1. TOP
  2. ブログ
  3. AutoCAD Plus 2023は何が変わった?特徴を解説

AutoCAD Plus 2023は何が変わった?特徴を解説

Autodeskが提供するAutoCADは、世界各国の企業や設計事務所などで導入されているハイエンドの2D・3D CADツールです。高い評価を集めている理由には、その豊富な機能性や操作性もさることながら、定期的なアップデートによってさらなる機能改善も行われる点が挙げられます。

今回は、そんなAutoCADの最新モデルであるAutoCAD 2023、およびAutoCAD Plus 2023について、従来のモデルとどのような違いがあるのかに注目しながら、詳しい特徴を解説します。

目次:

  1. AutoCADとAutoCAD Plusの違い
  2. AutoCAD 2023の特徴
  3. AutoCAD Plus 2023の特徴
  4. AutoCAD Plus 2023の導入を検討すべきケースとは

AutoCADとAutoCAD Plusの違い

AutoCADは通常のAutoCADと、AutoCAD Plusという2種類のバージョンが存在します。両者を大きく隔てている点は、含まれているツールセットにあります。

AutoCADは汎用性の高いCADソフトであり、2Dと3Dの両方に対応しています。ただ、あらゆる業種に対応するべく、特定の領域における専門的な性能においては他の製品に見劣りすることもあり、全ての業務に対応できるわけではありません。

一方のAutoCAD Plusは、そんなAutoCADが器用貧乏となるリスクを回避できるよう、専門領域で活躍する各種ツールセットを備えているのが特徴です。

例えば建築部門に特化したライブラリや機能を搭載したArchitecture ツールセットは、8,500 点以上の建築コンポーネントのライブラリを備え、建築業界に特化した業務効率化を実現します。あるいは機械や電気、配管といった領域に特化したMEP ツールセットも、10,500 点を超えるMEPオブジェクトを使用し業務遂行を力強くサポートします*1。

AutoCAD 2023と併せてAutoCAD 2023 Plusが発表されていますが、AutoCADに追加された新機能はもちろん、AutoCAD Plusでしか使えないものも登場しています。後ほどご紹介する新機能をフル活用したい場合には、AutoCAD Plusの導入を検討しましょう。

AutoCAD 2023の特徴

ここからは、新たに発表されたAutoCAD 2023の特徴について、主な機能を順番にご紹介します*2。基本的には既存機能の強化にとどまっており、従来の機能をより便利に活用できるアップデートが行われました。

Web用シートセットマネージャ

Web用シートセットマネージャは、Autodeskのクラウドプラットフォーム「Autodesk Docs」との送受信を効率化するための機能です。従来よりもシートセットを素早く展開できるようになり、チーム内のメンバー間の情報共有速度を高め、精度が高く迅速なプロジェクトの遂行を促します。

トレース

AutoCADとは別途提供されているWebアプリ、およびモバイルアプリの活用は、就業環境を問わないAutoCADの活用を促すとして高い評価を得ています。

今回強化されたトレース機能を活用することで、既存の図面を変更することなくこれらのアプリから設計変更の注記やマークアップが行えます。

グラフィックス

3D CADには欠かせない、高度なグラフィック処理もAutoCAD 2023にて強化されました。エッジのあるシェーディング、ワイヤフレーム表示スタイルを使用する際に、従来の10倍の速度でレンダリングが行えるようパフォーマンスの改善が行われています。

AutoCAD Plus 2023の特徴

AutoCAD Plusでは、通常のAutoCAD 2023では利用ができない新たな機能が複数実装されています*3。

マークアップ読み込み・マークアップアシスト

AutoCAD Plusの目玉機能の一つとなるのが、マークアップ読み込みとマークアップアシストです。これはプロジェクトのフィードバックを迅速に共有し、現在の設計業務へいち早く反映することをサポートできる機能です。

建設業界に多くみられますが、設計図面を現場でフィードバックした場合には紙媒体経由で内容が共有される場合も多く、デジタル化して設計部門に送り返すという作業はやや時間がかかります。

ところがマークアップ読み込み機能を活用することで、PDFや印刷物のフィードバックをAutoCADのトレースとして読み込み、マークアップの検出とオブジェクト変換を行うことができます。またマークアップアシスト機能を利用することで、テキストやオブジェクトをクリック操作だけで簡単に追加できるようになるのも特徴です。

マイインサイト

マイインサイトは、機械学習のアルゴリズムを活用してピックアップされたインサイトを表示してくれる機能です。

プロジェクトを短期間で実行するためのヒントや機能の案内を必要なタイミングで表示してくれるので、初心者はもちろん、経験者が効率よく働くためのサポートが期待できます。

AutoCAD Web API

AutoCAD Web APIは、AutoCADが独自に提供するAPIのLISPを、Webアプリからでも利用できる機能です。これまでLISPの利用はソフトを導入しているPCからに限定されていましたが、この機能の追加によって、よりさまざまなシーンでのLISP活用が期待できます。

LISPコマンドを使った作業に慣れている人にとっては、嬉しいアップデートとなるでしょう。

AutoCAD Plus 2023の導入を検討すべきケースとは

上記のようにAutoCAD Plus 2023にはAutoCADにはないいくつもの機能を新たに利用できるようアップデートされました。AutoCADを導入すべきケースとしては、やはり通常のAutoCADでは不便を感じる場合が増えてきた時が挙げられます。

特に、Webアプリやモバイルアプリを頻繁に使うユーザーにとっては便利な機能が複数追加されたため、現在これらのアプリを活用している、あるいはこれから使用増加が見込まれる際にはAutoCAD Plusへの切り替えも選択肢に入れて良いでしょう。

まとめ

AutoCAD Plus 2023は、AutoCAD 2023には無い機能が複数実装されています。いずれの機能も革新的なものでは無いもののあると便利な機能群とパフォーマンス改善が行われているため、導入による恩恵は小さくありません。

CAD製品の新規導入を検討の際には、これをきっかけにAutoCAD Plusへの乗り換えも視野に入れておきましょう。

建築・土木業向け BIM/CIMの導入方法から活用までがトータルで理解できる ホワイトペーパー配布中!

❶BIM/CIMの概要と重要性
❷BIM/CIM導入までの流れ
❸BIM/CIM導入でよくある失敗と課題
❹BIM活用を進めるためのポイント
についてまとめたホワイトペーパーを配布中


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を随時更新しています!

参考:
*1 Autodesk「AutoCAD と AutoCAD Plus (AutoCAD including specialized toolsets) の比較」
https://www.autodesk.co.jp/products/autocad/compare
*2 Autodesk「AutoCAD2023の新機能」
https://www.autodesk.co.jp/products/autocad/features
*3 上に同じ

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP