1級建築士が語るBIM とCIMの違い


近年、建築業界でBIMが急速に普及しています。そして最近、CIMという言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。BIMやCIMの登場で、建築土木分野に革命が起こると言われていますが、両者の意味や違いについて明確に区別できる人は少ないのではないでしょうか。そこで、このBIMとCIMの違いについて、設計実務を行う1級建築士が詳しく解説していきたいと思います。

 

 

BIMとCIMも「モデル化」する手法

 

まずはBIMとCIMの定義を確認するために英語表記を日本語訳してみます。

BIM : Building Information Modeling「建物情報モデル化」
CIM : Construction Information Modeling「建設情報モデル化」

となっていて、建物情報や建設情報をモデル化する手段だということがわかります。

名前が近似していることからもわかるように、BIMとCIMの目的に大きな違いはありません。ただ、BIMが建築分野、CIMが土木分野で活用する手段だという違いがあります。

CIMはそもそも日本独自の考え方でBIMを模倣して作られていますし、海外ではCIMも含めてBIMと呼ぶことが多いので両者を切り離して考える必要性は少ないのかもしれません。

そんな近似しているBIMとCIMについてその共通点と違いをみていきたいと思います。

 

 

BIMとCIMの共通点

 

まずBIMとCIMで共通しているのは、今まで2次元で行われていた設計をコンピューター上で3次元に「モデル化」して行うということです。そしてその「モデル」に様々な情報を落とし込むことで、設計・施工・管理の全ての段階で、その情報を活用しようとしています。

今までは2次元で設計し、完成予想図として他人に発表するために3Dを活用していましたが、BIMやCIMでは始めから3次元で設計を行います。
そしてこの3次元の「モデル」は情報を持つ部材で構成されています。柱や梁といった部材に、寸法・材料・アフターサービスの連絡先などの情報をもたせることができます。
この情報は設計段階だけでなく、施工段階や維持管理の段階でも活用されます。例えば、柱にヒビが入った場合は、ヒビの箇所・ヒビの写真・補修履歴などの情報が追加されていきます。

このようにBIMやCIMは情報を1つの「モデル」に集約化することで、情報の分散によって起こる情報相互間の不一致を無くせたり、業務の効率化を図ることができるのです。
また、3次元で設計していくことで、視覚的に認識しやすく、関係者間での意思疎通が図りやすい点が共通のメリットとして挙げられます。

 

 

BIMとCIMの違い

 

次にBIMとCIMの違いについてですが、大きく異なるのは「不確定要素の数」と「関係者の数」になります。

「不確定要素の数」
建物は多くの場合、整地された土地の上に建設されるので不確定要素が少なく、BIMを活用することでスムーズに設計・施工することができます。一方で土木分野は、自然を切り開いて施工することが多く土地に不確定要素が多いので、CIMを用いて上部構造物を設計しても結局現場で再検討する必要が出てきます。もちろんCIMを活用することで従来よりも効率が上がりますが、手戻りが発生するという意味ではCIMの力を発揮しきれていないのが現状です。しかしこの点については、今後ドローンなどの最新機器を活用して土地を正確に測定する技術が発達することで、事前に不確定要素を少なくしCIMの威力が発揮できる環境が整ってくると想定されています。

「関係者の数」
関係者の数について、建築分野は建築主と設計者、施工業者などに限定されているので、BIMを使用しても恩恵を受けるのは少数に限られます。一方で高速道路を作ろうとした場合は、多数の土地所有者や国、自治体、道路会社、鉄道会社、設計者、施工者など多くの関係者が存在します。このように土木分野は関わる人の数が多いので、CIMを活用しデータを一元化することでメリットを受ける人数が多いのが特徴です。

 

 

BIMとCIMの普及の鍵は「i-Construction」

 

BIMとCIMはモデル化して情報を共有するという共通点があり、「不確定要素の数」と「関係者の数」について違いがあることをお伝えしてきました。BIMとCIMはまだまだ発展途上の手法ですから、今後の技術革新で更に便利になると想定されています。

それに伴って、現状では大手の建設会社にしか広まっていないBIMは中小の建設会社や設計事務所にも浸透するでしょうし、CIMについても国が主導して普及が進みそうです。

その一例として、国土交通省が勧める「i-Construction」というプロジェクトが上げられます。「i-Construction」とは、ICT(情報通信技術)を活用して生産性を上げていこうとするプロジェクトです。人口の減少に歯止めが効かない日本では、将来働き手が不足することが想定されるので、建築土木分野にもICT化を普及させることで生産性を向上させようとしています。

この「i-Construction」は将来的に、ドローンで撮影した航空写真をもとに正確な地形を3次元で作成し、そこにCIMで構造物を設計し、ロボットが施工を行い、その後は機械を使って点検や補修を行うことを目標に掲げています。

近い将来、建築土木分野はほとんど人の手を必要としない業界になるのかもしれません。

 

建築土木分野は、一品受注生産であることや現地屋外生産という性質上、ICT化の波に乗れず生産性が低いままでした。しかし今後i-Construction の促進によって、BIMとCIMが普及することで生産性が大幅に向上すると予想されます。

 
 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ
 
 
株式会社キャパでは、CADの開発・改善についてご相談を承っています。
「作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

CAD開発:実績のご紹介

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP