1級建築士が語る!BIMで加速する建築業界のグローバル化


世界経済がグローバル化する中、建築業界にもグローバル化の波が押し寄せています。また、時を同じくして、世界中でBIMが急速に普及しています。
今回は、建築実務を行う1級建築士が、建築業界がグローバル化する中で、今後BIMが担っていく役割について紹介していきたいと思います。

 

建築業界のグローバル化の背景

 

インターネットの普及によって経済が急速にグローバル化しています。インターネットを使用することで瞬時に情報を共有したり、世界中の人々が自由にコミュニケーションをとったりする時代になりました。その影響もあって、工業製品は中国などの人件費の安い国を中心に製造されるようになりました。今後も、ますますグローバル化は進んでいくでしょう。

そんな中、建築業界はグローバル化が遅れています。工業製品のように輸出することができないので、現地で製造するしかありません。基本的にはグローバル化する必要性の少ない業界なのです。

ただし、近年は新国立競技場の初期の設計をZaha Hadid氏が行っていたように、海外の建築家が日本の建物を設計する機会が増えています。また、中国などで日本の建築家によるプロジェクトが進行する機会も増しています。施工する人は現地の人間が行う方が効率的ですが、設計においては国内だけでなく世界中から案を公募した方が、より良い設計になる可能性が高いので、設計のグローバル化は当然の流れと言えます。

 

建築業界の国際化を阻む壁

 

しかし、現実的には建築業界のグローバル化は上手くいっていません。設計ソフトの問題が立ちはだかっているのです。各国で独自に設計ソフトが開発されているので、国を超えて設計図面を共有しようとしても、ソフトの互換性が良くなく、なかなか上手くいかないのです。例えば、日本で設計した図面を元に中国で建設を行おうとした時、詳細な図面や施工図は現場で作図する必要性が高いですが、日本で作成した図面を使用できずに、現地で1から作図し直す必要性があったのです。これでは非常に非効率ですが、今までは国際的なプロジェクトの数が少なかったので、大きくクローズアップされてきませんでした。しかし、世界経済が急速にグローバル化する中で、建築業界でもグローバル化の必要性が進み、国をまたいでも互換性の良いソフトを開発する必要性が高まっていたのです。

ただ、日本主体のプロジェクトであっても、日本のソフトを相手側の技術者に導入して貰うことは非常に困難です。協力会社の規模によってはソフトの導入が経済的に困難な場合もありますし、仮にソフトを提供しても、情報を流出される危険性もありました。

 

BIMが後押しする建築業界のグローバル化

 

そこで鹿島建設が考案したのが「Global BIM」です。「Global BIM」は、鹿島建設が保有しているARCHICADのライセンスを、インターネットを経由して現地の協力会社に貸し出すことを可能にしたものです。これにより、協力会社がどこの国であろうと、ARCHICADを使用してBIMの作業を行うことが可能です。

貸し出したARCHICADのライセンスは、協力をお願いするプロジェクトでのみ使用が可能で、他のプロジェクトには使用できません。その為、協力をお願いする側も、お願いされる側にとっても、無駄なコストが発生しません。必要な時に必要な環境だけを提供することが可能なのです。これは情報漏洩の観点からも非常に有利です。データをダウンロードされて情報を漏洩されることもないので、安心して協業をお願いできるのです。

インターネットが普及し、世界経済がグローバル化する中で、建築業界にもフローバル化の波が押し寄せています。しかし設計する上でソフトの互換性が問題になって、日本と海外の技術者の間でうまく協力して設計を行うことが困難でした。しかし、「Global BIM」の登場によって、両者で同じソフトを使って作業することが可能になり、設計効率が劇的に改善しました。「Global BIM」は鹿島建設が主導的に開発した手法ですが、今後他社においてもグローバルで使用できるBIMの開発が進んでいくものと予想されます。

 

 

株式会社キャパでは、AR・VR・CADの開発・改善についてご相談を承っています。

作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
VR開発:サービスのご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP