1. TOP
  2. ブログ
  3. Pixel Buds ProとAirPods Proの比較ポイントとは?機能について紹介

Pixel Buds ProとAirPods Proの比較ポイントとは?機能について紹介

ワイヤレスイヤホンは、今やイヤホン市場においては当たり前となりつつある最新のイヤホンカテゴリですが、多くの人はAppleが展開するAirPods Proを愛用しています。

ただ、近年はApple以外のメーカーによるイヤホン開発も活況を迎えており、先日発売されたGoogleのPixel Buds Proについては、AirPods Proに劣らない、あるいはそれを超える性能を秘めているという声もあります。

この記事では、そんなPixel Buds Proの機能や、AirPods Proと比較してどのような違いがあるのかについて、解説します。

目次:

  1. Pixel Buds Proについて
  2. Pixel Buds Proの主な機能
  3. AirPods Proとの比較ポイント
  4. Pixel Buds Proに適した人とは?

Pixel Buds Proについて

Pixel Buds Proは、Googleが2022年7月に販売を開始した、最新のワイヤレスイヤホンです。価格は2万円台と、比較的高級な部類に入るワイヤレスイヤホンではあるものの、従来のGoogleが展開してきたワイヤレスイヤホン製品よりもはるかにグレードアップが進み、その使い勝手の良さから高い評価を集めています。

また、Google製のワイヤレスイヤホンということもあり、AndroidスマホやWindows PCとの相性の良さも大いに発揮します。これまでApple製品を使ってきたが、手持ちのハードがGoogle系列であるだけに不便を感じていた、という人にとってもインパクトの大きい製品です。

Pixel Buds Proの主な機能

Pixel Buds Proは、主に以下の機能を発揮することでユーザーの高い満足度を実現しています。

アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)

Pixel Buds Proの主役機能とも言えるのが、アクティブノイズキャンセリング(ANC)です。ANCは、外部から聞こえてくる低音をはじめとする、ノイズとして認識し得る音を集音し、それらに対してイヤホンから同じ周波数の音をぶつけることで、ノイズの軽減を図るという技術です。

Pixel Buds Proではそんな最新のノイズキャンセリング機能を搭載しているだけでなく、高いフィット感で効果的なノイズキャンセル効果をユーザーに提供します。

AAC接続

AAC接続とは、Bluetoothを使ったオーディオ接続方法の一種です。一般的なBluetooth接続の場合、その形式はSBCと呼ばれるものですが、AAC接続はSBCよりも高い音質を実現できるのが強みです。Pixel Buds ProはSBCではなくAAC方式を採用しているため、オーディオを楽しむ上で最適なイヤホンと言えます*1。

Bluetooth接続の場合、伝達情報のラグや品質低下が気になるところですが、Pixel Buds Proについては、音質面でのクオリティ低下を最小限に抑える努力が至る所に垣間見えます。

Googleアシスタントとの連携

Pixel Buds ProはGoogle製品ということもあり、対応スマホに接続することで、音声認識AIであるGoogleアシスタントとの連携が可能です。

Pixel Buds Proにはマイクが搭載されているので、Googleアシスタントを起動してアプリの起動や音楽の再生、天気予報などを音声で命令すれば、瞬時に情報を提供してくれます。

スマホやスマートスピーカーからしか入力ができなかったという人は、Pixel Buds Proの導入でより高度なユーザビリティを実現できるでしょう。

AirPods Proとの比較ポイント

Appleが提供するAirPods Proとの比較ポイントとしては、主に以下の点が挙げられます。

価格

最も大きな分岐点となるのは、価格です。現在のワイヤレスイヤホン市場において最も存在感のあるAirPods Proですが、その価格は3万円〜4万円台となっており、決してリーズナブルとは言えません。

一方のPixel Buds Proですが、こちらは公式サイトで2万3,800円と、AirPods Proよりも1万円程度安価な価格設定です*2。

それでいて基本的な性能はどちらにも大差がないので、価格の面ではPixel Buds Proに軍配が上がります。

カラーバリエーション

カラーバリエーションもPixel Buds Proが優勢と言えます。AirPods Proは白一色であるのに対し、Pixel Buds Proは黒、赤、白、黄色という四種類を展開することで、個性豊かなイヤホン選びが実現します。

自分で好きなカラーリングを選びたいという人にとっては、重要なバリエーションといえます。

バッテリー耐久時間

バッテリー耐久時間も、AirPods Proに比べてPixel Buds Proが得意とするポイントです。前者は連続使用の最大時間が3時間であるのに対して、Pixel Buds Proはノイズキャンセリングをオンにしても最大で7時間の対応ができます。

これまでバッテリーの耐久時間が短く、利用に当たって不満を覚えていた人にとっては、大きな解消ソリューションとなりそうです。

Pixel Buds Proに適した人とは?

上記の点を踏まえ、AirPods ProよりもPixel Buds Proを使うべき人を改めて整理しておきます。

連続使用時間が長い人

Pixel Buds Proを使うべき人の特徴として、連続での使用時間が長い人にはありがたい製品となります。

7時間のバッテリー耐久時間があれば、日頃からワイヤレスイヤホンを多用する人はもちろん、飛行機や新幹線のような、限られた空間で過ごす時間が多い人も困りません。

充電をしないまま長い時間を過ごさなければならないため、イヤホンをつけっぱなしにしていたら、いつの間にか電源が切れてしまうという人もいます。

7時間分のバッテリーを活用して、充電切れを回避しましょう。

Android製品を愛用する人

Pixel Buds ProはAndroid向けに開発されたイヤホンのため、iPhoneでは使いづらい場面もあります。多くの機能がAndroid OSを前提としており、互換性の問題に応えられないケースも考えられます。

これまでAndoroidケータイを使ってきたが、Apple製品との相性が悪くて思い通りに使えないと悩んでいる場合、こちらを活用すると良いでしょう。

コストパフォーマンスを優先する人

Pixel Buds ProはAIrPods Proに比べてリーズナブルなので、少しでも安いイヤホンを、最大限活用したいという需要にも応えます。

両者の性能差は特段大きくないので、AirPods ProでもPixel Buds Proでも良いという場合には、後者が選ばれるでしょう。

まとめ

ワイヤレスイヤホンはただ便利なだけでなく、多くの機能を備え、音楽の再生はもちろん、AI活用やビデオ通話にも活躍します。Pixel Buds ProはAndroid向けに開発されたこともあり、Apple製品を使っていない人にとっての「AirPods Pro」となるでしょう。

同製品のことをより深く理解するためにも、一度家電量販店などで体験してみることをおすすめします。

建築・土木業向け BIM/CIMの導入方法から活用までがトータルで理解できる ホワイトペーパー配布中!

❶BIM/CIMの概要と重要性
❷BIM/CIM導入までの流れ
❸BIM/CIM導入でよくある失敗と課題
❹BIM活用を進めるためのポイント
についてまとめたホワイトペーパーを配布中


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を随時更新しています!

参考:

*1 PC Watch「Google製「Pixel Buds Pro」レビュー。タッチ操作/ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤフォン」

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1428316.html

*2 Google「Google Pixel Buds Pro」

https://store.google.com/jp/product/pixel_buds_pro?hl=ja&pli=1

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP