深圳(深セン)が中国のシリコンバレーと呼ばれる理由とは


皆さんは、”中国のシリコンバレー”と呼ばれる深圳(深セン)をご存知でしょうか? 深圳を一言で言うと、中国南東部にある『ガラパゴス移民都市』であり、30年前までは何もありませんでした。そんな深圳が昨今テクノロジーの聖地と化し、ドローンやIoT、AIの製品を次々と世に送り出しています。今回は、自身の視察訪問の体験をもとに深圳の歴史から最新情報までをまとめた、深圳シリーズ記事第1弾をお届けいたします。

 

深圳の歴史と立地

 

冒頭に深圳は30年前まで何もなかったとお伝えしましたが、1980年に鄧小平(ドンシャオピン)の改革開放路線で宝安県を深圳市に昇格させ、深圳経済特区に指定したことが全ての始まりでした。 これにより、中国国内の労働者が深圳に集結し、広東省にありながら広東語ではなく中国語(マンダリン)が主に使われるガラパゴスな移民大都市がたったの30年で誕生したのです。

 

shenzhen2

秋葉原の30倍規模と言われる、深圳の電気街、華強北(ファチャンベイ)

なお、立地としては香港の北隣にあります。香港までは国境を越える必要がありますが、香港から地下鉄で気軽にに深圳(中国)に入ることができます。また、中国の新幹線、高鉄(ガオティエ)に乗ると、たったの30分で巨大都市・広州に移動することができるのです。

 

shenzhen3

深圳北駅⇔広州南駅を時速約300kmで繋ぐ高鉄

 

「一帯一路」と「PRD」

 

深圳は、中国の総書記である習近平(シージンピン)氏が進める中国式経済圏構想、”一帯一路”の最前線と言われています。視察訪問中に現在急ピッチで建設中の巨大大橋を垣間2つ見ることができました。1つ目は全長35km、香港空港からマカオ・珠海までを繋ぐ港珠澳大橋(Hong Kong–Zhuhai–Macau Bridge)、2つ目は深圳から広州にかけての巨大な橋です。

 

shenzhen4

電車内から撮影した建設中の港珠澳大橋

 

また、深圳を含むこのエリア一帯は”珠江デルタ”(Pearl River Delta:通称PRD)と呼ばれ、このエリアだけで6600万人の人口を有し、広州・深圳・マカオそして香港と巨大都市が数多く集まっています。最近の世界銀行のレポートによると、この珠江デルタは既に東京の経済規模を超え、イギリスとほぼ同じ規模にあたります。

また、英Economist紙のレポートでは、この珠江デルタの地理的サイズが中国の1%以下で、人口は全体の約5%にすぎないにも関わらず、中国全土の10%以上のGDPを生み出し、海外への輸出の約25%がこのエリアから生まれていると報じられています。同紙の特集では、ハードウェアに関して、米国シリコンバレーは珠江デルタよりも6〜7年遅れているとまで伝えています。

 

コピー製品量産の街からイノベーション都市へ

 

香港と広州という巨大都市を上下に抱え、世界にモノ・サービスを輸出するようになった赤いシリコンバレー、深圳はもはやイノベーション都市へと昇華したと言っても過言ではないでしょう。それでは、なぜ深圳が中国のシリコンバレーに君臨したのか、考えられる要因を3つ挙げたいと思います。

 

要因1:国際特許申請数の急増
まずはイノベーションに関連する特許にフォーカスを当てたいと思います。英Economist紙のレポートによると、2000年代の国際特許申請数は、1位米国、2位日本と圧倒していましたが、現在は中国が猛烈な勢いで追いついてきており、2017年中に日本は中国に抜かされ、第3位に下る可能性が高いと言われています。

要因2:深センの都市計画
1980年の改革開放により経済特区となって以降、様々な交通インフラの整備によって未来都市と呼ばれるまでに急成長したことも要因の1つではないでしょうか。香港と巨大消費都市広州までのアクセス・交流が劇的に改善したことで、各企業がグローバル展開しやすくなったのです。この流れは既述の港珠澳大橋が完成した際にさらに加速していくことでしょう。なお、この巨大大橋は今年、2017年内に開通予定です。

要因3:ビジネス生態系の変化
新しいモノとITの融合による革命を描く『MAKERS — 21世紀の産業革命が始まる』の著者、クリス・アンダーソン氏は2014年に深圳で開催された『メイカーフェアー深圳2014』にて、「20世紀は企業と企業、製品と製品の戦いであったが、今世紀は生態系と生態系の戦いになる」と述べています。実際に、シリコンバレーに拠点がある企業も、新たにプロダクトを作る時には深圳に泊まり込み、プロトタイプの制作、テスト、そして量産、発送を行っているそうです。

 

つまり、IoT等のモノに関するサービスを提供する会社が増えるに従い、シリコンバレーのみで開発を行っていた時代から、シリコンバレーと深圳の”2つの都市”でサービス展開を行う生態系に移行しているのです。結果として、深圳は”コピーの巣窟”から”モノのイノベーション都市”へと進化したのです。

 

まとめ

 

今回は中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳の簡単な歴史・地理・潮流についてご説明いたしました。深圳がイノベーション都市へと急成長できたのは、中国の政策と都市計画、ビジネス生態系の変化、そして香港・広州に挟まれた良好な立地、この3点が揃っているからなのではないでしょうか。21世紀にハイスピードでイノベーションを生む深圳が今後どのように世界にインパクトを与えていくのか、これからも目が離せません。なお、次回の深圳シリーズ記事第2弾では、具体的に視察した場所をご紹介していきます。

 

関連書籍紹介:
『MAKERS — 21世紀の産業革命が始まる』
『メイカーズのエコシステム ー 新しいモノづくりがとまらない。』

 

参照:
“What China can learn from the Pearl river delta”
“East Asia’s Changing Urban Landscape: Measuring a Decade of Spatial Growth”
“Shenzhen is a hothouse of innovation”
“深圳スタイル”

保存保存


関連記事一覧

  1. 2018 it trend
we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP