5Gはテック業界の未来だった


早速ですが、皆さんはスマートフォンで何を見ていますか?LINEやブラウザを使ったネットサーフィンのほか、ゲームや動画視聴など様々だと思います。フィーチャーフォンからスマートフォンに代わり、昨今では扱うデータ量が格段に大きくなりました。今世界中で主流となっているのは「4G」と呼ばれる第4世代の移動通信システムですが、これが使われ始めたのは2012年ごろ。もう6年前の技術です。動画の視聴では問題ないですが、今後確実に需要が伸びると思われる市場があります。それは「VR」と「IoT」。IoTが普及することにより今よりももっと多くの物がインターネットにつながります。そうなると通信回線と利用するデータ量が格段に増え、今の4Gではパンクするでしょう。またVRは扱う情報量が桁違いなため、4Gでは限界があります。そこで今テック業界で大きな話題となっているのが「5G」と呼ばれる新世代の通信システムです。

MWCAで見えたテクノロジーの進化と未来

 

この5Gを体験することができるイベントがロサンゼルスで開かれていたので参加してきました。それはMWCA(Mobile World Congress Americas)というイベントで、数多くのテック企業がブースを構えており、VRやIoT関連のブースも多かったです。

その中で、もっとも目立つ存在だったのが、SoftBank×Sprintブース。

5Gで今後の生活がどう変わるのか、またテクノロジーと5Gがどのように融合するのかがわかるブースです。例えば、このVRゲーム。

これはVRを使った玉転がしの対戦ゲームなのですが、プレイヤー同士は5G通信を使って対戦しています。VRの莫大な情報量を処理しつつ、リアルタイムで対戦できるということが分かりました。また、こちらは4Gと5Gによる計算スピードの違いです。

3つのロボットがそれぞれ無線でデータのやり取りをしており、玉を板から落とさずに止める処理をしています。この無線通信で4Gを使ったときと5Gを使ったときとでは、明らかな処理スピードの差がありました。同じ機械、同じ処理ソフトを使っているので、いかに5Gが高速かということがよくわかるシミュレーションでした。この5Gですが、VRやIoT以外にも、スマートフォン用のゲームなど速度が要求されるような対戦ゲームにかなり活きてくると言われています。

5Gは次の時代を担う

 

4、5年前には一人1台のスマートフォンを持ち、簡単にインターネットにつながる時代になり、現在ではスマートフォンだけにとどまらず、Google HomeやAmazon Alexaといったようなスマートスピーカー、スマートウォッチやAmazonのDash Buttonなどなど、普段使うもの自体にもインターネットにつながり需要が拡大してきています。あと数年で、5Gが一般的な通信システムとして普及すると思いますが、この通信社会・インフラにおいて5Gはただの通信インフラにとどまらず、テクノロジーの普及そして進化を担う存在になると思います。

 

 

株式会社キャパでは、新しい仲間を募集しています。
どんな仕事があるのか、やりたいことが実現できるか、キレイなオフィスに遊びに行きたい!など少しでも
ご興味ございましたらお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

Wantedlyの募集を見る


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP