1. TOP
  2. ブログ
  3. Google daydreamの特徴はAndroidのみ対応

Google daydreamの特徴はAndroidのみ対応

Google daydreamとは?

 

Google daydreamをご存知でしょうか。Google daydreamはAndroidにのみ対応している、VRプラットフォームの総称です。個別のヘッドギアやアプリを指すわけではなく、プラットフォームをすべてdaydreamとGoogleが名付けています。

Daydream(白昼夢)の名前通り、VRでいろいろな仮想世界に飛ぶことができます。Androidのみに対応しているのが特徴で、2016年頃からのAndroid端末にはすべて組み込まれており、この分野におけるGoogleの先見性を見ることができます。

Googleが開発し、同時Androidスマホにのみ搭載されていうことから、OSに最適化されたVRということができます。スマホだけのもので、そもそも、スマホを動かすOSそのものに、VRが組み込まれているということなので、残像が少なかったり、遅延が少なかったり、センサーが優れていたり、パフォーマンスが高かったりします。

OSレベルでVRが組み込まれるということは、VRが高品質になるということでもあります。同時に、ある程度のスペックを満たしたスマホの本体を認証し、Google Daydream Readyという認定を渡しています。この認定があるスマホは、とてもVRの品質が高いということの証拠となるのです。

 

 

Google Daydream Viewで楽しもう

 

Google Daydream ViewはAndroidのなかでもDaydreamに適応したスマホをセットして、VR動画やVRゲームを愉しむことができるヘッドセットです。
非常に高性能で、パソコン向けと変わりないスペックが搭載されています。コントローラも付属されており、手の回転まで上手に反映されます。VRのヘッドセットとして、非常に興味深いものです。

Google Daydream Viewは、Googleの公式VRヘッドセットで、品質は折り紙付きです。2017年の年末に発売されましたが、なかなかの売れ行きのようです。もともと海外では2016年の時点で発売されていたのですが、日本市場に向けてレンズ等をアップデートしたという事情があります。よって、日本市場では好評で、アーリーアダプターたちが多くGoogle Daydream Viewを購入しているのです。

 

 

ストリートビューを楽しもう

 

Google ストリートビューでもVRを体験できるのが魅力です。Google daydream Viewを使えば、スマホからストリートビューにアクセスし、まるで本当にその道を歩いているかのような体験ができます。これまではパソコンの画面上でしかみることができなかったストリートビューが、VR体験できるのです!これはGoogleならではのdaydreamの特徴なので、ぜひ体験してみていただきたいものです。

 

 

今後の展開は、Stand Alone型!

 

今はまだケーブルが付いていますが、将来的にはStand Alone型を公開し、自由にそのへんを歩きまわることができるワールドセンスという技術を搭載する予定です。

これなら、今まで以上に没入感が体験でき、さらには主人公になった気持ちも増幅するのではないでしょうか。今後はGoogleだけでなく、オキュラス社もスタンドアローン型に力を入れることを公表しており、非常に期待が持たれます。

 

 

Google daydream対応スマホ、国内ではどこのキャリアで?

 

LGやサムスン電子が出しているスマホで、Google daydreamが体験できます。ただし、LGとサムスンはドコモでの展開が多くなっています。いちぶ、ギャラクシーの新しいバージョンで、AUでの取扱もしているようです。

LG V30、V30+、Samsung Galaxy S8シリーズ、でVR動画を楽しむことができます。ただし、Googleが出しているスマホのPixelシリーズは、日本での取扱がありません。格安SIMであっても取り扱いがないので、残念ながらグーグル特製のアプリは使えなくなっています。

しかし、日本国内であっても楽しくVR動画を体験することが出来ますので、ぜひスタートしてみましょう。価格はわずか12000円なので、お手軽です。アンドロイドスマホだけですが、非常に興味深いVRヘッドセットとプラットフォームがリリースされました。今後の展開に大いに期待できるのではないでしょうか。

AR/VRのホワイトペーパーダウンロードはこちら

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP