1. HOME
  2. ブログ
  3. MicroStationとは?その機能や関連サービスをご紹介

MicroStationとは?その機能や関連サービスをご紹介

ベントレー・システムズが開発した3DCADソフトのMicroStation(マイクロステーション)は、海外での運用事例が豊富で様々な分野で活躍する製品です。日本での導入事例はまだまだ少ないですが、今回はMicroStationのポテンシャルについて、ご紹介していきます。

目次:
①MicroStationとは
②MicroStationの機能
③MicroStationの関連サービス
④MicroStationの導入事例

MicroStationとは

MicroStationは、建築・土木向けに開発された3DCADソフトの一種です。
建物のモデリングにはもちろんのこと、道路や橋梁、空港などの設計にも強みを発揮するため、BIMとCIM両分野での活躍を期待する事ができる製品に仕上がっています。

データ駆動型のBIM対応モデルを提供

MicroStationが特徴とするのは、データ駆動型のBIM対応モデルの生成です。
今日の建設業界では欠かせないBIMモデリングにデフォルトで対応しており、チーム内での円滑な情報共有、および作業の遂行を促す事が可能です。
また、分野を横断したBIMモデルの運用にも対応が可能で、異なる部署間の設計やモデルの共有においても強みを発揮します。

チームが違えば異なる規格のBIMモデルや形式でのやりとりが発生し、余計に作業時間を必要とするケースもあったものです。
しかしMicroStationを利用すれば、包括的なモデリングプラットフォームを運用する事が可能になります。
共通のワークスペースを使ってモデリングを行うため、最適化作業に苦しめられる心配もないでしょう。

リアリティを追求したモデリング

MicroStationを活用したモデリングにおいては、外部情報を積極的に取り入れてリアリティを高める技術が実現しています。
メッシュや画像情報、ポイントクラウドにGISデータなど、多くの情報を背景にした3Dモデリングを実施する事ができます。
シミュレーションにおいても高い精度の結果を出せる、リアリティあるBIMモデル生成が可能です。

MicroStationの機能

MicroStationにはいくつかの特徴的な機能が存在しています。
これらの特徴を押さえておく事で、必要な際に機能を生かしたプロジェクトの進行が実現します。

地理情報に最適化されたモデリング

MicroStationでは様々な情報に配慮したモデリングが行えますが、中でも特徴的なのが地理情報への最適化です。
現地調査などから取得したGISデータをモデリングの際に読み込ませる事で、土地の情報に最適化されたモデルの作成を行う事ができます。

建築やインフラ整備は、単にものを作れば良いという事ではなく、いつまでも使用可能な信頼性も担保する必要があります。
そのためには土地の状況に応じた建物を建てる必要があるのですが、MicroStationではモデリングの際に地理情報を読み込ませ、土地に合わせたモデル作りをサポートしてくれます。

アニメーション・レンダリング作成

3DCADデータにとどまらず、レンダリングをMicroStation内で実行し、CGデータとしての運用も行えます。
豊富なテクスチャをオンラインライブラリから好きなように引っ張ってくる事が可能です。これまでは別のソフトなどを必要としていた人にとっては、大きな作業軽減効果を期待する事ができるでしょう。

また、設計モデルや運用モデルを使ったアニメーションにより、正確なシミュレーションを実行することもできます。
リアルな情報をもとに作られたシミュレーションにより、視聴者にはわかりやすく、そして説得力を持って伝える事ができるようになっています。

リアルタイムでの共同作業

MicroStationでは、チームでの作業を全て同じプラットフォームの中で完結する事が可能になっています。
そのため、これまでの業務フローに大きな支障をきたす必要がないだけでなく、情報共有も迅速に行い、データの整合性の確保も簡単に行えます。

また、オンライン環境では他の人の設計状況をリアルタイムで確認できる管理機能も利用する事ができます。
変更箇所の追跡なども自由に行えるため、これまでの業務フローを維持しながら、業務効率化を促す事が可能です。

MicroStationの関連サービス

MicroStationは単体でもその力を十分に発揮しますが、関連サービスと合わせて利用することにより、さらにそのパフォーマンスを高める事が可能です。

MicroStation PowerDraft

MicroStation PowerDraftは、どんなプロジェクトの製図であっても、設計や文書化を進める事ができる便利な製品です。
多機能で性能にも優れるツールの数々を使い、2D設計を作成、および文書へ書き起こす事が可能です。
また、作成した2Dモデルをそのまま3Dに生成することも実現しているので、作業負担を大きく軽減する事ができます。

DWGやポイントクラウド、SHPなど様々な図面を取り込めるため、チーム単位での円滑な情報共有にも役立ちます。

Bentley View

Bentley Viewは、無料でモデルを閲覧できる便利なCADビューアです。
オブジェクトの検索や面積などの数値測定、尺度に合わせた図面の印刷など、正確性が要求される現場でも活躍してくれるでしょう。

ポイントクラウドにDGN、i-modelなど、50を超える形式に対応しており、価格も無料という事で、多くの企業が導入しているビューアの一つです、

MicroStationの導入事例

最後に、MicroStationを実際に導入している事例について、海外のプロジェクトを参考に確認していきましょう。

イタリア南部の鉄道インフラ統合

イタリアのナポリ-バーリ路線を走る、150キロメートルにも及ぶ大量輸送鉄道は、鉄道インフラを統合して欧州横断ネットワークの一部に参画する事が決まりました。
複雑な地形や地質を読み取り、正確なトンネル構成を作成しなければならない局面で利用されたのがベントレーの製品です*1。

MicroStationやOpenBuildings Designerを活用してBIMデータを生成し、設計の品質向上だけでなく、複数の分野に跨っても混乱を生まない、信頼性の高いモデルの作成に貢献しました。
その結果、ナポリとバーリの二地域を走る列車は、最大で数時間の短縮が可能になったのです。

コンゴ民主共和国の硫酸工場

アフリカのコンゴでは銅の採掘、精製が主な産業となっていますが、それを支えているのが採掘に欠かせない硫酸の存在です。
新たの工場の建設にあたって、請負業社であるHatchは設計データをBIM化し、デジタルツイン環境を整備する事で、ワークフローの最適化を進めました*2。

その結果、世界のエンジニアリングオフィスと現地の情報共有が円滑化し、業務のペーパーレス化、オートメーションの積極的な導入の実現により、建設コストの低下と作業効率の向上を実現しました。

おわりに

MicroStationとそのほかの関連サービスはすでにヨーロッパや中国地域において、いくつものプロジェクトで実績を残してきた信頼のおけるサービスです。
日本での実績は少ないものの、世界標準の機能性を備えており、十分に国内でも活躍を期待できるでしょう。

 


建設・土木業界向け
5分でわかるCAD・BIM・CIMの
ホワイトペーパー配布中!

CAD・BIM・CIMの
1データ活用方法
2主要ソフトウェア
3カスタマイズ
4プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中



CONTACT

株式会社キャパでは、CADの開発・改善について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日

 


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!

・Twitter



・Facebook

キャパFacebookページへ

出典:
*1 ベントレー「Italferr S.p.A.イタリア南部の高速・大量輸送鉄道、ナポリ-バーリ路線」
https://www.bentley.com/ja/project-profiles/2019/italferr_napoli-bari-route
*2 ベントレー「Hatch コンゴ民主共和国の硫酸工場」
https://www.bentley.com/ja/project-profiles/2019/hatch_sulfuric-acid-plant-drc

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP