Appleペンシルを買う前に知っておきたい!書き心地と機能性


この記事では、Appleペンシルの書き心地と機能性について紹介していきます。

Appleペンシルは発売以来、根強い人気を誇っています。発売が開始されたのは2015年ですが、現在でもスタイラスペンのなかで最も支持を集めている製品です。Appleペンシルを、これから購入しようと思っている方もいるのではないでしょうか?

スタイラスペンAppleペンシルを購入する前に多くの人が気になるのが、書き心地と機能性です。ここでは書き心地と機能性について取り上げていきます。Appleペンシルを購入前の方、詳しく知りたいという方は、ぜひご一読ください。

 

 

Appleペンシルとは?

 

購入Appleペンシルを買う前であればなら、この製品の基本的なことを知っておきましょう。Appleペンシルは、Apple社が開発したスタイラスペンです。2015年9月にiPad Proと同時に発表されて、2015年11月11日に発売が開始されました。圧力感知と角度検出機能を兼ね備えているスタイラスペンとして注目を集めてきました。

Appleペンシルに対応しているデバイスは、多くありません。2018年10月現在では、下記の2つのみとなっています。

・iPad Pro
・iPad

他のデバイスでは使用できないため、注意が必要です。

 

▽関連記事はこちら

Apple Pencilの先端技術、他のスタイラスとの違い

 

 

Appleペンシルの書き心地

 

スタイラスペンを使ってきても、お気に入りの1本に出会えていないという方も多いのではないでしょうか?そんな方は、Appleペンシルの書き心地を知りたいのではないかと思います。

結論からお伝えすると、Appleペンシルの書き心地は抜群に良いです。Appleペンシルの書き心地を、3つの視点で見ていきたいと思います。

 

1.Appleペンシルなら書き遅れがない

 

スタイラスペンを使っていて、ストレスを感じやすいことといえば、書き遅れ(遅延)です。従来のスタイラスペンでは、書いた後に若干の時差があり、画面に反映されるのが遅れていました。

Appleペンシルには、そのような書き遅れはありません。指で操作するときのデータポイントよりも2倍の量を収集することが可能です。そのため、書き遅れが発生せずに、快適な書き心地を実現しています。

 

2.細かな線も表現できる筆圧感知の性能

 

性能がいいスタイラスペンでなければ、細かな表現は難しいです。Appleペンシルは、筆圧感知の性能がとてもいいため、細かな線も表現することができます。わずかな力で書くことで、紙で書いているのと同じような感覚でiPadに細かな線でも表現できるのです。角度検出機能も備わっているため、ペンを傾けて書けば、その傾き具合を検知して線を太くしてくれます。

Appleペンシルを購入前にどの程度の筆圧感知の性能があるか、気になる方も多いはずです。Apple Storeで書き心地を試したり、YouTubeのムービーで確認したりもできるので、筆圧感知や角度検出機能の性能をチェックしてみてください。

 

3.余計な線が欠かれることを防いでくれるリストガード機能

 

タブレットにスタイラスペンで書こうとしたときに、手が画面に当たってしまい、余計な線が書かれたこことはないでしょうか?AppleペンシルとiPadには、このような余計な線が書かれることを防ぐ、リストガード機能(パームリジェクション機能)があります。

これも先ほど紹介したデータポイントの量が関連しています。iPadは、Appleペンシルで書いているか、指で書いているのかを検知してくれます。だからこそ、Appleペンシルを検知した場合は、手があたっても他の線が書かれることを防いでくれるのです。

これまで余計な線が書かれることで悩まされていた方なら、Appleペンシルを使えば、リストガード機能の良さを実感できるはずです。

 

 

Appleペンシルの機能性

 

Appleペンシルがあれば、iPadをより使いやすくしてくれるのが、Appleペンシルですます。Appleペンシルで実現できることについて紹介します。

 

1.ノートやメモを取る

 

Appleペンシルの活用方法として最も多いのが、メモを取ることでしょう。ノート代わりとしての活用も多いです。Appleペンシルを使えば、紙のノートに書くのと同じように、書き込むことができます。ノートやメモ帳を持つと、かさばることもあるでしょう。他の機能も兼ね備えているiPadがあれば、余計な荷物を持つ手間も省けます。

メモアプリであれば、写真を取り込んだりメモを書き込んだりすることも可能です。タブレットでノートやメモを取るからこそできることもあります。

 

2.写真や動画の編集

 

Appleペンシルがあれば、写真や動画の編集も気軽にできるようになります。これまで写真にメッセージを書こうとして苦労したことはなかったでしょうか?ペン先が細く、感知能力の高いAppleペンシルだからこそ編集も簡単になります。細かな修正や補正ができれば、InstagramなどのSNSも今まで以上に楽しめるようになるでしょう。

 

3.スケッチやペイントが可能

 

Appleペンシルを使うことで、簡単なスケッチをはじめ、本格的なペイントもできるようになります。iPadには、ペイント用のアプリが数多く登場しています。タブレットを購入する方のなかには、スケッチやペイント目的の方も少なくありません。

Appleペンシルがあれば、細かな表現も可能になり、スケッチやペイントを楽しめるでしょう。

 

▽関連記事はこちら

Apple pencilはお絵かきペンではなくビジネス現場でこそ使うべき

 

 

一緒に知っておきたい!Appleペンシルの充電方法

 

Appleペンシルは、充電式のスタイラスペンです。バッテリーは、フル充電していれば12時間ほど保ちます。書き心地や機能性と一緒に充電方法も知っておきましょう。

Appleペンシルには、磁気キャップが付いています。このキャップを外すと、Lightningコネクタがあります。Appleペンシルは、このLightningコネクタを使い充電が可能です。iPad ProやiPadのLightningコネクタに差し込むことで、バッテリーが充電されます。

iPadのLightningコネクタに15秒ほど差し込めば、30分ほど使用可能です。充電がなくなっても、すぐに使えるのがAppleペンシルの魅力でもあります。

Appleペンシルを購入したときに、Lightningメスという付属品が付いています。これを使用することで、一般的なLightningケーブルを使い充電することも可能になります。

 

 

Appleペンシルを買う前に知っておきたい、書き心地と機能性について紹介してきました。これまでスタイラスペンを使っても、納得できなかったこともあるかもしれません。Appleペンシルは、そんな方でも納得する書き心地と機能性を備えているのです。

iPad ProやiPadを持っていれば、Appleペンシルは必須のアイテムです。書き心地のいいAppleペンシルを買って、iPadをより便利に使いましょう。

 

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
「アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP