1. HOME
  2. ブログ
  3. Apple Watch series 6にも搭載されたU1チップとは?

Apple Watch series 6にも搭載されたU1チップとは?

2020年9月のAppleイベントにて、Apple Watch Series 6が発表されました。
その内容をよく見ると、U1チップがApple Watch Series 6にも搭載されるとあり、業界関係者を驚かせました。
そこで今回は、U1チップとは何か、Apple Watchに搭載されることによってどう変わるのか、解説します。

この記事を読むと以下の3つのことがわかります
①U1チップについて
②Ultra Wide Band(UWB)が実現できること
③U1チップ搭載でApple Watchに期待されること

Apple Watch Series 6について

Apple Watchは、iPhoneとペアリングして使用するウェアラブルデバイスです。ペアリングすることでiPhoneの通知確認や操作をApple Watchから行えようになります。
まずは今回新しく発表されたSeries 6について、みてみましょう。

健康管理機能が拡充

Apple Watchには、以前からヘルスケア機能がありました。Series 6では、従来の心拍数や睡眠管理に加え、血中酸素濃度を計測できるようになり、健康状態を新たな角度から確認できます。
もちろん、以前から備わっている転倒検出機能もあります。着用者が転倒した際にApple Watchが手首を叩いて意識を起こしてくれたり、そのまま緊急通報へ連絡することもできます。

バッテリー機能が強化

Apple Watch Series 6では、バッテリー持続時間が延び、高速充電にも対応しました。
公式発表ではバッテリー持続時間は18時間となっていますが、実際に使ってみるとそれ以上の時間で使用可能なことが多く、体感としてSeries 5以前よりもバッテリーの持ち時間が長くなっています。さらに充電スピードも以前より高速化しており、Apple Watchでネックだったバッテリー機能が強化されたことになります。 *1

サイズは2種類、カラーは5種類

Apple Watch Series 6は、サイズ展開はSeries 5と同じ40mm/44mmの2種類です。
しかしSeries 6からカラーバリエーションが増え、従来のシルバー、スペースグレイ、ゴールドに加え、ブルー、レッドの5種類となりました。

U1チップとはなにか?

U1チップとは、Appleが独自に開発した無線チップです。
このU1チップがどのような特徴があるのか紹介します。

デバイスの正確な位置情報が把握できる

U1チップの最大の特徴は、「Ultra Wide Band(UWB)」という無線通信が使えることです。
元々軍事用レーダー技術であったUWBは、通信相手となるデバイスの位置を、数センチ程度の精度で特定できるといった特徴があります。 *2
UWBによって、無線通信での相手デバイスの位置をより正確に把握することが可能になるのです。

UWBはすでに様々な用途で利用されている

UWBは真新しい技術というわけではなく、商業用途や産業用途などにおいては以前から利用されてきました。
例えば、倉庫内の作業において、荷物にタグを付与すればUWBによって荷物の位置を追跡できるようなります。また、テレビなどにおいて、スポーツウェアに取り付けることでアスリートの位置をデジタル表示したりARによるリプレイ映像が可能になります。 *3
このように様々なシーンで活用されてきたUWBですが、U1チップは初めて一般消費者向け製品にUWB技術が搭載されたケースとなります。

U1チップはすでにiPhone 11/11 Pro以降に実装されている

実は、U1チップは11/11 Pro以降のiPhoneにも搭載されています。
ファイル転送機能のAirDropにおいて、UWBを活用してiPhone本体を向けた先にいる人が送信先の候補として優先的に表示されるようになっています。 *4
現時点では、UWBはAirDropの機能強化くらいにしか活用されていませんが、今後様々なデバイス通信において活用されることが期待されています。

U1チップ搭載Apple WatchはSeries 6だけ

Apple Watchには複数のモデルが販売されていますが、2020年12月時点でU1チップが搭載されているのはSeries 6のみです。
同時期に発表されたApple Watch SEなどは、U1チップは搭載されていません。

U1チップを搭載したApple Watchはどう変わるのか

現時点では、U1チップによってApple Watchに新たな機能が追加されたわけではありません。しかし、今後様々な展開が期待されています。
そこで次に、U1チップ搭載のApple Watchに期待されている具体例についてみてみましょう。

自動車のキーになる

U1チップによって、Apple Watchを身につけているだけで自動車に近づくとロック解除できるシステムが実現可能になります。UWBは他の無線通信技術よりも精度が高いため、Apple Watchをつけた人が自動車のどのドアに近づいたかを認識し、そのドアだけロックを解除するといったことができるのです。
AppleはすでにCarKeyという、iPhoneやApple Watchを自動車のキーとして使う機能を発表しています。当初はNFCベースでしたが、今後はUWBでの実現が期待されています。 *5
CarKeyとU1チップによって自動車のキーがデジタル化すれば、物理的なキーを持ち歩かないで済むだけでなく一時的なキーの譲渡も可能になるため、カーシェアなどの分野における実用化が注目されています。

忘れ物防止タグとしての機能

忘れ物防止タグとは、キーホルダーサイズのデバイスです。鍵や財布などの大切な持ち物に取り付けておくと、置き忘れて行こうとした際にスマホが鳴ったり、どこでなくしたかが調べられるようになります。
Appleからも忘れ物防止タグが販売されると噂されてきましたが、U1チップによってより現実味を帯びてきました。
鍵や財布はもちろん、リモコンなどついなくしがちなものにタグを付けておけば、U1チップを搭載したApple WatchやiPhoneによってすぐに見つけ出すことが可能になります。
他にも、子どもや高齢者にタグをつけておくことで、どこにいるかわかり、一定距離以上を離れたらアラームを鳴らすといったこともできます。
もちろん、iPhoneやApple Watchを無くしてしまった際にも、U1チップによってその在処が詳細にわかるようになります。
Apple WatchにはペアリングしたiPhoneを鳴らしてその位置を教える機能が以前からありますが、U1チップによって数センチ精度でその位置を特定できるようになります。
また逆に、iPhoneからApple Watchの位置を特定することも可能となるでしょう。 *2

AR機能の強化

UWBの高精度な位置計測機能によって、AR機能への応用が期待されています。
例えば、カメラを通して見るとU1チップ搭載デバイスの位置がバルーン表示されるなどといったことも可能になります。
友達のiPhoneやApple Watchをカメラ越しにバルーン表示することで、AR機能を活用したスポーツやゲームなどに応用できるでしょう。
さらに、近い将来発表されると噂されているARメガネへの展開も期待できます。ARメガネにもU1チップを搭載することで、ARメガネとApple WatchやiPhoneの位置関係が相互に認識できます。
先に挙げたバルーン表示がより広範囲で見れるようになるだけでなく、ARメガネのジェスチャーでApple WatchやiPhone上の操作も可能になるでしょう。

◆まとめ
今回は、Apple Watch Series 6に搭載されたU1チップについてや、U1チップによる今後の可能性について解説しました。
現時点では、まだU1チップによってどのような機能が実現されるかは発表されておらず、この記事で紹介した機能もあくまで一例に過ぎません。
しかし新しい技術によって、私達の生活がますます便利になることは間違いないでしょう。
iPhoneやApple WatchにU1チップが搭載されることで可能性は広がる一方なので、今後の発表に注目です。

 


建設・土木業界向け
5分でわかるCAD・BIM・CIMの
ホワイトペーパー配布中!

CAD・BIM・CIMの
1データ活用方法
2主要ソフトウェア
3カスタマイズ
4プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中


Bホワイトペーパー写真

CONTACT

株式会社キャパでは、アプリの開発・改善について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日

 


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!

・Twitter



・Facebook

キャパFacebookページへ

◆参考URL
*1 Apple Watch Series 6を推す理由–Apple製品の選び方2020~2021【AppleWatch編】 – CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35164413/
*2 Apple Watch Series 6に密かに仕込まれていた「U1チップ」の驚くべきポテンシャル(塚本昌彦) – 個人 – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/tsukamotomasahiko/20200917-00198654/
*3 独自の無線チップ「U1」がもつ知られざる価値:アップルの未来(6) | WIRED.jp
https://wired.jp/2020/06/21/u1-chip-future-of-apple-6/
*4 ASCII.jp:アップルiPhone今年の大注目は「U1チップ」
https://ascii.jp/elem/000/002/006/2006892/
*5 iPhoneが車のキーになるCarKey発表。シェアも簡単に、2021年のBMW車に搭載 #WWDC20 – Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/iphone-carkey-175552552.html

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP