年内リリース!「iPhone 6.5インチ」を大公開!?


毎年のようにリリースされるiPhoneシリーズ。
と、恒例となっている新しいモデルの発売ですが今年はちょっと特殊かもしれません。
というのもローコストモデルと考えられている6.1インチ(6.0インチとも言われています)モデルに加え、新型のiPhone X は6.5インチといままでにないサイズ感のディスプレイを搭載するのでは?とウワサされているからです。
既に発売されている「iPhone X」では5.8インチ、「iPhone 8」では4.7インチだったことを考えれば、その大きさは一目瞭然。
これまで発売されたiPhoneの中で、もっともサイズが大きいのはiPhone 8 Plusです。高さ158.4 mm、78.1mm、厚さ7.5mm、重さ202g、画面サイズは5.5インチでした。

 

 

なぜディスプレイ画面が大きくなるの?

 

新型モデルはこのiPhone 8 Plusとほぼ同じ大きさとなると予想されていますが、画面サイズは1インチも大きい6.5。ではいったいどこを削って画面を大きくするのかと言うと…。
本体の上下にあるベゼルの部分、ここをごく薄にして、ホームボタンを削り、すべて一枚の画面にしてしまおうという考えとのこと。
本体の厚さは0.2mm厚くなる見込みですが、ほぼいままでのサイズ感、持った感じのこなれ感をキープしつつ、画面が大きくなるというわけですから、この改良はユーザーにとって大歓迎のものとなるはずです。

新型モデルのレンダリング画像はこちら
「Wylsa.com」
この画像を見てもらうとわかるとおり、ホームボタンが無く、画面上にノッチがある(旧モデルはiPhone Xのみの搭載 )のが見て取れます。このノッチですら、新型モデルでは現行モデルよりも小さくなるというハナシ。

 

 

まさかのトリプルカメラ搭載か?

 

加えて韓国電子新聞によると、新型iPhone Xにはトリプルカメラが搭載されるのではないか?というネタを報じた模様。真偽のほどはいかに、という感じですが、3D撮影が可能なデュアルカメラをいち早く搭載した実績もあり、今回はともかく将来的にはしれっと搭載してくれるのではないかと期待できます。
ちなみに新しく発売される6.1インチの低価格モデルの方は、デュアルカメラではなく背面カメラの搭載であろうと考えられています。
ディスプレイの方はバックライト不要、省エネ、黒色が綺麗なOLEDディスプレイ(有機EL)がiPhone Xに継続して使われるとのこと。

ただこのOLEDディスプレイは完ぺきではないものとAppleは認識しており、開発そのもののコストに加え、OLEDディスプレイ自体の弱点である焼き付きが起こりやすいデメリットを回避するために”余計な”コストが掛かると考えているはず。
こちらは次世代のディスプレイ技術であるMicroLEDの開発が進んでいけば、やがてOLEDディスプレイからMicroLEDへと変わっていくのでしょう。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

  1. smart speaker trends 2018
we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP