HomePodとHomekitが実現するスマートホームの世界


iOS10から導入されたHomeKitを使えば、今話題のスマートホームを実現することができます。そして、日本ではもう少し先になりますが、アメリカでもうすぐ発売となるHomePodによってHomeKitが盛り上がり、対応機器がもっと増えて、新しい生活が送れるようになるかもしれません。

 

 

外部からのHomeKitのコントロールに必要なハブ

 

HomeKit単体では家庭内ネットワークでしか家電のコントロールを行うことができません。
外部からな役割を担うのがハブとしてのHomePodやAppleTV、iPadなどです。

特に高音質なストリーミング音楽再生デバイスとして発売が待たれるHomePodはHomeKitの普及の加速に一役買う役割を期待されているのです。

 

 

手始めは照明のコントロール

 

スマートホームといえば、音声で照明をつけたりテレビをつけたりすることを思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。もちろんHomeKit対応機器で照明をコントロールすることができます。

・Philips Hueシリーズ
PhilipsのHueシリーズは、いち早くHomeKitに対応した照明機器です。スターターキットに含まれるハブを使えば50個までの電球をコントロールすることが可能で、電球型のAmbianceランプA19は、50,000色以上から好きな発光色を選ぶことができ、気分や時間によって照明の明るさだけでなく色までも変更することが可能です。

他にも、間接照明に使えるLEDテープ型のLightstrip Plusや壁のコンセントに直接設置するタイプの照明などのラインナップがあります。
照明に関しては、複数の照明をプリセットして同時にコントロールすることができるので、HomePodに「就寝時の明かりの設定」や、「映画鑑賞の明かりの設定」などを指示すれば、自動で設定した明かりに変更してくれます。

 

 

Homekit対応の家電製品

 

HomeKitに対応した家電製品も存在しています。HomeKitのMFI認証に必要なセキュリティチップの搭載の為、価格通常のものと比べて高くなってしまうのが難点です。

・デロンギオイルヒーター
現在のところ日本でHomeKitに対応している家電は、デロンギのオイルヒーター「マルチダイナミックヒーター」のみです。ちょっと寂しいですが、SiriやHomePodから就寝前に部屋を暖めておく命令を出すことが可能です。

・Koogeekスマートコンセント
Koogeekのスマートコンセントなら、HomeKitからコンセントの給電のオン・オフが可能です。
スイッチやリモコン操作が必要な家電には対応できませんが、デスクライトや加湿器のような簡単なものであればコントロールすることができます。

・HomeBridge
HomeKitに対応した家電製品は少ないのですが、HomeBridgeを利用すればAmazonのAlexaなどに対応した機器をHomeBridge経由で操作することが可能です。例えば液晶テレビやルンバの最上位機種をコントロールできるようになります。

 

 

留守番カメラやセンサー類

 

Homekit対応のカメラを使えば、留守中の自宅を確認することができます。ペットや子どもの様子を外出先から確認することが可能です。

・D-Link Omna 180 Cam HDカメラ
Omna 180 Camは、HD画質で180度の画角で部屋を一望することが可能ですし、夜も赤外線ライトを使ったナイトビジョンを備えています。iPadやiPhoneを使って外出先からカメラを自由にコントロールすることも、内蔵のモーションセンサーを使用して外出中に動いたものがあった場合録画してユーザに通知することも可能です。

 

 

センサー類

 

HomeKit対応のセンサー類を使えば、家の状況がどうなっているかのモニタリングができることはもちろん、センサーをトリガーにしてHomekit対応機器を動かすことも可能です。

・環境センサー
Elgatoの環境センサーは、室内の温度、湿度、気圧などのモニタリングしてくれます。室内環境はSiriやiPadなどでモニターできますし、特定の条件で他の家電を起動するということも可能です。

・モーションセンサー
Elgatoのモーションセンサーは、部屋に人がいることを認識してくれます。このセンサーとHueなどを連動させれば、部屋に帰ると電気が点灯するというようなことも可能です。

Elgato Eve Door & Window Wireless Contact Sensorは、ドアや窓が開いているか閉まっているか、どれぐらいの時間開いているかなどをモニターすることが可能です。
どのように使うかは、あなた次第です。

 

 

まだ少ない対応機器、今後に期待

 

HomeKit対応の機器は日本では今の所、本当に数えるほどしか販売されていません。
アメリカでは、もっと多くのHomeKit対応の機器が販売されています。今後、日本でHomeKitが盛り上がるためにはもっと多くの対応家電が発売されることが必要です。HomePodが日本で発売される来年には、HomeKit対応機器が増えているといいですね。

 

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

  1. LA
we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP