VBAでここまでできる! AutoCADカスタマイズ 第3回


第3回「AutoCADの文字に色をつけよう」

こんにちは。キャパの風間です。

第3回目となります、VBAによるAutoCADカスタマイズ講座です。

本日は、色のついた文字が書けるカスタマイズ方法をご紹介します。

それでは早速ですが、第2回目の終わりの状態にしましょう。

準備が出来ていない方は第1回目と第2回目を復習して実装しましょう。

第1回目

VBAでここまでできる! AutoCADカスタマイズ 第1回

第2回目

VBAでここまでできる! AutoCADカスタマイズ 第2回

作業に入る前に、AutoCADの色について理解しましょう。

■AutoCADの色について
参考URL「オブジェクトの色を設定する」
1.文字の色は、画層ごとに設定するか、色を明示的に指定して画層に関係なく設定することができます。
2.ACI 色は、AutoCAD ベースの製品で使用されている標準色です。
各色は、ACI 番号(1 ~255 の整数)で識別されます。
標準色名は、1 ~ 7 の色だけに付いています。
その割り当ては、 1 が赤、2 が黄、3 が緑、4 が水色、5 が青、6 が紫、7 が白または黒です。
もっと詳しく知りたい方はこちら

また余談ですが、RGB 値を使用すると、100 万色の中から選択することができます。

今回は、カラーインデックスを入力すると、その色で文字が書けるというプログラムをご紹介します。

それでは早速、画面を作りましょう。
まず初めに、第2回の画面を作成済みの状態にしてください。
20160909_01

1つテキストボックスを作ります。左下に配置してください。また、ラベルで「ACI」と書きましょう。

20160909_02

画面が出来たら、画面のOKボタンをダブルクリックしてください。VBAのエディタが開かれ、構文が出来ていることを確認できます。

20160909_07

7行目付近(Call ThisDrawing~の手前)に以下のプログラムを追加してください。

追加
Dim aciColor As AcadAcCmColor
Set aciColor = New AcadAcCmColor
aciColor.ColorIndex = TextBox4

以下の1点を修正します。

修正
Call ThisDrawing.ModelSpace.AddText(TextBox1.Text, dInsPoint(), 100)

Set obj = ThisDrawing.ModelSpace.AddText(TextBox1.Text, dInsPoint(), 100)
obj.TrueColor = aciColor

20160909_03

それでは、早速実行しましょう。方法はわかりますよね?(わからない方は第1回目を復習です!)

文字に「Change Color!」と入力してください。X座標は「0」X座標は「220」にします。
ACIは2(黄色)にしましょう。

20160909_04

 

OKボタンを押下してください。

20160909_05

 

いかがでしょうか。
AutoCADはCAD自身を構築したAPIを多岐にわたり公開しており、簡単にプログラムから呼び出せるようになっています。

便利ですよね。

それではまた、次回に続きます。


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP