マーケティングに必須!Facebook広告を導入する3つのメリット


Web広告といえば、Yahoo!リスティング広告・GoogleAdWordsが一般的です。これらは検索結果に即日広告を表示することができるという点で、即効性のある広告媒体です。

これらの広告媒体の出稿メリットは速効性だけではありません。それは成約率の高いキーワードを知ることができるというものです。つまりWeb広告は、データ収集というメリットも持っているのです。

実は昨今、Yahoo!リスティング広告やGoogle AdWordsと比較にならないほど詳細な集客データを入手できる広告媒体が注目を集めています。それが「Facebook広告」です。

1.データが豊富

Facebook広告の良さは詳細なターゲティングに合わせて出稿をできるというターゲティング面にあります。しかし、今回はその部分ではなく、詳細に取得できる集客データに注目します。

ターゲットの年齢

まずはターゲットの年齢です。広告をクリックした人、成約が発生した人の年齢がわかります。年齢は10代、20代のようにある程度幅を持った形でわかります。しかし、「どれくらいの世代の人に反応が得られやすいか」ということがわかれば、応用が利きやすいのです。

例えば、広告に使用している画像の雰囲気をそれぞれの世代に合わせたり、広告文に「50代注目!」などダイレクトに反映させることが可能です。もちろん、Web広告は見た人に「自分のことだ」と思わせられれば反応率が上がる傾向にありますので、裏付けのある絞り込みは大変有効です。

性別

反応した人の性別もわかります。美容機器などの場合は、販促している商品から性別の予測がつくものがあります。一方で、ソフトウェアなど、販売している商品から性別の予測がつきにくいものもあります。こういったケースも広告文や広告画像の選定がしづらいですよね。性別がわかることでこういった問題をクリアすることができます。

居住地

居住地もターゲティングの絞り込みに非常に有効な情報です。「神奈川にお住まいの形注目!」などのフレーズでユーザーの注意を引くことが可能になります。

2.キャンペーンに使える

Facebook広告で入手したデータを使って、販促キャンペーンを企画することが効果的です。例えば、ある条件での割引で集客を狙うキャンペーンを作ってみましょう。「20代女性の会員様限定!24時間以内にこちらの商品をご購入いただけた場合は、30%OFF!」など、Facebook広告から得られたデータを組み合わせて、より絞り込んだターゲティングで販促を行うことができます。

キャンペーンで狙っていく世代ですが、1つポイントがあります。それは「クリックされるが、成約に至らないターゲット」です。

成約に至らない理由にはさまざまなものがあります。商品価格かもしれませんし、商品の認知度かもしれません。いずれにせよ、期間限定の割引体制を用意することで、購入への垣根を下げることができれば、成約が発生するチャンスは十分にあります。

一度購入してもらえれば、商品認知の問題はクリアでき、リピーターになってくれるかもしれません。商品価格が問題だったのであれば、なおさら購入可能性は高まります。さらに、割引の条件が自分の当てはまれば当てはまるほど、キャンペーンの存在への「お買い得感」が高まり、購入する意欲も高まります。

3.新商品企画や事業・メディアに展開できる

Facebook広告で得られたデータを元にユーザーの新しいニーズを開拓することができれば、さまざまな可能性が広がります。ある商品が若い世代に支持されていることがわかれば、安価モデルを出して、さらに購入しやすいモデルを出すことで売上が増える可能性があります。もしくは、高級モデルを用意して、上の年齢層に訴求することも可能かもしれません。

まとめ

Facebook広告を出すメリットは、収集できるデータ量とそれを活かして展開できるキャンペーン、新商品の可能性です。Facebook広告はデータ収集ツールとしても独立した価値を持っています。ぜひ活用を検討してみてください。


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP