは、マイビジネスのオーナーに対して情報発信の方法など、無料のトレーニングプログラムを提供しています。
新型コロナの影響で、新たにテイクアウトやデリバリーに取り組んでいるショップオーナーにはぜひ活用してほしいところです。
現時点では、7月30日までの火曜・水曜・木曜のいずれかの日程で、15:30~16:00の30分間、オンラインでセミナーが予定されています。*注2

ぐるなびやTORETAと連携した予約システムの利用も可能

Gooleマップのアプリでポップアップされる店舗一覧の中には、「席を予約」ボタンが表示されることがあります。
これは「ぐるなび」や「TORETA」という他のサービスと連携することで、オンラインでの予約が可能となっているものです。
検索から予約・注文までをシームレスに実行できますので、非常に便利な機能となっています。
この機能は、ユーザーにとって便利なのはもちろんですが、店舗側としてもチャンスロスを防ぐことができますので、できれば対応しておきたい機能です。

デリバリー情報を提供している他のサービス

Googleのデリバリーやテイクアウト表示などの取り組みは実は後発であり、他にも同様の情報をいち早く掲載しているサービスがあります。

【デリバリー・テイクアウト情報を掲載しているサービス】
・Yahoo! Map・・・地図上にテイクアウト、デリバリー店舗を表示
・ホットペッパーグルメ・・・テイクアウトの特設ページ設置
・食べログ・・・テイクアウトの特設ページ設置
・Retty・・・テイクアウト、デリバリー導入店の情報掲載

WEB上の地図サービスや、飲食店の総合ポータルサービスなどは、ほとんど対応しています。
iOSに標準の「マップ」でも、検索窓に「テイクアウト」と入力すれば、周辺のテイクアウト対応店舗を表示します。
しかし、「デリバリー」と入力すると運送会社が表示されるなど、他のサービスに比べて対応状況は不十分なようです。

Appleが提供している地図アプリ「マップ」は、リリース当初は全く使い物にならない精度でしたので、Googleマップを利用している人が多くいました。
現在では、地図アプリとしてなら問題ないレベルにブラッシュアップされていますので、iPhoneなどのモバイル端末であれば、Appleの「マップ」を利用することが多くなっています。
しかし、きめ細かい情報への素早い対応や、他のサービスとの連携などはGoogleマップの方がまだまだ優れているようです。*注3

Web版のGoogleマップの場合、モバイルアプリと異なり検索窓の下にはボタンが表示されません。
しかし、検索窓に「テイクアウト」「デリバリー」と入力することで、モバイル端末と同様の情報が表示されますので、どちらでも活用できます。*注4

どちらにしても、Googleのマイビジネスに情報を登録し、掲載されるまでには審査があるため、若干のタイムラグが生じます。ショップのオーナは、できるだけ早めに情報更新をしておくことが大切です。

店舗側でのマイビジネス情報の登録方法

テイクアウトやデリバリーの情報は、Googleクローラーが収集するのではなく、店舗運営者がマイビジネスで設定する必要があります。
ここでは、Googleのマイビジネスの登録方法を簡単にご紹介します。

◯Googleマイビジネスアプリで登録する方法

1 Googleマイビジネスアプリで左上のメニューアイコンをタップ
2 メニューから「情報」を選択
3 表示されるリストから「食事」を選択
4 「属性」の中から「テイクアウト」や「デリバリー」情報を追加

*注5(画像のソース)

ほんの数ステップで情報の登録と更新ができますので、この機会にぜひやっておきましょう。
他にも、新型コロナの影響で通常の営業時間と異なる時間帯で運営していることなど、細かい情報を登録することができます。
さらにマイビジネスアプリにある「COVID-19に関する最新情報」を利用して、コロナの影響によるお客様への一時的な対応状況などを記載しておくと良いでしょう。


*注5(画像のソース)

PCでも以下の手順で簡単にマイビジネスを登録することができます。

◯PCでマイビジネスを登録する方法

1 PCでGoogleマイビジネスの管理画面にアクセス
  https://www.google.com/intx/ja/business/
2 画面左の「情報」をクリック、表示される「お支払い」をクリック
3 「食事」属性の中にある「テイクアウト」「デリバリー」をクリック
(プラスマークがチェックマークに変わることを確認)
4 右下にある「適用」をクリック

最後の「適用」をクリックし忘れると、登録が反映されませんので注意が必要です。
この機会に、他にどんな属性があるのかを確認し、店舗の情報を出来るだけ細かく設定しておくと良いでしょう。
さらにデリバリーに対応している店舗なら、配達地域を設定することも可能です。

〇配達地域の設定方法

1 画面左の「情報」を選択、「サービス提供地域の追加」を選択する
2 サービスを提供しているエリアを検索して設定
※エリアについてはGoogleが区分したエリアでの登録となりますので、範囲が狭すぎたり、一部地域を除いた特殊なエリアだとうまくいかない場合があります。複数地域を選択するなど若干の工夫が必要です。
3 画面右下の「適用」をクリック

*注6

【まとめ】
新型コロナウイルスによって、私たちの日常生活が大きく変化しようとしています。
こんな時こそ、ネットワークが発達した現代でしかできない、情報の効率的な活用を進めて行くべきではないでしょうか。
深刻な打撃を受けた飲食店にとっても、機会損失を出来るだけなくし新たなファンを獲得するチャンスと捉え、最新情報を積極的に出して行くことが重要です。
Googleマップは、店舗側もユーザ側も無料で使え多くの利用者がいることから、とても有効な手段となり得ます。
マイビジネスの登録は数ステップで完了しますので、この機会にしっかりと自分の店舗のサービスをアピールして、新しいチャンスを掴みましょう!

▽Googleについての記事はこちらもチェック

GoogleがFitbitを買収?Apple Watchに対抗できるか

GooglePixel4はなぜ自社開発?スマホ参入の目的とは

Googleが開発したVR描画アプリ「Tilt Brush」で新感覚イラストレーション!

 

■参考文献
注1 engadget日本版 Googleマップ、テイクアウトやデリバリー対応の飲食店を探しやすくするフィルター追加
https://japanese.engadget.com/jp-2020-04-16-yahoo-map.html

注2 Grow with Google 無料オンラインセミナー
「今すぐできる「テイクアウト」や「デリバリー」の情報発信」
https://events.withgoogle.com/smb/

注3
Impress Watch Google マップでテイクアウトやデリバリー情報を表示
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1245813.html
lifehaker 「Googleマップで「デリバリー」「テイクアウト」対応の店が探せるようになったよ」
https://www.lifehacker.jp/2020/04/210944google-maps-now-shows-nearby-takeout-and-delivery-optio.html

注4
ASCII デジタル 「Googleマップ「テイクアウト」「デリバリー」表示を開始」
https://ascii.jp/elem/000/004/008/4008307/

注5 GMB_お店の情報を更新する方法
https://forjapan.withgoogle.com/static/pdf/GMB_%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95.pdf

注6 Google 「Googleマイビズネス上で最新情報を掲載する方法」(PDF)
https://forjapan.withgoogle.com/static/pdf/GMB_%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95.pdf

CONTACT

株式会社キャパでは、
IoT開発についてご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

関連記事一覧

AR/VR ホワイトペーパー

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP