iPadでお絵かきができるってホント!?液タブと比較


最近Apple Pencilの発売によって、Appleでもきれいな絵がかけるようになりました。実は、iPad Proと液晶タブレットは性能がほぼ変わりません。その為、用途によってiPad Proが向いているか液晶タブレットが向いているかが大きく別れます。
今回は、iPad Proと液晶タブレットの特徴について比較しどのような人がどちらに向いているかを紹介したいと思います。

なお、Apple Pencilは「iPad Pro専用」の機器であることには注意が必要です。iPad ProではないiPadにApple Pencilを使っても全く反応しません。

 

iPad Pro

 

今回はiPad ProとApple Pencilを同時に使うという想定で特徴やメリットを書いていこうと思います。この2つの端末の合計価格は、80,600円~となります。ペンタブレットとして考えるならば、比較的安い価格であるといえます。

特徴

 

iPad Proの魅力は、軽さと万能性にあるといえます。iPad Proは一番重いモデルでも重さが666gです。液晶タブレットの多くが1,200gであることを考えるとiPad Proはとても軽いデジタルイラストのツールとなります。このためiPad Proはかなり携帯性に優れています。毎日手軽に持ち歩いて気が向いたときに絵を描くといった使い方が可能です。また、タブレットとして普段使いできることも魅力の一つです。

しかし、iPadは専用のアプリしか使えないこと、拡張子がわからないことがデメリットとして挙げられます。その為、画像素材を作るときや、特定のお絵かきソフトを使いたいというニーズには答えにくいといえるでしょう。
iPad Proが向いているユーザーは、自分の思いついたアイデアをすぐ形にしたい人や外でデジタルイラストを書きたいと思う人であるといえます。

 

液晶タブレット

 

液晶タブレットは、OS搭載のモデルと搭載されていないモデルがあります。搭載されていないモデルは88,560円~となります。やや高く感じますが、iPadに比べて割引されるケースも多く、iPadよりOSが搭載されていない液晶タブレットのほうが安く購入できるケースもあります。

特徴

 

液晶タブレットの最大の特徴は、パソコンと同期してもタイムラグが少ないことです。ペンにボタンがついているため、そのボタンをうまく活用することで作業が効率化できることも魅力の一つといえるでしょう。また、PCのイラストソフトを扱えるため、今までデジタルイラストを板タブで描いてきた人であればツールが変わらないのは大きなメリットです。タブレットの大きさのバリエーションも豊富なため自分の作業にあった大きさを選ぶことができます。
しかし、液晶タブレットは値段が全体的に高価であり、更に有料のイラストソフトは1万円以上するため、液晶タブレットを導入する初期投資はかなり高額になります。プロ向けの製品といえるでしょう。

液晶タブレットが向いているユーザーは最初から最後までじっくり作り込みたい、細かいところまでこだわりのある人といえるでしょう。

 

まとめ

 

iPad Proは発売されてから間もないため対応しているアプリケーションも今はまだ少なく、液晶タブレットと住み分けができている状態です。しかしながら、これからアプリケーションが増えていくにしたがってどう液晶タブレットやiPadが変化していくかはぜひ注目していきたい点ではあります。みなさんも、新しいお絵かきツールの選択としてiPad Proを視野に入れてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP