食品ロス削減に貢献しながらおトクにポイントを貯められるアプリ、話題の「EcoBuy」を徹底解説


みなさんこんにちは。株式会社キャパの阿部恭夏です。

今回は、東京都とNTTドコモより発表があり話題沸騰中の食品ロス削減を目指したサービスアプリ「EcoBuy(エコバイ)」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

食品ロス(フードロス)とは

 

そもそも、食品ロス(フードロス)とは一体どんな状態を指す言葉なのでしょうか。深刻な社会問題として認知され始めている「食品ロス(フードロス)」ですが、その問題は「食品がロス(損失する)している」ことだけではないのです。

フードロスとは、人が食べるためにつくられた食料が、失われたり捨てられたりしてしまうことを指します。食べ物は、生産されてから私たちの口の中に入って消費されるまで、農場や漁場、貯蔵施設、食品加工工場、スーパーやコンビニ、そしてレストランや家庭など、様々な場所を川を下るように旅していきますが(この流れを、経済の言葉でサプライチェーンといいます)、その途中で、まだ食べられるにも関わらず、様々な理由から失われたり、捨てられたりしてしまいます。

フードロス・チャレンジ・プロジェクト

 

食糧危機にあえぐ人々が各国にいる中、日本でまだ食べられるのに捨てられている食べ物の量はなんと年間約632万トンにも上ります。これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯を捨てていることになるのです。世界単位で見ても世界の食べものの1/3、量にして年間で13億トンが捨てられています。この深刻な問題を解消すべく開発されたのが、東京都とNTTドコモによるサービスアプリ「EcoBuy」です。

 

 

「EcoBuy」とは

 

ではこのEcoBuy、どのようにして食品ロス(フードロス)を削減できるのでしょうか。その仕組みを簡単にご説明します。

 

「EcoBuy」とは、期限間近の食品を購入いただき、EcoBuyアプリを通じてレシートと期限を撮影、ポイント還元申請していただくことによってポイントがたまる期間限定、地域限定のお得なサービスです。またポイント還元申請していただくと、期限間近となった食品を通知でお知らせします。なお、ポイントを受け取るにはdポイントカード番号、もしくはEdy番号のどちらかが必要となります。

EcoBuy:よくある質問

 

EcoBuyのページを覗いてみると、その仕組みは「食べものを無駄にしないように選び、残さず食べることで社会貢献に参加する。さらにおトクなポイントももらう。」と説明されています。

残り賞味期限(または消費期限)が短いものを購入することで、賞味期限(または消費期限)切れによる食品の廃棄を削減し、さらには商品に応じてdポイント、もしくは楽天Edyがもらえるというシステムのようです。

 

アプリの利用方法は簡単です。

①アプリを起動し、メニューから「ポイント申請」を選択する

②全体が見えるようにレシートを撮影する

③読み取った商品の賞味期限または消費期限を撮影する

④目視で確認できるよう商品を撮影する

⑤消費期限または賞味期限の画像を撮影したら申請をタップする

 

このようにスマホ一つで社会貢献に参加しながら、おトクなポイントまでもらえるというこのアプリ。2018年1月19日~2018年3月15日までの期間限定サービスということですが、今後も食べ物を無駄にしないために、毎日の暮らしの中からできることを実践していく必要があるでしょう。

 

 

 

EcoBuy
食品ロス削減を目指したサービスアプリ「EcoBuy(エコバイ)」の実証実験について

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP