1. TOP
  2. ブログ
  3. 未来の建設現場:AIとの共同作業で新しい可能性を探る

未来の建設現場:AIとの共同作業で新しい可能性を探る

未来の建設現場は、新しい技術と人間の共同作業によって変貌を遂げつつあります。その中核には、AI(人工知能)の活用があります。かつての建設現場は、手作業と危険な作業が多くありました。それに加え作業効率や安全性の問題が指摘されているのが現状です。

しかし近年、AIと機械学習の進展によって、建設現場のこれらの問題点が劇的に改善されつつあります。ドローンによる現地調査、ロボットによる精密作業、AIによる設計支援など、これらの技術は従来の方法に比べて効率的かつ安全に作業を進められる可能性を秘めています。

この記事では、未来の建設現場でのAIと人間の共同作業によって開かれる新しい可能性について具体例を出しつつ探ります。

この記事でわかること

・AIや機械の発展による建設業界へのメリット
・AIや機械の発展による建設業界への危機

建設業に限った話ではありませんが、危険なことが起こるのにはいくつか理由があります。
建設業において事故などの原因となる事象としては
・作業自体が危険なもの(火などの危険なものを使用する、大型の機械を使用する等)
・精神的なもの(納期が迫っている、作業が遅れている等)
・肉体的なもの(作業が立て込むなどして十分な休息が取れない)
・外的要因によるもの(足場が正しく組まれていない等)
等の原因が挙げられます。AIや技術の発展によりこれらの解決が図られる可能性があるとされています。

危険な作業をAIや機械が変わりに?

  1. 安全管理の革新
    建設現場は、従来から労働災害のリスクが高い場所とされてきました。しかし、AIを用いることで、危険予知や事故防止が現実のものとなっています。

例えば、センサーやカメラによって集められたデータをAIが分析することで、危険な状況の早期発見や予防策の提案が可能になります。さらに、ドローンを使った監視により、人間の目では見落としがちな場所のチェックも容易になります。

  1. 効率的なプロジェクト管理
    建設プロジェクトは、多くの要素が絡み合う複雑なプロセスです。

AIを用いることで、これらのプロセスの効率化が実現しています。予算管理、スケジュール管理、リソースの最適配置など、AIがリアルタイムに分析と最適化を行うことで、プロジェクトの遅延やコストオーバーを未然に防ぐことが可能になります。*注1

  1. 精密な作業の実現
    ロボットやAIが手がける建設作業は、人間には困難な精密な作業も可能にします。3Dプリンターを使用した建築物の構築や、ロボットによる溶接作業など、精度と一貫性が求められる場面での利用が進んでいます。

作業の手戻りが少なくなる

  1. クライアントとのコミュニケーションの強化
    AIとVRの組み合わせにより、クライアントとのコミュニケーションも一新されています。VRを使用して、建設プロジェクトの3Dモデルをリアルタイムで体験することが可能になりました。これによって、クライアントはプロジェクトの進捗を視覚的に把握し、具体的な要望や変更を容易に伝えることができます。

AIはこのフィードバックを分析し、即座に新しい設計提案を行います。この相互作用は、プロジェクトのクオリティとクライアントの満足度を高めます。*注2

  1. 設計プロセスの革新
    AIとの共同作業は、設計プロセスにも深く影響しています。BIM(Building Information Modeling)の活用により、3Dモデル上で設計から施工、管理までのプロセス全体をシミュレートすることが可能になりました。これにより、施工での手戻りが減り作業を順調に行えるようになりました。

この統合プロセスは、コスト削減、効率の向上、エラーの削減につながります。さらに、AIを用いた自動化により、膨大な選択肢から最適な設計を迅速に提案することも可能になっています。*注3

作業だけではとどまらない

  1. 環境との調和
    環境への配慮は、現代の建設業界では避けて通れないテーマです。AIは、人間より的確に環境に対する影響を最小限に抑える設計や施工方法の提案を行います。例えば、エネルギー効率の高い材料の選定や、再生可能エネルギーの利用計画など、持続可能な建設プロジェクトの実現に貢献しています。*注1
  2. 人材育成と教育の最適化
    未来の建設現場では、AIを活用した人材育成も進展しています。教育プログラムを個々の作業者に合わせてカスタマイズすることで、効率的なスキル習得が可能になります。また、VR(バーチャルリアリティ)を使ったシミュレーショントレーニングは、現場での具体的な状況を再現し、リアルタイムのフィードバックを提供します。*注4

これらの手法は、作業者がより迅速に、かつ安全に新しい技術を習得する助けとなるはずです。

AI導入によるデメリット

1.技術的な障壁
先端技術の導入には高いコストと専門的な知識が求められます。また、既存のシステムとの互換性の問題も発生する可能性があります。

2.業界への影響
AIとロボットの活用が進むことで、一部の従業員の仕事が自動化され、失業のリスクが高まる可能性があります。

技術的な障壁については、今後時間をかけることで取り除かれていくでしょう。

業界への影響として、作業が自動化されることによる人員の飽和が予想されますが、こちらについては、作業者の飽和は予想されますが管理者は不足することが予想できます。そちらに対しての人材の再教育は必要になるかとは思いますが、人が関わらない建設現場ができるのはまだ先の未来のように思います。*注1

まとめ
未来の建設現場でのAIと人間の共同作業は、安全管理の強化、プロジェクト管理の効率化、精密作業の実現、環境との調和など、多岐にわたってその可能性を開いています。これらの技術の進展により、建設現場は単なる「作業の場所」から、「創造と革新のフィールド」へと変貌を遂げています。

その一方で、新しい技術の導入は慎重な検討と実施が求められます。労働者の教育、データプライバシーの保護、技術的な挑戦など、未来の建設現場での成功にはこれらの課題を解決する必要があります。

しかし、AIと人間の共同作業によって、未来の建設業界は新しい水準のクオリティと効率性を追求する道が開かれています。人々の生活の質の向上、都市の持続可能な発展、作業者の安全と健康など、その恩恵は計り知れません。

建築・土木業向け BIM/CIMの導入方法から活用までがトータルで理解できる ホワイトペーパー配布中!

❶BIM/CIMの概要と重要性
❷BIM/CIM導入までの流れ
❸BIM/CIM導入でよくある失敗と課題
❹BIM活用を進めるためのポイント
についてまとめたホワイトペーパーを配布中

参考文献

*注1:Deloitte, “The future of the construction industry” 

The Future of the Construction Industry | Deloitte Global

*注2:McKinsey & Company, “The New Age of Engineering and Construction Technology,” 2017.

The new age of engineering and construction technology | McKinsey

*注3:Autodesk, “BIM 360 and The Future of Construction Project Management,” 2020.

Autodesk | 3D 設計、エンジニアリング、建設施工向けソフトウェア

*注4:AI Market: 建設・建築業界のAI活用事例6選!土木設計が変わる?【2023年最新版】

建設・建築業界のAI活用事例6選!土木設計が変わる?【2023年最新版】 – AI Market (ai-market.jp)

*注5:The World Economic Forum, “Shaping the Future of Construction: Inspiring Innovators Redefine the Industry,” 2017.

Shaping the Future of Construction: Inspiring innovators redefine the industry | World Economic Forum (weforum.org)

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP