1. TOP
  2. ブログ
  3. 折りたたみ式iPhoneが発売される!?うわさについて調べてみた

折りたたみ式iPhoneが発売される!?うわさについて調べてみた

折りたたみ式のiPhoneが発売されるという噂はご存知でしょうか?数年前から噂されていて当初は2021年にも発売されるのではないかと言われていましたが2021年11月現在まだ発表されていません。では、折りたたみ式iPhoneは一体いつ発売され、どのようなデザインとなるのでしょうか。その噂の全貌をご紹介します。

この記事でわかること
・折りたたみ式iPhoneの発売時期予測
・折りたたみ式iPhoneのデザイン予測
・市場動向

折りたたみ式iPhoneの発売時期は?

2021年にも発売されると噂されていた折りたたみ式iPhoneは一体いつ発売されるのでしょうか。
Appleに詳しいアナリストMing-ChiKuo氏(以下Kuo氏)はAppleは2023年に8インチQHD +フレキシブルOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した折りたたみ式iPhoneの発売に取り組んでいると述べています。Kuo氏が折りたたみ式iPhoneについて述べたのはこれが初めてではありません。以前にも、Appleが2023年に7.5〜8インチのディスプレイを備えた折りたたみ式のiPhoneの発売を計画をしている可能性があると述べました。当時、この発売時期はAppleが「主要技術と大量生産」を解決することに依存すると述べていました。(*1)この言葉の通り、Kuo氏は2021年9月に開発の進捗が予想を下回っていることを理由に発売時期が2024年に延びたと述べています。(*2)(*3)
しかしながら、Appleは折りたたみ式のiPhoneについて明言していないため実際に販売まで至るのはいつになるか不明です。

折りたたみ式iPhoneのデザイン予測

折りたたみ式iPhoneについてAppleは明言してはいないものの開発に着手しているのは事実のようです。現地時間2021年11月2日、米国特許商標庁(USPTO)において、折りたたみ式スマートフォン用の新しいヒンジ(蝶番)に関する特許を取得しています。このヒンジは折りたたみ式スマートフォンを開発するうえで大切な部品になります。この特許のほかにも折りたたみ式スマートフォン用のバッテリーに関する特許も取得しています。(*4)これらの情報からAppleの開発は少しずつですが着実に進んでいるように思われます。

2021年4月に「ConceptsiPhone」のYouTubeチャンネルが、折りたたみ式iPhoneのコンセプトアートを4つのカラーオプション(ブルー、レッド、ゴールド、グリーン)で公開しました。(*5)
そのコンセプトアートによるとこれまでのiPhoneのデザインをほとんど崩すことなくスタイリッシュなデザインになっています。これなら今までiPhoneを使用していた人も折りたたみ式iPhoneに嫌悪感を抱くことなく受け入れることができそうです。

折りたたみ式スマートフォンの動向

Appleが開発に苦戦を強いられている折りたたみ式iPhoneですが、他社はどうなのでしょうか。ここからは他社の折りたたみ式スマートフォンについてみていきたいと思います。
2018年に世界初の折りたたみ式スマートフォン「FlexPai」をRoyoleが発表しました。(*6)その後、「Samsung」や「Huawei」も折りたたみ式スマートフォンを発売しています。

Samsungが開発した「Galaxy Z Fold3 5G」はSペン(タッチペン)が使用でき折りたたみ式スマートフォンでは世界初の防水性能を備えています。最大30分間、最大で1.5メートルの淡水に沈めるテスト条件に基づいた防水性能ですので、海やプールでの使用は推奨されておりません。しかしながら日常で使用する分には十分な防水性能と言えます。

こちらの機種はメインディスプレイを分割表示することができ最大3つのアプリを使用できます。さらにポップアップ表示で5つのアプリを表示できるので、合計で最大8つのアプリを同時に使用することが可能です。ディスプレイの大きさは開いた場合で約7.6インチとなっているので複数のアプリを立ち上げても画面を広々と使えそうです。閉じた場合は標準的なスマートフォンと変わらないサイズですのでカバンにもしまいやすいサイズです。
バッテリー容量は4,400mAhを標準で搭載しています。平均的なバッテリー容量が3000mAh~3500mAhなので十分大容量バッテリーと言えます。さらにユーザーの使用習慣に合わせてバッテリー消費量の最適化をしてくれるため1日使用しても充電が無くなることはなさそうです。(*7)(*8)
Galaxy Z Fold3 5Gはauとdocomoから発売されており価格はそれぞれ237,565円と237,600円となっています。(*9)(*10)スマートフォンの価格は、安いものだと20,000円前後になり高くても100,000円程度なのでGalaxy Z Fold3 5Gの価格は他スマートフォンと比較すると高い値段設定となっております。

既に発売されている折りたたみ式スマートフォンも「折りたためる」だけではなく、それに+αの機能を備えていることが分かります。

まとめ

折りたたみ式のスマートフォンは2018年には発売されており同市場では一歩出遅れているApple。革新的な機能やデザインを持ち合わせないと消費者に「折りたためる」という目新しさだけでは飽きられてしまう可能性があります。
ただ、折りたためるスマートフォンの種類はまだ少なくAppleの参入余地はありそうです。2021年中にGoogleから折りたたみ式スマートフォンが発売されるとも噂されています。AppleとGoogleがこの市場に参入することでさらなる市場拡大も期待できます。発売時期は未定ですが早く折りたたみ式iPhoneを見てみたいですね。

建設・土木業界向け 5分でわかるCAD・BIM・CIMの ホワイトペーパー配布中!

CAD・BIM・CIMの
❶データ活用方法
❷主要ソフトウェア
❸カスタマイズ
❹プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中

大手ゼネコンBIM活用事例と 建設業界のDXについてまとめた ホワイトペーパー配布中!

❶大手ゼネコンのBIM活用事例
❷BIMを活かすためのツール紹介
❸DXレポートについて
❹建設業界におけるDX

CONTACT

株式会社キャパでは、BIMの開発・改善について ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
定休日:土日・祝


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を随時更新しています!

*1 https://www.macrumors.com/2021/05/02/kuo-8-inch-foldable-iphone-2023/?Bibblio_source=true
*2 https://www.macrumors.com/2021/09/20/kuo-iphones-with-under-screen-touch-id-now-coming-in-2023-foldable-iphone-in-2024/
*3 https://corriente.top/foldableiphone-postponed-2024-kuo/
*4 https://iphone-mania.jp/news-416980/
*5 https://japan.cnet.com/article/35175003/
*6 https://japan.cnet.com/article/35128045/
*7 https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20191226_01?page=02#page-02
*8 https://www.galaxymobile.jp/galaxy-z-fold3-5g/
*9 https://www.au.com/mobile/product/price/#android-kt
*10 https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004CI

    PAGE TOP