AppleのWWDC 2018で発表された注目の新機能とは


2018年6月4日、AppleはWorldwide Developers Conference(WWDC、世界開発者会議)を開催しました。WWDC 2018は31年目を向かえ、Appleにとって重要な歴史あるイベントです。Apple本社の近くにあるサンノゼ市のコンベンションセンターで開催され、世界中から6,000人以上が集まりました。今後のAppleの方向性を知ることができるため、CEOであるティム・クックの基調講演をはじめ、Appleの上役たちのプレゼンテーションは毎年注目されています。WWDC 2018で発表された新機能を紹介します。

 

Siriにショートカット機能が追加され、さらに便利に

 

年々進化を続けるSiriが、今年もアップデートされました。今回アップデートされたのが、ショートカット機能。ショートカット機能が追加されたことにより、フレーズとアクションを結びつけることができるようになりました。「寿司を食べたい」と言えば、いつも行くお気に入りの寿司屋までのルートを検索してくれます。このように、よく使うフレーズとアクションを結びつければ、Siriでできることを広げることができるのです。これまで以上に便利なデジタルアシスタントにアップデートされました。

 

iOS 12が発表され新機能が登場

 

WWDC 2018の目玉は、iOS 12の発表でした。iOS 12にはさまざまな新機能が搭載されています。通知がまとめて表示されるようになったことで、画面が見やすくなりました。アプリごとにまとめて表示されることで、通知を管理しやすくなり、これまでの煩わしさが解消されています。

Screen Timeという新機能も登場しました。Screen Timeは、iPhoneが自動でアプリの使い方に関する分析レポートを作ってくれます。使いすぎているアプリがあれば、制限をかけることも可能です。スマートフォンは便利ですが、使いすぎには気をつけなければいけません。SNS離れもできる便利な機能です。

写真アプリは、写真の共有をサジェストしてくれる機能がアップデートされました。共有相手と写真を自動で選んでくれます。共有相手にも写真を追加してもらえるので、これまで送受信していたメッセージのやり取りを減らすことにつながるでしょう。

さらにおやすみモードもアップデートされ、通知をブロックする期間をサジェストしてくれます。

iOS 12では多くの新機能が登場し、ユーザーがさらに使いやすい仕様になりました。

 

Apple純正のAR定規アプリが登場

 

これまでAR定規アプリは、サードパーティー製しかありませんでした。しかし、今回のiOS 12で、初めてApple純正のAR定規アプリが登場したのです。その名もMeasure(メジャー)。測りたいものの始点をタップし、別の場所をタップすると距離を測ることができます。縦と横だけでなく、X、Y、Z軸を測定しトランクの大きさを測ることも可能です。ギターを配置して現実の部屋での大きさを確認することもできます。家具配置アプリとして使うこともできる、便利なアプリケーションです。スマホにはさまざまな便利な機能が搭載されていますが、定規まで加わりました。

 

iOS 12のAR機能は進化し、ARオブジェクトを共有できる

 

ARアプリの進化は、Measureだけではありません。AppleはアニメーションスタジオのPixarと協力し、USDZというARファイル形式を作りました。WebサイトやニュースアプリにARオブジェクトを埋め込めるようになっています。ファイルを誰かに共有することも簡単にできるようになりました。ARオブジェクトの利便性が、さらに向上したのです。

iOS 12のAR機能は進化を遂げ、1つのAR環境に複数のデバイスでアクセスできるようになっています。WWDC2018では、今回発表された新ARキットのARKit 2を使い、レゴのデモンストレーションが行われました。このデモではデスクの上に組み立てられたレゴが置かれ、iPadを持った2人がデモをしています。iPadの画面には、デスクに置かれたレゴだけでなくバーチャルの建物や背景が映し出されました。このように、現実のレゴにバーチャルの建物を追加することができるのです。飛行機や車などを配置して、それらを動かすこともできます。本物のレゴとバーチャルのレゴの見分けがつかないほど、精巧な世界が作られていました。ARの世界は、さらに進化を遂げたと言える発表でした。

ARで内装レイアウト!ARKit2.0とUnityでAR開発

 

Animojiをカスタムできるようになった

 

人気の機能、Animojiは舌認識機能がアップデートされました。新しいキャラも4つ加わっています。さらにAnimojiをカスタマイズできるMemojiも登場しました。Memojiでは、自分そっくりのアバターを作ることもでき、さらに多彩な表現を楽しめるようになっています。AnimojiとMemojiは、Facetimeでも利用することができるようになりました。AnimojiとMemojiを使いながら、Facetimeで通話するのは楽しいこと間違いなしです。

 

macOS 「Mojave」のダークモード

 

macOSの発表で見逃せないのが、新機能の追加です。Mojaveではダークモードが選べるようになりました。SNSでは実装されていることが多いダークモードに、macOSも対応したことになります。ダークモードは画面の輝度を下げることができる機能です。ディスプレイを見る時間が増えると、目にかかる負担は大きくなります。ダークモードにすれば画面の輝度を下げることができ、長時間使っても目の負担を少なくできるのです。

明るいディスプレイを見続けることは、健康に悪影響を与えます。夜だけでもダークモードを使うことで、目の負担を少なくできるでしょう。

 

watchOS 5トランシーバー機能

 

Apple Watchのアップデートも発表されています。watchOS 5では、エクササイズを自動で認識してくれるなどがアップデートされました。さらに注目したいのが、トランシーバー機能です。Apple Watchをタップしているときだけ、音声を送ることができます。スパイ映画に出てくるようなトランシーバー機能は、子どもの頃に憧れた機能が実現されたかのようです。

iOS12の裏ワザを紹介

 

まとめ

 

AppleのWWDC 2018で発表された注目の新機能について紹介してきました。iOS 12が発表され、便利な新機能が追加されています。とくにAR機能はかなりアップデートされ、AR定規アプリは今日から使える便利なアプリです。macOSのダークモードも時代に沿った機能で、さらに使いやすくなっています。AppleのWWDCは毎年開催される重要なイベントです。2018年のWWDCで発表された機能は押さえて、来年のイベントも楽しみに待ちましょう。

 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

 


GeneXusは開発コストと保守コストを半分に削減できるアプリケーション自動生成ツールです。
アプリ開発を短納期で行いたい、コストを見直したいなどお気軽にご相談ください。

高速開発:GeneXusのご紹介

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP