Chromecastの後継機種 Googleの「Sabrina」とは


2020年春から続く新型コロナウイルス感染拡大防止のためのステイホーム期間、おうちで映画や動画を楽しんだ人も多かったのではないでしょうか。
自宅で映像コンテンツを楽しむといえば、過去はレンタルビデオ、今は動画のストリーミングサービスという方も多いと思います。
パソコンやスマートフォンで手軽に楽しく見られる動画サービスですが、やはりリビングのソファーに座って大きな画面で楽しみたいというニーズは根強くあります。
そんな、ステイホームの楽しみをより充実させてくれる、自宅のテレビでかんたんに好きな動画を見ることができるTVサービスデバイスの新商品がこの夏発表されそうです。
今回はGoogleの提供するTVサービスについて、そして新機種「Sabrina」の機能をまとめて紹介します。

この記事でわかることは以下の3つです。
・GoogleのTVサービス「Chromecast」について
・「Sabrina」の主な機能
・他のTVサービスとの違い

GoogleをTVで楽しむ!「Chromecast」とは

Googleの動画配信サービスといえばYouTube。動画配信サービスの中でも圧倒的な知名度で「YouTuber」といった職業まで生み出し、小学生の憧れの的ともなっています。
しかし、YouTubeはインターネット経由で見るというインタフェースです。
豊富な動画の中からお気に入りを見つけるためにはリンクURLを貼りつけたり検索を行うなどで視聴者が文字を入力する手間が必要です。
いくら高画質で美しいディスプレイ搭載のパソコンであっても、たいていの場合テレビよりは大きくありません。
そこで、好きな動画をテレビの大画面で見たい、というニーズを満たすのがGoogleのTVサービスです。
「Chromecast」という小さなデバイスをテレビのHDMI端子に接続すれば、すぐにテレビでインターネット上の動画を見ることができるようになります。
Chromecastとはインターネットコンテンツをテレビに「キャスト(投じる、流し込むの意)」するデバイスです。
簡単なセットアップでChromecastと手持ちのスマートフォン・タブレットが連携でき、動画の操作は手元の端末でスムーズに行うことができます。

Chromecastを使って楽しむことができるのはYouTubeだけではありません。アプリストアのGoogle Play、WebブラウザChrome などを使うことができ、お気に入りの映画やテレビ番組、Webサイトにアクセスすることができます。
それらによって世界中の200,000 個以上のコンテンツ、音楽ならば3,000万曲を超える楽曲、ラジオ、スポーツ、ゲームなども楽しむことができるのです。(1)
GoogleのクラウドゲームサービスStadiaとも連携でき、専用のゲームコントローラー(別売り)を使えばテレビで本格的にゲームを楽しめます。
価格は、スタンダードモデルのChromecastは5,072円(
2)、Chromecast Ultraは9,900円(*3)となっています。

最新機種「Sabrina」とは

Chromecastには「Chromecast Ultra」という上位モデルがあり、こちらではさらに高画質な4KコンテンツやHDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツをキャストできます。
このChromecast Ultraデバイスは2016年11月にリリースされており、その後新機種は発表されていませんでした。
しかし、この2020年上旬、とうとう最新機種がリリースされるという情報が海外のテック系ニュースサイト「9TO5Google」「XDADevelopers」で報じられました。

その新機種名が「Sabrina」であると言われています。

「Sabrina」に関するGoogleからの公式な声明は2020年7月21日現在まだ出ていませんが、それらニュースサイトでは、その見た目や機能についてレポートしています。
それらをまとめて紹介します。

Sabrinaの主な機能

・Chromecast Ultraの後継としてのキャスト機能
Sabrinaは、Chromecastシリーズと同様にテレビにつないで動画やインターネットアクセスを提供するデバイスです。
現在、Googleはスマートテレビ向けの「Android TV」というプラットフォームを提供しています。
これはAndroid OSを使ったプラットフォームで、インターネットとテレビをリンクさせて使うことのできるアプリです。
テレビ側ではSONYの「BRAVIA」やSHARPの「AQUOS」といったメジャー機種が対応しています。
SabrinaはこのAndroid TVをそれ自体に搭載しており、スマートフォン・タブレットからキャストしなくても単体でWeb上のコンテンツを楽しめるようです。

・リモコン機能
Chromecastシリーズにはこれまでついていなかった、デバイスとしてのリモコンを有しています。
キャストデバイスはChromecastと同じようなサイズで、それと別にいくつかの丸いボタンのついたコントローラーが付属するようです。
ボタンには、「ボリューム」「再生/停止」「ホーム」「お気に入り」「Google アシスタント」のアイコンが描かれており、操作をこれ一つで行うことができます。

・音声認識機能
リモコンにはマイクが搭載されており単体でGoogleアシスタント機能を使うことができるようです。
GoogleアシスタントはGoogle開発のAIで、音声で話しかけるとその言葉を理解してさまざまな操作を代わりにやってくれます。このアシスタントがいれば、手元でリモコンやスマートフォンをピッピッと操作しなくても、ただ「〇〇を流して」というだけで動画再生が始まるでしょう。
これまでのChromecastシリーズでは、スマートスピーカーやGoogleアシスタントアプリとの連携によってアシスタント機能を使うことが可能でした。
それもリモコンのボタン一つで行えるようになるということです。

他のTVサービスとの違いは?

GoogleのTVサービスとよく比較されるのは、AppleのApple TV、AmazonのFire TVでしょう。
簡単にその機能差をまとめてみます。

Apple TVの主な機能

「Apple TV」はAppleが提供するストリーミングサービス「Apple TV+」と連携できるキャストデバイスです。
同名でアプリも存在します。
キャスト機能では、連携サービスの動画や音楽、インターネットコンテンツ、ゲームのキャストを行えます。
「Apple TV 4K」モデルならば4KコンテンツHDRコンテンツにも対応しています。
リモコンにはAppleのAIであるSiriが搭載され、音声での操作もできます。
また、純正アクセサリが豊富で、AirPodsや専用マウント、ワイヤレスゲーミングコントローラー等があります。
価格は、「Apple TV HD」モデルで15,800円~です。(4)
「Apple TV+」サービスは月額600円です。(
5)

Fire TVの主な機能

Amazonのプライムビデオコンテンツを観ることができるデバイスです。
キャスト機能ではAmazonプライムビデオ、連携アプリの動画やゲームもキャストできます。「Fire TV 4K」モデルならば4Kコンテンツ、HDRコンテンツにも対応しています。
リモコンはもともと付属しており、リモコン単体での音声操作も可能。音声によってAmazonのAIであるAlexaを呼び出して使うことができます。
「Fire TV Cube」という四角い箱型の製品モデルがあり、これはリモコンもいらず音声操作のみで音量コントロール、コンテンツコントロールができます。
年会費4,900円のAmazonプライム会員等の会員アカウントと連携し、音楽のストリーミングや動画視聴がスムーズに行えます。
価格は、スタンダードモデルの「Fire TV Stick」は4,730円~、「Fire Stick Cube」は14,980円~です。(*6)

リモコンがついたSabrinaは他サービスと比べて遜色なし!

これまでのChromecastはリモコンがなかったため、使い勝手という点でApple TV・Fire TVと差ができてしまっていました。
しかし、Sabrinaはリモコンがあるため、その差はなくなります。
他のサービスとどれを選べばいいかは、以下の要素で検討するといいでしょう。

・使いたいストリーミングサービスに合うか
・手持ちのスマートフォン、スマートスピーカー等の連携したいデバイス
・デザイン
・価格

Sabrinaの価格は未定ですが、Android TV搭載ということでこれまでのChromecastよりは高価格帯となることが予想されます。
今後のGoogleからの公式発表が期待されます。

記事内の情報は、すべて2020年7月21日時点のものです。

▽Google関連記事をチェック

GoogleがFitbitを買収?Apple Watchに対抗できるか

GooglePixel4はなぜ自社開発?スマホ参入の目的とは

Googleが開発したVR描画アプリ「Tilt Brush」で新感覚イラストレーション!

参考リンク
(1) https://support.google.com/chromecast/answer/2998336?hl=ja
(
2) https://store.google.com/product/chromecast?hl=ja
(3) https://store.google.com/product/chromecast_ultra_apps?hl=ja
(
4) https://www.apple.com/jp/shop/buy-tv/apple-tv-hd/32gb
(5) https://www.apple.com/jp/apple-tv-plus/
(
6)https://www.amazon.co.jp/Fire-TV-Amazon/b?ie=UTF8&node=3933930051

CONTACT

株式会社キャパでは、
IoT開発についてご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

 


関連記事一覧

BIM/CIM/CADホワイトペーパー

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP