1. HOME
  2. ブログ
  3. BIMを生かすためのForge・BIM360

BIMを生かすためのForge・BIM360

BIMを生かすためのForge・BIM360
皆さんはForgeやBIM360(BIM Three sixty)とは何かご存じでしょうか。今回はForgeとはなにか、BIM360とはなにか、できることや価格についてをまとめます。

Forge

ForgeとはAutodesk社が提供しているクラウドベースの開発者向けプラットフォームです。様々なAPIを利用することができ、BIM360もその中のAPIの一つです。その中のAPIをいくつかご紹介致します。
・Forge Viewer
Forge ViewerとはWebブラウザ上で、クラウド上にアップロードされたモデルを見ることができるサービスです。Autodesk IDへのログインは必要なものの、Autodesk社のクラウドサービスを契約していなくても無償で利用できます。アカウントさえあればブラウザ上で確認できるため、施工現場でモバイルデバイスを用いてその場でモデルを確認できます。 (注1)
またウォークスルーという実際に建物の中を歩く機能があり利用者目線での確認や提案も可能です。

・Design Automation API
Design Automation APIを利用するとAutoCAD,Inventor,Revit,3ds MAXなどで反復するタスクを自動化が可能です。RevitのDesignAutomation APIは、Forgeサービスとしてクラウドで実行されるRevitのエンジンです。Revitデータを作成、抽出、変更するクラウドネイティブのアプリとサービスを構築します。デスクトップにRevitをインストールすることなく、完全なRevit DB APIへのアクセスを提供することにより、次のワークフローがどこでも可能になりました。(注2)
・カスタムRevitファミリコンテンツを作成する
・モデル作成の自動化
・モデルデータの調査と分析
・自動化されたレポートを抽出して作成する
・会社の標準を維持するための既存のモデルを変更する
・ドキュメントを自動的に作成する

BIM360

BIM360とはAutodesk社が提供する建設業向けクラウド型ワーキングプレイスで、簡単にいうと「建設業向けの図面、文書、3Dデータの共有、管理」です。
社内で共有ドライブにて作業する場合は問題ありません。しかし他社とメールやクラウドサービスでデータをやり取りする場合データの整合性や最新データがわからなくなるなどの問題が発生する場合があります。BIM360は利用すると誰がいつ修正したデータかわかる仕様になっています。(注3)
RevitクラウドワークシェアリングとBIM360を組み合わせると連携の取りやすい効果的なRevitワークフローをクラウドで実現できます。Revitモデルを他のRevitユーザーといつでもどこからでもリアルタイムで共同作成できます。

価格

Forgeは90日間(または100クラウドクレジットを使い切るまで)の無料体験期間が設けられています。12ヶ月ごとに自動更新されるサブスクリプションモデルとなっており、価格は100 USドルで1年間アクセス100クラウドクレジットが付いてきます。たくさんあるAPIに必要なクレジットは下記の通りです。

出展:Autodesk Forge HP
BIM360などサブスクリプションに含まれるものもありますが、利用にはさらにクレジットを消費するものもあり注意が必要です。

まとめ

今回はRevitと一緒に利用すると他社との計画が効率的になるForge、BIM360についてご紹介致しました。Revitを導入の上にForgeを導入するとなるとさらにコストが掛かってしまいます。導入の際は他社が利用するかとの兼ね合いになるかと思いますが、設計者やゼネコンが協力し合う設計の理想形だと考えています。


建設・土木業界向け
5分でわかるCAD・BIM・CIMの
ホワイトペーパー配布中

CAD・BIM・CIMの
1データ活用方法
2主要ソフトウェア
3カスタマイズ
4プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中


Bホワイトペーパー写真

CONTACT

株式会社キャパでは、BIMの開発・改善について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日

 


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!

・Twitter



・Facebook

キャパFacebookページへ

参考文献
注1 ADNOpenJapan https://www.youtube.com/watch?v=hkoUVbmxzYY&feature=emb_logo
注2 Autodesk Forge Design Automation API
https://forge.autodesk.com/en/docs/design-automation/v3/developers_guide/overview/
注3 Autodeskコンシェルジュセンターhttps://www.cadjapan.com/special/autodesk-concierge/useful/article/200805-01/

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP