1. HOME
  2. ブログ
  3. 互換性って何?AutoCAD 2020の互換性について徹底解説!

互換性って何?AutoCAD 2020の互換性について徹底解説!

設計データを授受する場合「お互い設計CADで作っているから、詳細は確認しなくても必ず形状が参照できる」というのは誤った認識です。CADはそのシステムごとに複雑なデータ形式で保存されているので、バージョンを確認し、互換性が保てているかの確認が重要です。

AutoCAD同士であっても、場合によっては、誰かが作成したAutoCADデータが自分のAutoCADで開けないかもしれません。

この記事では、AutoCAD 2020を中心とした、データの互換性について紹介します。作成したCADデータのデータ連携で困らないようにぜひ参考にしてください。

CADデータ連携は互換性確保が重要

互換性とは、AのCADとBのCADが異なる場合に、Aで作ったデータをBのCADで読み込めるのか、またBで作ったデータをAのCADで読み込めるのかということです。まず、互換性の確認が必要となる原因や、CADのどんな違いに着目すればよいのかを紹介します。

チーム設計ではデータ互換性の確保が必要

設計は一人で全てを行うのではなく、構造や専門分野別に分担して行います。このときCADのバージョンが完全に同じであれば、チーム設計をしている別の人が作成したデータを参照しても、特に問題は起きません。

しかしCADは機能も費用もさまざまなので、各部門の設備要件や予算などの都合から、各部門や拠点などで異なるCADを使っていることがあります。

それぞれ受け入れ可能なデータの形式や、対応できる機能の範囲が異なるため、外部からデータを受け取る場合には、CADの互換性を確認しなければなりません。

また、設計部門で作成したCADデータは、複数の部門で活用されています。たとえば生産部門では、生産準備をフロントローディングするために試作品ができる前の段階から設計のCADデータで構造を確認しています。

自部門で作成したデータを外部に提供する場合にも、提出したデータを正しく参照してもらえるように、互換性の確認が必要です。

互換性が保てない場合のCADの挙動

互換性が保てないと、以下のようにさまざまな問題を起こす場合があります。

・データが開かない
・形状の一部が欠落、変形する
・想定外の微少形状が表示される
・形状の編集ができない
・履歴がわからない

CADのバージョンが異なる場合

同じCADであっても、CADのリリースやバージョンなどが異なると、完全に元のCADの情報を再現できない可能性があります。

古いバージョンのCADデータを新しいバージョンで読み込む場合(上位互換)、古い機能は補完されていることが多く問題になりにくいです。

一方、新しいバージョンのCADデータを古いCADで読み込む場合(下位互換)は、一部の形状などが思ったとおりに参照できないことがあります。

特にあるCADがバージョンアップした際に新しい機能が追加された場合、最新の機能は古いCADでは表現しようがありません。

下位互換でCADデータを受け取る場合は、一部履歴が編集不能になるなどの問題が考えられます。データを開いてそのまま業務に使うのではなく、想定外の異常が起きていないか確かめておくとよいでしょう。

CADが異なる場合

CADが違う場合はデータがそもそも読み込めないことがあります。そのような場合は、中間ファイルやダイレクトトランスレータを使ってデータの読み込みを行います。

中間ファイルにデータ変換する場合、データが一般的な形式に変換されているということに注意しましょう。履歴が省略されてしまい、設計意図が伝わらなくなっていたり、微細形状が発生したりする可能性があります。

再現のされ方は各中間ファイルにより異なるので、データを授受する際は自分が共有したい情報が確実に含まれているか、形状の異常はないかをよく確かめましょう。

AutoCAD 2020の互換性とは

AutoCADを使う場合には、他のCADと同様に図面データの互換性が重要です。

もしクライアント様や、業務提携会社など外部で使っているCADのファイル形式が下位バージョンだった場合、どちらのCAD環境を選べばよいか迷ってしまいます。具体的にみていきましょう。

AutoCAD 2020における図面ファイルの互換性

AutoCAD 2020の図面ファイルの保存形式は「AutoCAD 2018」。AutoCAD 2018から2020まではこの形式でデータが保存されています。(*1)

一方、AutoCAD 2013からAutoCAD 2017の場合はデータの保存形式が「AutoCAD 2013」です。つまりAutoCAD 2017 は、AutoCAD 2020 などの新しいバージョンのDWGファイルが開けません。(*1)

AutoCAD 2020は上位互換が保証されている

CADデータでインプットを受けたり、外部とデータ連携をしながら設計したりする場合であれば、最新のCAD環境であるAutoCAD 2020を使うと良いでしょう。(*2)外部から来るデータが自分の使っているCADよりも低いバージョンなので問題なく読み込めます。

AutoCADのデータはバージョンを下げて保存することが可能

AutoCAD同士の場合、古いバージョンのAutoCAD環境にデータを渡す際は、古いファイル形式で保存して、AutoCAD のデータのバージョンを合わせることができます。(*3)

また、以前のバージョンをダウンロードして使うことも可能です。(*4)データの授受が頻繁に発生する場合には、一時的に古いAutoCAD環境を導入すると、バージョン合わせをするためのデータ変換が不要になります。

AutoCAD 2020の下位互換は保証されていない

AutoCAD 2020でいう下位バージョンは、AutoCAD 2019、AutoCAD2018などです。

互換のない下位バージョンでは、ファイルが開けない

新しいバージョンのAutoCADで作成した図面ファイルを、古いバージョンの AutoCAD で開こうとすると、アラートが出ます。(*3)

AutoCAD2018までの下位バージョンであれば基本的なファイル形式が同じですが、AutoCAD 2017以前では、ファイルの保存形式が大きく異なるので、基本的に読み込みできません。(*1)

CADが異なる場合の互換性について

AutoCAD 2020は、PTC Creo、Rhino、CATIA、SolidWorks、JT、UGS NXなど、複数のCADデータが直接読み込めます。また、中間ファイルのIGES、STEP、Parasolidにも対応しています。(*5)

AutoCADの読み込みに対応しているデータの拡張子を、以下に一覧で紹介します。
なお、AutoCAD 2020とAutoCAD LT 2020とで、対応できるCADの種類は異なります。

 

形式 拡張子 AutoCAD 2020 AutoCAD LT 2020
3D Studio .3ds ×
ACIS .sat ×
Autodesk Inventor .ipt

iam

×
CATIA V4 .model

.session

.exp

.dlv3

×
CATIA V5 .CATPart

.CATProduct

×
DGN .dgn
DXB .dxb ×
FBX .fbx ×
IGES .iges

.igs

×
JT .ij ×
Parasolid .x_b

.x_t

×
PDF .pdf
Pro/ENGINEER .prt

.asm

×
Pro/ENGINEER Granite .g ×
Pro/ENGINEER Neutral .neu ×
Rhino .3dm ×
SolidWork .prt

.sldprt

.asm

.sldasm

×
Windowsメタファイル .wmf
STEP .ste

.stp

.step

×

各CADデータを読み込む際、ほとんどの場合IMPORTという機能を使用しますが、IGESの場合はIGESIMPORTという機能を使用します。(6)(7)

まとめ

AutoCAD 2020を含むCADデータでは、互換性の確保が非常に重要です。CADの種類やCADのバージョンにより互換性は微妙に異なります。せっかく作ったデータのやりとりに後になって困らないように、設計に着手する際はCADの環境を必ず確認しておきましょう。

参考URL
*1 https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/AutoCAD-drawing-file-format.html

*2 https://www.autodesk.co.jp/products/autocad/features

*3 https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/How-to-convert-a-dwg-file-to-a-previous-format.html

*4 https://www.autodesk.co.jp/products/autocad/compare-releases

*5 https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/What-file-formats-can-AutoCAD-import.html?st=CATIA%20V5

*6 https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2020/JPN/AutoCAD-Core/files/GUID-81A5EE76-39A7-40A4-A5C5-E4921C03B33A-htm.html

*7 https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2020/JPN/AutoCAD-Core/files/GUID-0C73F1E2-B4F6-4F11-BCC4-22631E616693-htm.html

▽CADについての記事はこちらもチェック

AutoCADのライセンスと購入する時のポイントを解説!

AutoCAD 2020に加わった最新機能を確認しておこう

RevitとARCHICADを比較!概念や特徴を解説


建設・土木業界向け
5分でわかるCAD・BIM・CIMの
ホワイトペーパー配布中!

CAD・BIM・CIMの
1データ活用方法
2主要ソフトウェア
3カスタマイズ
4プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中



CONTACT

株式会社キャパでは、CADの開発・改善について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日



▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!

・Twitter



・Facebook

キャパFacebookページへ

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP