Googleペイとはどのようなもの?財布を持たずにスマホだけで街に出てみよう


Googleが提供しているスマホアプリのGoogleペイ。電子マネーやポイントカードをスマホにひとまとめにできてとても便利そうです。
しかし、実際にGoogleペイがどれくらい使えるものなのか、あまりイメージできませんよね。
そこで本記事ではGoogleペイとはいかほどのものなのか。財布代わりにできるのか、財布を持たずにGoogleペイだけでどのように過ごせるのか、その一例を紹介します。

 

 

Googleペイとは

 

まずはGoogleペイについて簡単に説明します。
なお、詳しくは過去記事をご覧ください。

Google Payとは?その他モバイル決済サービスとの違いと注意点

Google Payで日本のモバイル決済は変わるのか

モバイル決済サービスの2強、Google PayとApple Payを徹底比較

 

改札・店頭での日々の支払いに便利なGoogleペイ

 

Googleペイとは、電子マネー・クレジットカード・ポイントカードといった、支払いに使用するカード類をスマホにまとめられるアプリです。

現時点で対応している電子マネーは以下の4種類です。
・Suica
・WAON
・nanaco
・楽天Edy

それぞれのチャージ方法ですが、Suicaと楽天EdyはGoogleアカウントに設定しているクレジットカードからチャージできます。
WAONはGoogleペイ上では「AEONクレジットカード」からのみチャージ可能です。AEONクレジットカード以外の場合は店頭でチャージしましょう。
nanacoは店頭でのチャージや別途nanacoアプリからクレジットカードでチャージする必要があります。

対応しているポイントカードはdPOINTとT-POINTの2種類とされています。
この2つのポイントカードは対応している店舗であれば、店頭の読み取り機にかざすだけで利用できます。バーコードを表示しての利用も可能です。
かざしての利用はできないものの、他にも数多くのポイントカードをGoogleペイにまとめられます。Googleペイにバーコードを保存し、必要なときにバーコードを表示できます。

また、2018年夏以降はJCBやJACCS、Kyashといったクレジットカード類も対応を開始しするとのことです。

Googleペイの使い方は簡単です。
電子マネーの場合、使いたい電子マネーを店員さんに伝え、スマホをかざすだけです。財布を取り出し、小銭を探して…といった手間なく、スマホで一瞬で支払いが終わります。
各電子マネーが使える場所ならどこでも使用可能!電子マネーカードの代わりとして申し分ないですね。
Googleペイを起動する必要も、それどころかスマホの画面を表示する必要もありません。スリープ状態のまま利用できます。
スマホが交通系ICカードになったようなものです。カードのようにかざすだけで支払いが完了します。
かざす場合のdPOINTやT-POINTも同様です。

他のポイントカードを利用する場合はGoogleペイを起動し、バーコードを表示して読み取ってもらいましょう。
かさばりがちなカード類を持ち歩く必要がなくなり、とっても身軽になります。カードを忘れる心配もありませんね。
レジで大量のカードの中から必要なカードを見つけ出す手間も省けます。

この便利さ、一度使ったらもう手放せません。

 

 

Googleペイと歩く1日

 

それでは、実際にGoogleペイでどのようにお出かけできるのか、具体的に見てみましょう。
最近壊れてしまったイヤホンを買うために秋葉原までお出かけする、そんなとある休日のお話です。
Googleペイが便利だと聞いたので、かさばる財布は持たずにスマホだけを身につけて外出することにしました。
※前もって電子マネーにはチャージが完了している前提です。

 

喉が渇いたのでコンビニに寄りましょう

 

昼前に家を出て最寄り駅に向かう途中、ペットボトルのお茶を買うためにセブンイレブンに寄ります。
レジで「支払いはnanacoでお願いします」と告げ、ポケットから出したスマホをそのままかざして決済が完了です。スリープを解除する必要すらありません。商品を受け取り、颯爽とレジを後にします。

 

電車で秋葉原に向かいましょう

 

最寄り駅から電車で秋葉原を目指します。
駅に着きました。GoogleペイにSuicaが入っているので、ポケットからスマホを取り出し、改札にかざして通ります。
1点注意したいのが、手帳型のスマホケースに交通系ICカードを入れている場合です。スマホからICカードを遠ざけていても、両方とも反応してしまって改札を通れないことがあります。
どれくらい離せば片方だけ反応するのか前もって実験しておくか、交通系ICカードをスマホケースから出してスマホでタッチしましょう。
※交通系ICカード・Googleペイのどちらで入場したかを忘れないように。出るときに困ります。

 

電化製品店で買い物をしましょう

 

ビックカメラAKIBAに到着しました。さまざまなイヤホンがありますが、黒地に黄色のイヤホンが気に入ったので購入します。
レジでGoogleペイを起動し、ソフマップのポイントカードのバーコードをスキャンしてもらいます。その後、「楽天Edyでお願いします」と伝え、スマホをかざせば支払い完了です。ポイント付与も支払いもスマホ1台で簡単にできてしまいます。

 

お昼ご飯を食べましょう

 

人が多くて少し疲れました。お腹も空きましたし、隣にあるマクドナルドで昼食にしましょう。
てりやきマックバーガーとマックフライポテトを注文し、「dPOINTをお願いします」と店員さんに伝えます。スマホを機器にかざそうとすると「バーコードを見せてください」と言われました。ここではかざすのではなく、バーコードをスキャンするタイプだったようです。
その後、「支払いは楽天Edyでお願いします」と伝え、かざして支払います。
ハンバーガーもポテトも美味しいですね。生き返ります。

 

帰りのバスもSuicaです

 

電車を乗り換えるのは疲れるので、帰りはバスに乗りましょう。
バスもSuicaに対応しているので、スマホをかざすだけです。もう慣れたものですね。

 

スーパーに寄って帰路につきましょう

 

夕食の材料を買わないといけません。帰り道にあるスーパーに寄っていきましょう。
じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、豚肉、そしてカレールーをカゴに入れ、レジに向かいます。
「支払いはWAONでお願いします」と伝え、スマホをかざしましょう。

無事に1日、財布無しでお出かけできました。

 

 

Googleペイは支払いも持ち物も軽快にしてくれる

 

実際に使ってみると、Googleペイは
・クレジットカードの代わりになる
・支払いが手軽で速い
・同じスマホでポイントカードも使えて便利
という印象を受けます。

必要なタイミングでSuica等にクレジットカードから簡単にチャージができます。
クレジットカードを単体で持ち歩いても良いのですが、それだと紛失が怖いです。
スマホであればどうせ持ち歩きますし、タッチでスピーディーに支払いできます。ポイントカードも同じくGoogleペイにまとめられて便利です。

ただし、デメリットもあります。
・利用できる店舗が限られてしまう
・スマホの電池が切れたら使えない(ただし、電池切れ状態でも使用できる場合もある)
・おサイフケータイ対応のAndroid端末のみ、スマホをかざす支払いが可能
という点です。

まだまだGoogleペイだけで生活するのは不安ですが、生活が便利になるのもまた事実です。
一度、Googleペイとともにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP