DWG(AutoCAD)互換CADの比較、その違いとは


こんにちは。キャパの風間です。

今回はDWG互換CADについてご紹介したいと思います。

DWG(AutoCAD)互換CADとは

皆様はDWG互換CADをご存知でしょうか。
DWG互換CADとは、Autodesk社のAutoCADのデータ形式「DWG」と高い互換性を持ち、設計作業をそのまま行えるCADソフトウェアのことです。

AutoCAD互換の歴史についてはこちら

対応の製品は何があるのか

中でも、AutoCADの互換性に実績があり、カスタマイズしたプログラムやマクロも移植できる、以下の4製品はおすすめです。

Graebert社(ドイツ) の ARES(JDrafから名称変更)
Bricsys社(ベルギー)の BricsCAD
Dassult Systems社(フランス)の Draftsight
Zwsoft社(中国)のZWCAD

DWG互換CADソフトウェア -AutoCADデータと互換に優れたCAD-

実際に注目を集めており、採用している企業様も増えているようです。

大手ゼネコン5社がDWG互換CADの実用性を語る

体験版を入手

30日の体験版を入手して使うことができます。
(ユーザ登録が必要な場合があります)

BricsCAD
体験版

ZWCAD
体験版

ARES(旧JDraf)
体験版

IJCAD
体験版

価格

価格の参考値です。(2017/10/26時点)

BricsCAD V17 Pro
価格: 82,080円 (税込)

ZWCAD2017 Pro
価格: 102,600円(税込)

ARES Standard
価格: 51,840 円(税込)

IJCAD 2017 STD(スタンダード)
価格: 81,000(税込)

※上記は1ユーザ、スタンドアロン版、カスタマイズ可能なグレードの価格になります。

AutoCADとの機能比較

公式サイトより、それぞれ確認できます。

BricsCAD

ZWCAD

ARES(旧JDraf)

IJCAD

参考動画

BricsCAD

ZWCAD

ARES(旧JDraf)

IJCAD

所感

これらの製品は、私個人の考えとして、Autodesk製品というオリジナルに勝つ事を目的とした類似製品ではなく、あくまでDWGを扱える独自のオリジナルCADと感じました。
それぞれの製品は価格面で魅力的なことは言うまでもありませんが、さらにDWGというデファクトスタンダードな互換性を持ちつつ、独自の機能やサービスで展開されています。

私は実際にBricsCADとZWCADを動かしてみましたが、AutoCADライクで自然に操作できることや、パフォーマンス面などで差を感じることもできました。

BricsCAD画面

ZWCAD画面

この2製品とも、とても軽くて使いやすいCADと感じました。

Autodesk製品があまりに多機能で、価格面も比較的高めという事もあり、個人や企業様に合うことがあれば、検討することも1つの考えではないでしょうか。

検討中の皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

株式会社キャパでは、AR・VR・CADの開発・改善についてご相談を承っています。

作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
CAD開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP