実用例に見るGoogleのEddystone(ビーコン)普及の可能性


Eddystoneは、2013年に登場したAppleのiBeaconと同様に、BLE(Bluetooth Low Energy)の低電力パケット通信を使用したビーコンの規格で、2015年にGoogleから発表されました。
iBeconとEddystoneは、基本的に同じ技術を使用しており、にているようですが異なる点もいくつかあります。

2013年に発表されたにもかかわらず、普及が促進されていないiBeconにかわってEddystoneがビーコン技術において期待されています。

iBeaconとEddystoneの違い

iBeaconとEddystonの違いについて簡単におさらいをしましょう。

Eddystoneはオープンソース

Appleによって、ソースなどの情報が非公開にされているiBeaconと違ってEddystoneはオープンソースで公開されています。そして、ソースを変更して再配布することも可能です。
そのため、Eddystone自体を変更して企業が利用しやすくすることも可能なため、活発な開発が期待されています。

専用アプリ無しにビーコンを使用できるEddystone-URL

Eddystoneには3つの送信モードが存在します。
一つは、iBeaconとも互換性のあるEddystone-UID、これはビーコンからIDを送信し、それを受けたアプリがユーザに情報を表示させるというものです。専用アプリを使用する為、プッシュ通知を行うことも可能です。

もう一つは、Beacon自体がURLを発信するEddystone-URLです。
URLを配信するため、専用アプリは必要なく対応したブラウザ(Chrome)がインストールされていなくても利用することが可能です。専用アプリを使用しないので、敷居が低く、ビーコンが配信するWebサイトさえ持っていればビーコンを利用することが可能です。

ビーコンの出力を調整可能

Eddystoneのビーコンは、電波の出力を調整することによって、ビーコンを受信できる範囲を調整することが可能です。

Eddystoneの利用事例

それでは、Eddystoneが実際にどのように利用されているかを見てみましょう。

見本市、展示会での利用例

見本市や展示会では多くのブースが存在します。ブースの企業の情報などをEddystone-URLでビーコンから配信しておけば、ブースの訪問者はいちいち検索を行ったり、URLの入力やQRコードの読み取りを行う必要がなくなります。
ただし、ビーコンの出力は少なめにしておかなければ、たくさんのブースの情報が一度にユーザの端末に表示されてしまい、逆に混乱を招きます。

阿波踊りでの活用例

阿波踊りでは、Eddystoneのビーコンを連(れん)の提灯につけることによってユーザが近くにどの連がいるのか認識できるようにしました。
別途、連の位置情報を地図上に表示する機能提供することによって観光客により楽しんでもらえるように配慮したわけです。

ビーコンをうまく利用すれば、ユーザにリーチできるかも

このように、ビーコンを使えばユーザに検索などの手間をかけさせずに、自社サービスに誘導することが可能になるという点で期待されています。

ビーコンの活用例は、たとえばレストランモールに入っている店舗のメニュー情報を送信するであるとか、自動車ディーラーで展示している車の詳細情報のURLを送信するなど、さまざまな活用方法が考えられます。しかし、現在のところキラーアプリ的存在がないために、爆発的な普及には至っていません。

普及すれば10年に一度のブレイクスルーとなるといわれているPhysical Webを具体化し、実現するEddystoneがどうなっていくか注目していきたいですね。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP