GeneXusとAzureの連携 ~パブリッククラウド編~


こんにちは、キャパの宇留賀です。

GeneXusで作ったシステムをAzureに乗せてみました。

Webの開発に携わると、運用環境はイントラだったり、クラウドだったり、プロジェクトによって様々ですよね。
ましてやプロジェクトに参画したとき、その環境は既に出来上がっていることがほとんどだと思います。
私が実際に携わったプロジェクトは全てそうでした。

ただ、そんな私がゼロからクラウド環境を作ってしまったのです!!

というわけで、GeneXusからAzureにデプロイする方法をご紹介します。

■Azureサイド
1.Azureにクラウドサービスを構築します。
2.AzureにSQLデータベースを構築します。

詳しくはこちら!!

■GeneXusサイド
1.データベースの接続設定を変更します。
genexus_sqlserver_setting
2.Azureにデプロイする設定をウィザードに従って入力します。
genexus_deploy1
genexus_deploy2
詳しくはこちら!!

※実際に私が行った方法は別途詳しくアップさせて頂きたいと思います。

ほんとにこれだけでできてしまうから驚きです。
これでパブリッククラウドのサービスを作ることができました。

ただ、社内のシステムだったり、基幹系のシステムは外部に公開したくない情報盛りだくさんですよね。
ということで次はVPNを用いたプライベートクラウドに挑戦します!!


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP