Autodesk ForgeのAPIについて その1


今回から2回に分けて、Autodesk Forgeの各APIについてご紹介します。

Autodesk Forgeには以下のAPIがあります。

  • Viewer
  • Model Derivative API
  • Data Management API
  • Design Automation API
  • Reality Capture API
  • BIM 360 API
  • Authentication

Viewer

さまざまなフォーマットのCADファイルをWebブラウザで表示します。
ViewerでCADファイルを表示するために必要なものは、WebGL対応のWebブラウザだけです。
他には何もインストールする必要はありません。
そのため、AutoCADなどのAutodesk製品がインストールされていないパソコンや、iPadなどのスマートデバイスから、標準のWebブラウザを使うだけでCADファイルを見ることができます。

ViewerはJavascriptでカスタマイズすることができ、独自機能を追加することができます。
たとえば、IoT機器から取得した情報を表示したり、モデルの属性情報を取得して他のシステムと連携して利用するなど、標準ではできない機能を実現することができます。
なお、Viewer自体はWebアプリを構成するための1つのコンポーネントとして提供されています。
そのため、Viewerの外に一般的なWebアプリで使用しているリストやボタン、フォーム等を配置することができ、自由に機能を作ることができます。

その他にも、Viewerに表示で用意されている拡張機能を使うことでCADデータをVR表示することも可能です。

Model Derivative API

クラウド上でCADファイルを他のフォーマットのファイルに変換します。
たとえばInventorで作成したIAM、IPTファイルをIGESやSTEPなどに変換することができます。

Model Derivative APIはViewerで表示するためにSVF形式のファイルに変換するためにも使用します。
Autodesk製品以外にも対応しており、CATIA形式のCADデータである、CATPRODUCT、CATPARTなども変換元データとして対応しています。
そのため、CATIAなどのAutodesk製品以外のCADで作成したデータをViewerで表示することもできます。

Data Management API

A360、Fusion 360、BIM 360とForgeネイティブとして使用できるObject Storage Service(OSS)のデータを管理します。
このAPIを使うことで、A360に保存したファイルやFusion 360で作成したファイルをForgeのAPIからアクセスできるようになります。
また、Design Automation APIを使用して作成したCADデータを、A360に保存する、というような使い方が可能です。

CONTACT

株式会社キャパでは、CADの開発・改善について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP